ビジネスシーンで「携わる」という言葉はよく使われます。「〇〇の開発に携わっています」このような形で自己紹介をする場面もあるでしょう。また、「関わる」との違いは何かと疑問に持たれる方も多いと思います。ここでは、携わるの意味と使い方関わるとの違いや鉾の類義語との違いを解説いたします。

「携わる」の読み方と意味

「携わる」の読み方は「たずさーわる」です。「携わる」には「ある物事に関係する、従事する。」という意味があります。また、古語では「手を取り合う、連れ立つ。」といった意味でも使われますが、日常生活ではあまり使われることはありません。英語にすると「take part」となり、「他人と何かを共有する」という意味もあります。

「携る」の送りがなは正解?

「携」の字には、「携(たずさ)える」という言葉もあります。そして、「携」の漢字には「たずさ」という読み方のほかには「たずさわ」「たずさえ」と四文字の読み方もあります。

したがって、「携る」と書いても「たずさわる」あるいは「たずさえる」と読むことができてしまいます。しかし、これでは「たずさわる」なのか「たずさえる」なのか区別がつきにくいことから、一般的には「携わる」、「携える」と書き分けています。

なお、「携える」は「手にさげて、持っていく」の意味で、「携わる」とは全く異なるので注意しましょう。

「携わる」の類語

「携わる」の類語としては「関係する」という意味で関わる、関与する、参与する、参加する、などがあげられます。「従事する」という意味では身を置く、身を投じるなどがあげられます。どれも似たような意味の言葉なので、どう使い分けたらいいのか、どれを使ったらいいのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

「携わる」と「関わる」の違いと使い分け

「携わる」の類語としてあげられるのが「関わる」という言葉ですが、「携わる」は「関わる」よりも対象の物事への関わりが深いことを示します。

「携」という感じにはもともと「手と手をつなぐ」という意味があり、自分の力を加えたり、知恵を貸したりしたりするというニュアンスが強いのです。「携」を使った言葉として「連携」「提携」などという言葉もあります。そのため「生死に関わる」「犯罪に関わる」とは言いますが「生死に携わる」「犯罪に携わる」とは言いません。また、「コンビニに携わる」と言うと、コンビニを経営しているのか、または働いているのかな、と思いますが「コンビニに関わる」というと、いったいどう関係しているのか?と疑問に思ってしまいます。

「関与」も「関わる」と同様の関係性なので、うまく「携わる」と使い分けましょう。ビジネスの場ではひろがな表記の「かかわる」よりも「携わる」と漢字を使う方がより丁寧であるとされています。

他の類義語との違い

参与

参与するという言葉は知識や経験がある人が関わる、相談を預かる場合につかわれます。また、会社の上級管理職として参与という役職もあります。このことから、現場で活躍する人ではなく、計画や指揮する側を表す場面でこの言葉が使わることがわかります。

参加

参加は字の通り、集まりに加わることを指します。

「イベントに携わる」
「イベントに参加する」

2つの言葉を比べればわかるように携わるはイベントを企画運営している側、参加するはイベントのお客さんという印象を与えます。このことから「携わる」と「参加」は従事するかしないか、もしくは関係性の大小で言葉を使い分けましょう。

身をおく・身を投じる

身をおくはその環境の中で生活することをいいます。

「野球に携わる」
「野球に身をおく」
「野球選手に身を投じる」

「身をおく」ときくと、より狭義に関わっているとイメージします。また、例えば「身をおく」「携わる」は動詞ですが、名詞の「野球」を「野球選手」とより狭めると、「携わる」という言葉が適しません。このようなときには「身をおく」を使用しましょう。「身を投じる」も同様ですが、物事の始まりの際かどうかが違いになります。これらの言葉も関係性の大小で使い分けましょう。

関与する

ある物事に深く関わることをいいます。

「彼は事件に関与しているにちがいない」
「一連の動きについて日本政府は「知らない」と関与を否定している」

「関与する」という言葉を使うときは、あまり良くないことに深く関わっている場合が多いです。

従事する

「従事」は「事(仕事)に従う」という意味で、「仕事に携わること」をいいます。

「研究に従事する」
「開発プロジェクトに従事する」
「営業の仕事に従事する」

「携わる」に一番近い言葉ではありますが、「従事する」という言葉は書き言葉で使われることが多く、話すときには「携わる」の方がよく用いられます。

目上の人に対して使う場合

ビジネスの場では「携わる」はそのまま敬語として使われています。目上の方に対して「携わる」と使う場合は、「携わられる」といったように尊敬語として使われます。「~に関係している」「~に関わっている」というとき、ビジネスシーンでは「携わる」という言葉を使うように意識しましょう。

「携わる」の例文

自分が携わるとき

「私は今回の商品開発に携わっています。」
「ぜひ御社の企画に携わりたく存じます。」
「復興の支援に携わりたいと思っております。」
「業務に携わったことはありませんが、内容は存じています。」

自分以外の第三者が携わったとき

「部長が本社のプロジェクトに携わられた。」
「新商品の開発に携わられた〇氏にインタビューをした。」
「さすが研究に携わっている方は知識が豊富だ。」
「医療に携わる人のためのウェブサイトを立ち上げた。」

まとめ

・「携わる」の読み方は「たずさーわる」、意味は「ある物事に関係する」
・漢字で書いたとき、「携る」という書き方もあるが、わかりずらいので、「携わる」「携える」と書くことが多い
・「関わる」は「携わる」の類語ではあるが、「携わる」の方が自分の力を加えたり、知恵を貸したりしたりするというニュアンスが強い
・「携わる」は敬語にすると「携わられる」になる

「携わる」という言葉は「手と手を取り合う」という意味があります。この「手と手を取り合う」が他の類義語との違いや、使い分けをする際にポイントとなります。関わるとの違いが関係性の深さであるように、このポイントを意識して「携わる」という言葉を使ったいきましょう。

関連するおすすめ記事

「ご対応」のビジネスシーン・メ―ルでの使い方と例文集