几帳面な性格は、どちらかというと、いいイメージですが、ビジネスで実際に仕事をしてみるといい面ばかりではないこともあります。几帳面な人の特徴を知って、その強みや短所を把握すると付き合いやすくなります。また、自分の几帳面な性格に悩んでいる人は、解決の糸口を見つけられるかも知れません。几帳面な人を理解しておくと、ビジネスでの他の人との付き合いや自己分析に役立ちます。

几帳面とは

寝殿造りに用いた柱でできた室内調度のひとつが几帳と呼ばれ、その柱の面が丁寧に仕上げられていた様子から「几帳面」という言葉が生まれました。
“きちんとしているさま”や“すみずみまで規則正しくするさま”を言い、ビジネスシーンでも几帳面な性格の人は少なくありません。

几帳面な人の5つの特徴

いい意味で「几帳面な人」と表現される場合も多いですが、必ずしもそうではありません。ここではビジネスシーンでも気になる、几帳面な人の特徴を5つ挙げます。

几帳面な人は神経質である

几帳面な人は、かなりの広範囲、時には自分の守備範囲を超えてまでも、細かなことまで気になる人が多いです。
その結果、人よりも考え込んだりイライラしたりすることが多くなります。余裕のなさから、融通が利かない人もいます。

几帳面な人は自分にも他人にも厳しい

几帳面な人は、周りの人からの評価がいいでしょう。きっちりした性格から、周囲からの期待に応えなければいけないと、どんどんハードルを上げてしまいます。
また、その自分への厳しさは当たり前のものだと思っていたり、高評価を得るにはそうでないといけないと決めつけていたりする傾向もあります。すると、周りの人にも同じレベルを要求することがあります。

几帳面な人は物事に対して丁寧に計画的に行動をする

もともと丁寧なので、細かい仕事に向いている人が多いです。

神経質で融通が利かないところがあるので、不測の事態や準備不足などには対応しきれない面もあります。計画することで、すべての内容を把握したいと思う人もいます。

だから、仕事でもプライベートでも、準備をしっかりして計画的に行動することが好きな人が多いのも、几帳面な人の特徴です。

几帳面な人は時間をきちんと守る

計画的に行動するので、時間にもきっちりしている人が多いです。
1日の行動計画を立てたり、ルーティーンを決めたりするのも好きです。相手の時間のルーズさが許せない人もいるので、付き合う時には注意しましょう。

几帳面な人は綺麗好きであることが多い

自分の周りの環境が綺麗でないと嫌な人、自分が汚れるのが嫌な人、決まった位置に決まったものが整然と並んでいないとイライラする人など、綺麗好きと言ってもいろいろなタイプの人がいます。綺麗さの基準は人それぞれですが、求める綺麗さのレベルが高いのも几帳面な人の特徴のひとつです。

几帳面な人の強み

ビジネスにおいて、一般的に几帳面な人が高評価を受けるのは、2つの強みがあるからこそです。その強みに合った仕事をできれば、または割り当てると、効率的に仕事を進められます。

事前準備から徹底して行うことが出来る

計画的な性格は、不測の事態への柔軟な対応には向かないかも知れません。しかし、緻密な計画を立てるのは、誰でもできることではありません。

そういう几帳面な人の性格を上手くチームで使うのは、少しでも不測の事態を減らすのに効果があります。

計画的に仕事を行えるため、仕事が早く正確

計画することを通して、全体がどのように動いているか把握するのが上手いので、仕事の順序を理解して早く進めるのも得意とする人が多いでしょう。また準備もしっかりしているので、仕事の正確性も高いです。
この2つの強みは、チームワークにも欠かせない点なので、上手く活用したり、アピールできる点です。

几帳面な人の短所

几帳面な人の中でも、度を越した几帳面な人もいます。そうなると、短所になってしまうこともしばしばです。ビジネスシーンでは、几帳面さが裏目に出てしまうには、こんな例があります。

周囲の人にまで厳しいため気を遣わせてしまう

几帳面さが高評価されることが多いので、周りの人にもそうであってほしいと求めてしまう時があります。または、計画性の高さとそれをきっちり実行する自分への厳しさから、周りに難しい人だと思われて、気を遣わせることがあります。

完璧主義な人が多いため自分自身が疲れてしまう

周りからは上手くいっているように見えても、自分の計画と少しでもずれているとストレスに感じることも多いのが、几帳面な人です。神経質な面もあるので、些細なことにでも気がついてしまうのも、ストレスを感じる機会が多い理由です。ストレスから自分で自分を追い詰めて、疲れてしまうことも多いでしょう。

几帳面な人の短所を改善する方法

機構面であることは、決してマイナスなことではありません。でも、度を越して短所になっているなら、改善したいと思うでしょう、また、自分のチームの几帳面な人が悩んでいる時には、なんとか力になってあげたいものです。そんな時には、どうしたらいいのでしょうか?

自分の理想を他人に押し付けないようにする

ビジネスでの几帳面な人は、そのきめ細かな仕事から評価をされているはずです。評価されているのは、他の人よりも優れているからで、誰にでも同じことができるわけではないからこそです。

だから、すべての面で自分と同じレベルを他人に要求するのは、酷なことなのです。相手の力量や性格を考えて、依頼やアドバイスをしましょう。

力を抜いてよい部分では力を抜く

全てにおいて完璧なのは、無理があるからこそ、仕事はチームワークで進めます。人にはそれぞれ得意分野があるので、任せられるところは任せて、自分は力を抜く場面も必要です

その分、頼られた場面では、充分に期待に沿える仕事をする方が、仕事の全体の質を高めることに繋がります。

まとめ

几帳面な人には、神経質、自分にも他人にも厳しい、計画的に行動をする、時間を守る、綺麗好きの5つの特徴があります。
ビジネスシーンでは、几帳面な人は、事前準備から徹底してできる、計画的に仕事を進めるので早く正確と、高評価されることが多いでしょう。
しかし几帳面さも度を超すと、厳しさから周囲の人気を遣わせたり、完璧主義な自分に疲れてしまったりすることもあり、短所にもなってしまいます。
そんな几帳面さは、自分の理想を他人に押し付けない、力を抜いていい時には力を抜くことでだいぶ改善されるはずです。
自分の几帳面さも周りの人の几帳面さも上手くビジネスシーンで活用して、円滑に進めていきましょう。