一匹狼というと、近寄りがたいイメージがありますが、決してネガティブな意味だけではありません。

一匹狼な人が羨ましいと思う人もいるのではないでしょうか?

ここでは、一匹狼の意味やぼっち(ひとりぼっち)との違い、一匹狼な人の特徴などを解説します。デキるビジネスパーソンになるのに、一匹狼的な素質を活かせます。

一匹狼の意味って何だろう?

「一匹狼」とは、自発的に集団を離れるか、集団の中でもなるべく単独行動をする人のことをさします。

大体の場合で、いい意味で使われる言葉といっていいでしょう。しかし、一匹狼の人は、何となく近寄りがたいオーラを発している傾向があります。

一匹狼の語源

一匹狼の語源は、字面通りオオカミの生態からきています。

オオカミは、基本的に群れで生活します。群れは、アルファと呼ばれるオオカミ夫婦と子供オオカミたちでパックという単位があり、その集合体が群れになります。

それぞれのパックでは、アルファのオオカミ夫婦だけがパック内での繁殖を支えます。
子供オオカミたちは成長したら、パックから離れ一匹狼になります。

そして、一匹狼同士で夫婦のアルファになり新たなパックをつくるのか、アルファの同性を倒して夫婦になり、パックを奪い取るしかないのです。

一匹狼は、新たなアルファになるまでパックからの攻撃を受ける可能性を回避するために、パックから意図的に離れて安全な距離を保ちつつ、アルファになるチャンスを狙うのです。

チャンスと危険にさらされるそんな生態が、一匹狼の言葉に転じています。

一匹狼の英語表現

英語での一匹狼の表現は、名詞の“Loner”または“Lone wolf”が一般的に使われます。
物理的な一人の状態を強調するには、形容詞の“solitary”でも置き換えられます。

また、形容詞“maverick”には、焼き印のない牛の意味もあり、独自路線の人=一匹狼という意味でも使えます。

一匹狼の類語

一匹狼の“集団や社会から孤立している”の意味からの類語には、アウトロー・はずれ者・はみ出し者・アウトサイダー・はぐれ者などがあります。どの言葉も一匹狼に近い意味ですが、あまりいいニュアンスで使われることがない言葉です。

一匹狼のように動物に例える表現もあり、はぐれオオカミ・はぐれガラス・はぐれザルなどもあります。

一匹狼とひとりぼっちの違い

一匹狼は、自分から単独行動を選んでいます。それは、人と関わるのが煩わしいと考えるからでしょう。

それに対し、最近では「ぼっち」と言われるひとりぼっちの人は、自分から好んで単独行動を選んでいるわけではない傾向にあります。

だから、ひとりぼっちという表現は、あまりいい意味では使われないでしょう。中には、人に関わるのが得意でなくひとりぼっちを選んでいる人もいますが、そういう人でも友達が欲しいと思っています。

自発的にひとりになったのではないひとりぼっちの人は、寂しさを感じて周りの人たちを羨ましく思うことがあります。

一匹狼もひとりぼっちも、集団から離れているという点では同じですが、その状況を選んだのか、たまたまそうなったかの違いがあります。

一匹狼な人の特徴

一匹狼な人の特徴をまとめます。近寄りがたいオーラの理由がわかるかもしれません。

一匹狼な人の特徴1:自分に誇りを持っている

一匹狼の人は、自分に誇りを持っているので単独行動ができます。

仕事に対して、プロフェッショナルでいたい傾向が強く、それゆえにプライドが高い人が多いです。そんなところが近寄りがたさにつながっているのかもしれません。

近寄りがたいと思われていても、一匹狼の人は周りからの評価を気にしないで自分と向き合っているので、全く気に留めていないでしょう。

一匹狼な人の特徴2:自分に厳しい

一匹狼だからこそ、仕事などにも厳しい目で自分自身を判断しています。常に反省し、向上する気持ち、プロフェッショナルを目指す気持ちが強いのも一匹狼の特徴です。

自分で選んだ一匹狼の道なので、それを極めたいという気持ちもあるでしょう。

自分を磨き、他人を頼らなくても自分で解決できる、だから一匹狼でもやっていけるという自信に繋がっています。

一匹狼な人の特徴3:独創的な考え

仕事をするにはチームワークが大切なのを、一匹狼の人も理解しています。

しかし、集団の中で協力するよりも、持ち前の独創的なアイデアで他人との差別化を図ることを選んだのです。自分に自信があるので、独創的な考えをできると信じられるところもあるのでしょう。

集団の外にいるからこそ広い視野も持てるので、人が思いつかない考えに至ることも多いでしょう。

一匹狼な人の特徴4:周りのことを気にしない

集団でいると他人と自分を比較してしまい、評価やどう思われているかが気になってしまうものです。

対して、一匹狼の人は比較対象が近くにいないので、常に自分自身を観察し、自分と今の自分を比較します。自分を意識することで、ますます周りのことを気にしなくなるのです。

また、周りの人を気にしないのは、自分の独創性を高めるにもいい影響があるでしょう。

一匹狼な人の特徴5:冷静沈着

集団の外で行動するには、オオカミの生態のように、それなりのリスクを背負っています。

だからこそ、常に冷静沈着でいなくてはいけません。一匹狼の人の常に一人で動く習性は、だんだんと何に対しても動じない強い精神力を育てていきます。

一匹狼に関するおさらい

一匹狼に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 一匹狼とは、自発的に集団を離れるか、集団の中でもなるべく単独行動をする人のことをさし、実際のオオカミの生態からきた表現。
  • 一匹狼の英語表現は、“Loner”または“Lone wolf”が一般的ですが、” solitary “や”maverick“などもある。
  • 類語には、アウトロー・はみ出し者などがある。
  • 一匹狼とひとりぼっち(ぼっち)は、自発的に単独行動を選んでいるのか、人を羨ましく思っていないかなどの違いがある。
  • 一匹狼の人の特徴には、自分に誇りを持っている、自分に厳しい、独創的な考え、周りのことを気にしない、冷静沈着などがある。