「早速」という言葉を仕事上で見かけたことがある人も多いことでしょう。ビジネス相手が迅速な対応をしてくれた時や、予想していたよりも早くに回答をもらえた時など、相手の仕事のスピードにお礼を言いたくなることがあります。そういったお礼を述べる際に、相手の「スピード感」を伝えるには、どのような表現が良いのでしょうか。

早速の意味と使う場面、例文5選

早速の意味は、行動や対応が素早いことを言います。文頭で使う場合には、挨拶の後、すぐに本題に移りたい時など、話題を変える時に使用します。「起こし言葉」といって、ここから本題が始まりますよ、という合図のような言葉でもあります。文頭の「早速」はビジネスメールでよく使うので覚えておくと便利です。

早速を使った例文5選

文頭で使用し本題に話を移したい時

「早速ですが、前回のご質問について回答させていただきます」

相手の素早い対応に対して使う時

「早速のご対応感謝申し上げます」
「早速のご返信ありがとうございます」

自分が素早く行動する時

「お品物は早速手配にかからせていただきます」
「早速ご入金させていただきます」

早速、早々、迅速、取り急ぎ、早急の違いとは?

相手が素早い対応をしてくれた時にそのスピード感を伝える言葉として使うべき言葉はどれでしょうか。ビジネスシーンでよく見かける早速・早々・迅速・取り急ぎ・早急の4つの違いについて整理しておきましょう。

・誠に申し訳ございませんが早急に書類を提出していただけると幸いでございます。
・この問題に関しては早急に解決することは避けた方がよいでしょう。
・お忙しいところ大変申し訳ありませんが早急に書類への押印をお願いいたします
・早々(そうそう)も早速と同じく、相手の行動や対応が素早い時に使用しますが、気を付けたいポイントは相手の立場です。早々は基本的には、自分よりも目下かまたは友人・知人などに使い、立場が上の人に使うと失礼な言葉です。
・迅速(じんそく)はビジネスシーンでよく使う単語のうちのひとつです。相手の対応や行動が素早い時に使い、特に、早速よりもスピード感がある場合に使うことが多いでしょう。自分に対しても使うことができます。
・取り急ぎ(とりいそぎ)は、自分の行動に対して使用します。「とりあえず、急いで」という意味があり「十分な時間がなくて満足いく内容ではありませんが」や「ひとまず時間がないので、後程また連絡しますが」というニュアンスを含んでいます。雑な作業という印象を与えてしまうため、ビジネスの場では取引先や上司など立場が上の人に対して使うには不向きです。

ビジネスシーンでの「早急」の使い方

「早急」には「急ぎ」「急ぎを要している」などの意味があります。ビジネスシーンで使う場合は書類の提出期限などが迫っているなど、急ぎを要しているときに使用しましょう。

ビジネスシーンでの「早急」の使い方の例文は以下の通りとなります。

「早速」と「早急」の違いとは

「早速」と「早急」は似たような言葉に聞こえますが違う意味になります。

「早速」は物事に応じてすぐに実行することを意味しています。一方、「早急」は「急ぎを要している」という意味があるため、ビジネス上では使い分けに注意しましょう。

「早速」は物事にすぐ取り掛かるとき、「早急」は急ぎの用事であることを相手に伝える使い方をするのが好ましいでしょう。