ここでは、間違えやすい「拝読」について、意味や使い方、いつもの使い方が正しいかの検証や、ビジネスで使える例文をご紹介いたします。

間違いやすい言葉もしっかり使える、ワンランク上のビジネスパーソンになりましょう。

「拝読」の意味と概要

「拝読」は、「読むこと」を丁寧に表した敬語、謙譲語です。

謙譲語ですので、自分が自分より目上の人に対して、何かを読ませてもらうときに使います。

「拝読」の使い方

たとえば、上司から届いたメールを読んだときに、「先日のメールを拝読しました。」といいます。

「拝読」は謙譲語です。自分のことをへりくだった表現なので、他人の動作には使えません。

たとえば、「先日メールした資料は拝読いただけましたか?」という表現は間違いになります。

「拝読」はだれに対して謙譲している言葉なのか

一般的な使い方を理解していれば十分ですが、「拝読」にはあまり知られていない意味の特徴があります。謙譲は、自分がへりくだる表現なので、そこには敬意を払う誰かがいることになります。

そのため「拝読」の場合には、その読み物を書いた人に対してへりくだる意味があります。

たとえば、上司から送られてきたメールは「拝読」しますが、上司からもらった本を上司に「拝読しました」と伝えるのでは、上司に敬意を払っていないことになります。

「拝読させていただきます」は注意して使うべき

「させていただく」には、相手から許可されて何かをし、それを敬語で報告する表現に使います。この意味合いの使い方なら、間違った使い方とはいえません。

「拝読します」の意味合いで「拝読させていただきます」を使うのは、すでに敬語の「拝読」にさらに敬語の「いただきます」があるので、二重敬語になっています。そのため、「拝読させていただきます」は注意して使わなければいけない表現です。

しかし、ビジネスシーンでは意味の使い分けにあまりこだわらずに、よく「拝読させていただきます」「拝読させていただきました」が使われています。

「拝読いたします」は言い換えた方が無難

「拝読いたします」については、「拝読」も「いたす」も謙譲の敬語で二重敬語と習った人もいるでしょう。実際には、「拝読いたします。」については、二重敬語かどうかは意見の分かれるところです。
どうしても「拝読いたします。」を使わなくてはいけない場面はありませんので、「読ませていただきます」など他の表現にいいかえるのが無難といえます。

「拝」を使った他の表現

「拝」の漢字の意味に、すでに謙譲の意味合いが含まれています。「拝読」のように「拝」を使う言葉は下記のとおりです

拝見
拝聴
拝観

どの言葉も「拝読」と同じように、謙譲の意味を持つ敬語です。

「拝読」の類語

「拝読」と同じ謙譲の敬語では、類語はありません。「読む」という意味の言葉は下記の通りです。

読書
閲覧
披見
書見

 

これらの言葉に、「する」などの動詞をつけ、謙譲の敬語にすれば、「拝読」と同じように使う事ができるでしょう。

「拝読」の反対語

「読む」に反対語はありません。そのため「拝読」にも反対語はありません。

しいていうならば、謙譲語「拝読」の反対で尊敬語の「読む」にするならば「読ませていただきます」と使用します。

対象の読み物によっては「拝見します」でも意味が通じることもあるでしょう。

ビジネスで使える「拝読」を使った例文

「拝読」を使った例文は以下の通りです。

「先日添付していただきました資料を、拝読いたしました。」
「9月12日付けでいただきました仕様書を拝読いたしましたところ、何点か変更をお願いしたいものがありました。」
「この度、御社から発表された調査報告書を拝読し、施肥わが社でご講演をお願いできないかとご連絡を差しあげた次第です。」

「拝読」についてのまとめ

「拝読」は、「読む」の謙譲の尊敬語で、「拝読します」と使います。

よくつかう表現に、「拝読させていただきます」があり、いい合いによっては正しい使い方であり、二重敬語になったりします。しかし、ビジネスではよく使う表現なので、間違いといい切れません。

もうひとつ「拝読いたします。」の表現は、二重敬語か同課について意見が分かれます。正しい言葉を追求するなら、他のいい方に置き換える事が無難です。

「拝読」の反対語は存在しません。

「拝」を使う言葉は下記の通りです。

「拝見」「拝聴」「拝観」

類語は下記の通りです。

「読書」「閲覧」