日常生活やビジネスシーンで耳にすることの多い「支障をきたす」ということばは、実際に使ったことがあるという人も多いと思います。

一方で、本来の意味や使い方が分からず、曖昧なまま使っているという方も少なくありません。そんな方たちのために、今回は「支障をきたす」の意味や使い方、ビジネスで使える英語表現などを詳しく解説していきます。

「支障をきたす」の意味と概要

「支障をきたす」には、「物事に悪い問題が起きている」という意味です。

「支障をきたす」の「支障」は、以下の意味を表しています。

邪魔
差し障り
妨げ

一方、「支障をきたす」の「きたす」は、以下の意味を表しています。

招く
生じさせる
引き起こす

 

つまり「支障をきたす」とは、問題によって物事に好ましくない影響が生じること、滞りなく進んでいたことが問題によって妨げられていることを意味しています。

「支障をきたす」の漢字表記は「来す」または「来たす」

「支障をきたす」の「きたす」は、漢字で表現すると「来す」あるいは「来たす」です。本来「来たす」は、ある事柄・状態を招く、生じさせるという意味です。「支障をきたす」を文書などで表現する場合にも、しばしば漢字表記が使われています。

まれに「期たす」など、異なる漢字で表わされることもありますが、元々「来たす」以外に「きたす」と読むことのできる語句は存在しないため、他の表現は全て誤りです。

「支障をきたす」の類語

「支障をきたす」の類語には、以下の表記があります。

(悪い)影響が出る
障害となる
問題が発生する

ビジネスシーンであれば、上記のように表現されることが一般的ですが、日常生活では「迷惑をかける」「行き詰まる」など、より簡単な表現が使われています。

「支障をきたす」に敬語表現は無い

「支障をきたす」には、敬語表現がありません。「きたす」自体が動詞であるため、一般的な動詞と同じように、後ろに続くいい回しによって表現する形が変わります。

基本形「きたす」の語幹は「きた」で、それに続く活用形によって、以下の様に言葉が変化します。

「きたさない(未然形)」
「きたすとき(連体形)」
「きたせば(仮定形)」

活用形の中でも、連用形の「きたします」が敬語や丁寧語に最も近い表現です。

「支障をきたす」の英語表現と例文

「支障をきたす」と直訳される英語表現はありません。代わりに「物事の邪魔をする」「問題を引き起こす」という意味では、一般的に以下の言葉が使われます。

interfere
cause
hinder

「物事の邪魔をする」「問題を引き起こす」を表す英語を使った例文は以下の通りです。

His failure interfered with our plans.
(彼の失敗が私たちの計画の邪魔をした。)
A small failure may cause big trouble.
(小さな失敗が、大きな問題を引き起こす可能性がある。)
That problem do not hinder our job.
(あの問題が、私たちの仕事を妨げることはない。)

「支障をきたす」についてのまとめ

  • 「支障をきたす」とは、それにより物事に悪い影響が出ること、滞りなく進んでいたことを邪魔されることを意味します。
  • 漢字では「支障を来たす」と書くのが正しい表現で、「影響が出る」「迷惑をかける」などと同じ意味で使用されます。
  • 特に敬語表現というものはなく、目上の人と話す場合には「支障をきたします」と伝えるのが一般的です。
  • 英語では直訳できるいい回しが存在しないため、「interfere/hinder(邪魔をする)」や「cause(問題を引き起こす)」などで代用しましょう。