転職する理由は人それぞれですが、その中にはもっと海外で活躍できる仕事をしたい、給料を上げたい、やりがいのある仕事をしたいといったものが多く見られます。

転職先として、コンサルティング会社やIT系の会社は人気が高いです。自分らしい、スキルを高めてグローバルに活躍できる、というのが人気の理由です。

今回はその中でも転職先として人気の高い「アクセンチュア」の会社について解説いたします。事業内容や転職に必要な情報を仕入れるところから始めて、転職を成功させましょう。

アクセンチュアの基本情報

アクセンチュアの事業内容

アクセンチュア株式会社は世界最大手の外資系コンサルティングファームです。世界中に約32万人以上の社員がいて、120カ国で事業展開しています。

事業内容は主に、経営コンサルティング、デジタルマーケティング、ITコンサルタントサービス、アウトソーシングなどです。以下の5つの領域で幅広いサービスをソリューションをお客様に提供しています。

・ストラテジー
・コンサルティング
・デジタル
・テクノロジー
・オペレーション

また他の特徴では、課題解決の支援をする企業として、世界中に顧客がいます。40以上の業界、豊富な経験と専門スキルをもったスタッフを強みとして、様々な企業を手助けしています。

 

アクセンチュアの仕事内容

アクセンチュアの主な仕事内容は、経営、ITコンサルティング、ITサービスなどがあげられます。

アクセンチュア株式会社代表取締役社長の江川氏によると、以下の2点において、アクセンチュアが日本の成長に貢献できると述べています。

アクセンチュアが日本に貢献できるポイント2点

・日本の人材をより付加価値の高い仕事へとシフト
お客様の業務自体の改善だけにとどまらず、組織変革もお手伝いするサービスを行っています。
・「デジタルの力」を「組織の力に」取り込む
デジタル化の支援を行い、できる部分は自動化していくことで、より付加価値の高いサービスを人間が行えるようになる。

単体としてのサービスではなく、戦略やコンサルティング、デジタルを組み合わせることが総合コンサルティングの強みだといえるでしょう。

アクセンチュア ホームページ

アクセンチュアへの転職で必要なスキル

アクセンチュアの転職には英語が必要

外資系でコンサルティング会社と聞くと、英語の能力が高くなければ入社すらできないと感じる人も多いでしょう。しかし、アクセンチュアに関しては明確な英語のスキル基準はありません。

面接でも英語での面接がある場合とない場合とがあり、必ずしも入社するときに、ペラペラに英語が喋れないとダメというわけではありません。

しかし、実際に入社すると英語を使う機会が多いため、継続的に英語の勉強をする意欲がある人でないと仕事を続けていくのが大変かもしれません。また、昇格するには英語力は必要になるでしょう。

アクセンチュアの転職には専門知識が必要

アクセンチュアは色々な企業のコンサルティングを行う会社です。したがって、専門知識を多く持っていることはそれだけで強みになります。

ロジカルシンキングやコンサルタントの基本的知識とは別に何か一つでも専門分野に詳しいとそれがその人のアピールポイントや個性になるでしょう。しかし専門知識といっても、かなり深い部分まで知らないといけないかというと、そうとも限りません。

例えば、以前の会社で特定の製品の営業しかしてこなかった、という人でもその特定の製品について、また営業については他人目から見ると、プロフェッショナルに移るため、アクセンチュアに転職できる可能性は十分にあります。

ある企業の特定の領域の部分的な仕事しかしていない、と思っても、その専門性が入社してから生かせると判断されればアクセンチュアに入社できます。クライアントの相談分野もニーズも様々なので、社員も色々な分野で専門知識を持った人材であるべきなのです。

アクセンチュアの募集業種

広い業種での中途採用

アクセンチュアは広い領域で仕事をしています。事業内容のところで述べたように、5つの領域でサービスを提供しています。中途採用も5つの分野で行なっています。

・ストラテジー
・コンサルティング
・デジタル
・テクノロジー
・オペレーション

コンサルティングの中には通信、公共サービス、製造、金融サービスなど分野も細かく分かれており、またオペレーションやエンジニアなど業種も幅広く募集しています。

アクセンチュアの転職では、他の企業と同様、面接が2〜3回あります。途中で希望していた職種とは異なるもので採用が決まることもあります。しっかりと自分の意見を表現でき、なおかつ将来性を感じられる人材を求めているため、面接には事前準備をして臨みましょう。

アクセンチュアの転職難易度

外資系のコンサルティング会社という時点で、ハードルは必然的に高くなります。入社してもついていけず辞めてしまう人も多くいる中、生き残っていくためには、日々勉強と努力が必要です。

企業側もある程度、アクセンチュアで頑張ってくれる社員が欲しいため、離職率が高くても、転職で入社できる人は限られています。

アクセンチュアで活躍する人材の特徴は、自分の意見をしっかりと論理的に話せる人、向上心があり、新しい仕事にどんどんチャレンジしていける人、プレッシャーに強い人、成長意欲の強い人、努力できる人、物事を多角的に考えられる人などです。

コンサルティング能力や論理的思考も大切ですが、これまでやってきた仕事の専門知識をどう生かすかをしっかり考えていける人がアクセンチュアへの転職で成功しています。ポジティブに早く成長して、様々な仕事に触れたいと思う人には向いているでしょう。

また、ハイクラス転職希望者が活用するBIZREACH(ビズリーチ)では外資系企業の案件も多く取り扱っています。自分の目指す業種に強い転職エージェントを利用することで自分の目指す職場に早く出会う事が出来るでしょう。

アクセンチュアへの転職についてのまとめ

  • アクセンチュア株式会社は世界最大手の外資系コンサルティングファーム
  • 英語も使う機会が多いが、必須ではない。それよりも専門的に突き詰めておこなった仕事の経験が役に立つ
  • 中途採用は幅広い職種で募集している
  • 転職難易度は高め。専門分野を持っていたり、どのくらいアクセンチュアの仕事に向いているかが転職成功の決め手

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda