学校では小学校で「道徳」の授業を受け、高校になって「倫理」を選択授業で受けた人もいるのではないでしょうか? 社会に出てから、たびたび「倫理観」という言葉を耳にしたり目にしたりします。ここでは、「倫理観」の意味や「道徳観」の違いなどを解説します。

倫理観とはそもそもなにか

「倫理観」とは、“倫理についての考え方、捉え方”というのはわかります。
では、「倫理」とはなんでしょう? 辞書には、“人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの”とあります。

倫理観を使う場面

意味から考えると、「倫理観」は、具体的には“社会的な秩序や規律に対して、どう対応していくかという考え方”と言えます。
個人に対してではなく、社会に対してが「倫理観」のポイントになります。そのため、場面によっては法律を基準に、倫理観が語られる場合もあります。

「あの人は倫理観に欠ける。」「A社は、社会的責任を果たし、倫理観を徹底させている企業している。」などと使われます。

倫理観の類語

類語として、「道徳観」や「モラル」などがあります。
話の内容から、「道義心」や「良心」「正義感」なども類語として使えるでしょう。

倫理観と道徳観の違い

つぎに、似ている言葉「道徳観」との違いをおさらいします。

道徳観の意味

「道徳観」の「道徳」は、“人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範の総体”の意味があります。
外面的、または物理的強制を伴う法律と異なり、自発的に正しい行為へと促す内面的原理を指しています。これは、「道徳」とは“人としてどう生きるか”ということで、考え方が「道教」をベースにしているからです。人間としての生きる価値観とも言えます。

「倫理観」と「道徳観」の違い

人に対して、「道徳観がない」「道徳観が強い」などと言います。「道徳観」は個人に対して使い、道徳観の中心には“理想”に近い考え方があります。
それに対し、「倫理観」は社会に対して使い、考え方の中心には“法律”のような広く認識されている考え方が中心にあります。

倫理観がない人の3つの特徴

 

倫理観がない人は自分が幸せであれば満足

倫理観がない人というのは、基本的に自己中心的で、他人の幸福に対して関心がありません。「自分さえ幸せであれば、それで満足」な人とも言えます。
そのために、自分の幸せのため、他人を蹴落とすことも躊躇しないこともあります。
当然、周りの人からは、信用するには危険な人物とおもわれているでしょう

倫理観がない人はウソをつく

倫理観がない人の中には、「ウソをつくのが悪いことだと思っていない」人もいます。
悪いと思っていないので、平然とウソをついたり、簡単にばれるようなウソをついたりすることもあります。
あまり深く関わると、ウソに振り回されてしまうことがあるので、話を聞くなら慎重に、そして内容を見極める必要があります。

倫理観がない人は欲望をコントロールできない

倫理観がない人を表現するのに、よく「欲望を上手くコントロールできない」人ということがあります。
たとえば、犯罪や不倫がそうでしょう。
このタイプの倫理観がない人は、説得も通用しないことが多いので、適当に距離を置いて、付き合うのがいいかも知れません。

倫理観の英語表現

「倫理観」は、英語では“ethics view”と言います。
日本語での類語にもちょっとニュアンスの違うものがあるように、英語にも他に「倫理観」に相当する言葉として、“moral value(s)”や“morality”でもいいでしょう。

倫理観のまとめ

「倫理観」は、“人として守り行うべき道、善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるものの考え方や捉え方”のことです。考え方の中心には、個人の考え方でなく、社会に対しての考え方があります。類語には、「道徳観」や「モラル」、話の内容から「道義心」や「良心」「正義感」などもあります。

倫理観と道徳観の違いは、「道徳観」の中心には“理想”に近い個人的な考え方がありえるのに対し、「倫理観」は社会に対して使い、“法律”に近い考え方があります。

倫理観がない人と言われる3つの特徴は、自分が幸せであれば満足、ウソをつく、欲望をコントロールできないがあります。
「倫理観」は、英語では“ethics view”、場合によっては“moral value(s)”や“morality”でもいいでしょう。

おすすめ転職サイトご紹介

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

マナラボではおすすめの転職サイト・エージェントを紹介しています。ご興味ある方はいかがでしょうか?

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

気軽にタイプ

ミイダス

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はミイダスがおすすめです。

ミイダス

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

ミイダス

転職が検討段階、メインではなくサブの転職サイトとして利用するものとして、気軽で煩わしさがなく最適でしょう。

本気の転職で、ガッツリサポートが欲しい場合は下記のサイトがおすすめです。

管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、DODAに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA

DODA平均年収ランキング