ビジネスシーンにおいて、メールや連絡の中で「取り急ぎ」という言葉を見たり、聞いたりしたことがある人は多いのではないでしょうか。

しかし、言葉の意味や使い方について正確に理解している人は多くないようです。間違って使うと恥ずかしい上に失礼な言葉にもなるので、ここでしっかりと意味や使い方を確認して、正しく使えるようにしましょう。

取り急ぎってどんな意味?

まず「取り急ぎ」の言葉の成り立ちと意味を確認しましょう。

言葉の成り立ち

「取り急ぎ」は「取り急ぐ」の連用形です。副詞としても、使います。
「急ぎ」の意味を強めるために使われます。

「取り急ぎ」の意味

「取り急ぎ」とは「急な事態が発生し、十分な準備や対応が整っていないけれども、特に急ぐべきこととして」という意味で用いられます。

上司につかえるのか

本来はNG

「取り急ぎ」という言葉は「準備が十分でない」という意味を含むため、上司や取引先など目上の人や敬意を払う人に使うのは、本来失礼にあたります。「十分な準備をして」報告、連絡をするのが、相手に対する礼儀だからです。

場合によってはOK

基本的には上司に使わない方が良しとされますが、場合によっては使うことで安心感を与えることがあります。

上司が不在のとき、取引先からの急ぎの連絡が入った場合や緊急事態のとき、「取り急ぎ用件をお伝えいたします」などと使うことができます。この場合は必要事項だけでもすぐに連絡をもらえる方が上司もありがたいと感じるでしょう。

のちに詳しい内容が分かった時点で補足連絡をすることが大切です。「取り急ぎ」はあくまで「不十分ですが」という意味を含んでいるので、きちんとした内容も最終的には伝えることを忘れないようにしましょう。

どのような場面で使うのか

「取り急ぎ」の意味は確認できましたが、実際にはどのような場面で用いられるのでしょうか。高い頻度で緊急事態は起こりませんが、しばしば「取り急ぎ」という言葉を目にします。

緊急事態ではなくても、「十分な準備や対応ができていないことは申し訳ありませんが、先方に理解を求めます」というニュアンスを含んでいます。

取り急ぎご報告いたします

ビジネスシーンで、上司への途中経過の報告をするときにこのように使われます。「十分な準備はできていませんが、現時点でわかっていることをご報告します。不十分な点があることをご理解ください。」という意味です。