※2019/02/26に加筆修正いたしました。

 

ビジネスの場では、メールや口頭で相手に何かを教えてもらいたいシーンがよくあります。そのときに使える、正しい敬語表現をご存知でしょうか。

何かを教えてもらいたいとき、「お教えください」と言ってもよいのですが、熟語を使ったビジネスシーンに合う敬語表現としてよく目にするのが「ご教示ください」「ご教授ください」の二通りの言い方です。字面も発音も似ている二つの熟語なので、ついつい混同して使われがちなものですが、実は意味に違いがあります。

ここでは「ご教示」と「ご教授」の正しい意味の違いや使い分け方を解説いたします。例文も複数載せていますので参考にしてください。

ご教示の意味

まず、それぞれの言葉の意味を確認してみましょう。「教示」とは知識や方法などを教え示すことです。文例としては「例を挙げて教示する」「ご教示を賜る」というものが挙げられます。先生と生徒という関係によらず、物事に答えてもらうという広い意味を持っている言葉です。

ご教授の意味

「教授」とは学問や技芸を教え授けることです。また名詞としては、大学などで専門の学問・技能を教え、またその研究に従事する職のことを指します。動詞の文例としては「書道を教授する」「経済学を教授する」が挙げられています。
学問や技能、芸術などを、先生や講師から体系立ててレクチャーしてもらうこと、知識を授けてもらうことをイメージすればよいでしょう。

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け方

それぞれ意味が異なり、使われる状況も異なるため、ビジネスシーンでは「どちらが正しくて、どちらは間違っている」と一概にいうことはできません。文脈に応じて適切な方を選ぶようにしてください。

誤用に注意したいのは、たんに情報を聞き出したいときに「ご教授ください」を使うことです。意味を確認したとおり、教授は学問や技芸について教えてもらうことですから、一般にビジネスシーンでは「ご教示ください」の方がしっくりくる頻度の方が高いでしょう。スケジュールや物事の進め方、方法をたずねる際に「ご教授ください」としてしまうのは誤りです。このような場合は「ご教示ください」を使うようにしましょう。

「ご教示ください」と「ご教授ください」はどちらも書き言葉?

「ご教示ください」と「ご教授ください」は意味に違いがありますが、どちらも書き言葉という共通点があります。「ご教示いただければと存じます」や「ご教授願います」など定型文として、書くときに用いられます。

話し言葉で使うと堅い印象がありますので、「お教えいただきたく存じます」や「お教え願います」、「ご指導のほどよろしくお願い申し上げます」などに変換して使うと良いでしょう。

「教授」と「享受」の違いと使い分け方

「教授」の同音異義語として「享受」という言葉があります。「享受」の意味は受け入れて自分のものとすること、受け入れて、味わい楽しむこととあります。文例としては独身の自由を享受するインターネットの恩恵を享受するというものが挙げられます。

「享受」は、「教えてもらう」という意味の「教示」「教授」とはまったく意味の方向性が異なる単語です。うっかり混同して使っていると明らかに誤用とばれてしまいます。意味の違いを理解するだけでなく、スマホやPCでの文字入力上の変換ミスにも気をつけましょう。