日常生活ではほとんど使うことのない「あたかも」という表現は、文章で使うと奥行きのある雰囲気になります。「あたかも」の意味や使い方などをしっかり理解して、表現力豊かな文章作成ができるようになりましょう。

あたかもの意味とは

あたかもとは、“形状・様態・性質などを、よく似ている物事にたとえて形容する語”です。
また、“ちょうどその時。まさに。”という意味もあります。
ひらがなで「あだかも」と表記されることもあります。

あたかもの漢字表記

「あたかも」の漢字表記には、「恰も」と「宛も」の2通りがあります。
「恰」は人名常用漢字であり、「宛」は中学校で習う漢字ですが、どちらも「あたかも」と読める人は多くないでしょう。「あたかも」は、ひらがなでの表記が一般的です。

あたかもの類語

まるで本当にあるかのようという意味合いで、「いわば」や「まるで」、「言うなれば」などがあります。
何かに例えるとの意味合いなら、「みたいに」や「~のように」などがいいでしょう。
別のもので比喩して表現する意味合いならば、「例えて言えば」、「例えるなら」などでも置き換えられます・

あたかもを使った例文

「あたかも」を日常的な言葉使いのように使うならば、以下のような使い方です。

彼女は、あたかも昨日まで病気であったような顔色だった。
彼は、あたかも成功したことに満足していないようである。
彼らがあたかもそこに存在しないかのように、目の前を通り過ぎていった。
あたかも大切なものを扱う様に、丁寧に運んだ。

 

奥行きのある表現にしたいのであれば、前後に使う単語も堅めの印象なものを選ぶといいでしょう。

その日の天気は、あたかも嵐の如く荒れていて、より一層緊張が高まったのだ。

 

また、単語の間にいれて、「ちょうどその時」の意味合いで使うこともできます。

その製品が誕生したのは、時あたかも太平洋戦争の最中であった。

あたかもの英語表記

「あたかも」は、“as if” と動詞の過去形、または過去完了形で表現します。
“as if”につく文章は、まだ実際には起こっていないことを表すので、、文章が現在形なら“as if”より後を過去形、過去形なら“as if”の後は過去完了にして、時制を一致させないのが正しい表現です。

・He talks as if he knew everything.
彼はあたかもすべてを知っているかのように話す。
・It looks as if it had never moved at all.
あたかも、一度も動いたことがないかのようだった。

あたかもの使い方 まとめ

「あたかも」とは、“形状・様態・性質などを、よく似ている物事にたとえて形容する語”や“ちょうどその時。まさに。”という意味もあります。漢字表記には、「恰も」と「宛も」の2通りがあります。類語は、「いわば」や「まるで」、「みたいに」「例えて言えば」などがあります。
「あたかも」を使って、文章に奥行きのある雰囲気を出したいなら、一緒に使う言葉も堅めの言葉を選ぶといいでしょう。長文であれば「ちょうどその時」の意味合いで、単語の間に差し込んで使うこともできます。

「あたかも」の英語表現は、“as if”を使い、2つの文章をつなげて表現します。その時には、前後の文章は時制が一致しないのが正しい作文です。