洞察力のある人は、ビジネスでも活躍の場が多い人ではないでしょうか? 洞察力は、誰にでもあるものではありません。ここでは、洞察力のある人の特徴、強み、短所とその改善法をまとめます。

洞察力を意識して、デキるビジネスパーソンを目指しましょう。いい意味で使われる洞察力ですが、それが短所になって悩んでいる人もいるかも知れません。改善法から、悩み解消の糸口をつかんでください。

洞察力とは

「洞察力」とは、“物事を深く鋭く観察する能力”のことを言います。
表面的ではなく、深くというところがポイントで、本質的なことや中核をなす大切なこと、内部的なことをも観察する能力を言います。
「洞察力のある人」は、物事の本質を見極めるだけでなく、人が話したことの意味、その人の気持ちや状況、あるいは言葉の背景までも理解する能力に長けた人を言います。

洞察力と観察力との違い

似た言葉に「観察力」があります。これは、“物事の様相をありのままにくわしく見極め、そこにある種々の事情を知ること”とされており、表面的な観察にとどまります。
洞察力も観察力も、ビジネスでもコミュニケーションでも大切な能力です。

洞察力がある人の5つの特徴

ここでは、ビジネスで有効な洞察力について考えます。洞察力がある人とは、一般的にどんな特徴があるのでしょうか?

普段から人や物事の動きをよく見ている

これは観察力がある人にも共通することですが、いつも周りの人や物事をよく観察しています。そして、洞察力のある人は、一歩踏み込んでそれらを分析することもあります。
それゆえに、先々のことまで考えが及ぶこともよくあります。

冷静でおとなしい人が多い

じっと観察し考えることが多いので、経験や事例として頭の中にインプットしていることが多いでしょう。また先のことも考えている傾向が強いので、何が起きても冷静です。

その落ち着いた様子から、おとなしい人と言われることも多いでしょう。

過去の経験などを活かせる人が多い

観察から過去の経験を事例として自分の中に落とし込み、ため込んでいる人が多いです。
常に観察しているので、事柄をつながりがある一連で記憶しているので、記憶の数が多いだけでなく、当てはまるものを引き出すのも簡単です。だから、活用できる経験として実際に活かせる人が多いのです。

物事をする時、慎重に行動をする

豊富な過去の事例や観察から先々を考えてもいるので、何をするにも慎重に行動します。
考えながら進め、過去の事例と照らし合わす作業を頭の中でする、本当に慎重な人もいます。

直観に優れている

物事を見通す力があるので、長々と時間をかけて考えず、直感的に動く洞察力のある人もいます。
たいてい、そんな場合にもいい結果を引き寄せることが多いのは、日ごろからいろいろなことを考えてるからかも知れません。

洞察力がある人の強み

ビジネスにおいて、洞察力のある人にはどんな強みがあるでしょうか? 自分の強みを理解してアピールポイントにしたり、他の人の能力をチームで活用したりするのに役立ちます。

周囲とコミュニケーションを取るのが上手い

相手の気持ちや状況までも理解する鋭い感覚は、円滑なコミュニケーションに特に役立ちます。
洞察力がある人のコミュニケーションは、社内でだけでなく社外とのやり取りにも効果的です。

仕事をする際に慎重に動く為、ミスが少ない

仕事は先々のことを考え、周囲のことも考え、経験を役立てながら慎重に進めるタイプが多いのも、洞察力がある人の強みです。
慎重なので、ミスをする確率も少なく安心して任せられます。

洞察力がある人の短所

ビジネスで頼りになる洞察力がある人にも、短所もあります。

物事の先を考えすぎて失敗をしてしまう

洞察力をフル活用して、物事の先の先まで考えすぎて失敗してしまうことがあります。
先のこと、周りのことを考えるのも大切ですが、あまりに先のことは誰も正確には読み切れません。また、あまりにも客観的に見てしまうので、自分の目的やタスクを忘れがちになってしまうこともあります。

行動が慎重で積極性に欠ける場合がある

慎重であることは、別な言い方をすると積極性がないとも言えます。
過去の経験を参考にするので、過去にはなかった新しいことにはなかなか手を出さないこともあります。また、洞察力がある人は、直感的に動ける人が多いのですが、その直感に従えなくタイミングを失うと考えこんで、さらに慎重になってしまうこともあります。

洞察力がある人の短所を改善する方法

では、これらの短所を改善してますますビジネスで活躍するには、どうしたらいいのでしょうか?

失敗を恐れずに行動を起こしてみる

慎重に行動することも大切ですが、時には失敗を恐れずに積極的に新しいことにチャレンジしてみたり、考える時間をセーブしてとにかく早く動いてみたりすることが重要になる場面もあります。
失敗を恐れずに一歩踏み出して物事が動き出してからでも、洞察力が必要、活用できる場面はあります。洞察力でフォローできることも多いのです。

積極的に行動する場面では積極的に動く

ビジネスでは、何も進まない膠着した状態になってしまうことが意外に多いものです。そんな時には考えすぎて、なかなか進めなくなってしまう人もいます。

そんなときこそ、膠着状態を打破して洞察力を活かして、どんどん進んでいくことが必要になります。
時には、周りの人のことばかり考えずに、まずは切り込んでいく積極性も重要です。

まとめ

洞察力がある人とは、物事の本質を見極めるだけでなく、人が話したことの意味、その人の気持ちや状況、あるいは言葉の背景までも理解する能力に長けた人のことを言います。
一般的な洞察力がある人の特徴は、普段から人や物事の動きをよく見ている、冷静でおとなしい人が多い、過去の経験などを活かせる人が多い、慎重に行動をする、直観に優れている点があります。
そんな特徴から、ビジネスにおける洞察力がある人は、周囲とのコミュニケーションが上手い、慎重に動く為ミスが少ない、と強みを評価されます。
逆に短所として、物事の先を考えすぎて失敗をしてしまう、行動が慎重で積極性に欠ける場合があることもあります。
しかし、失敗を恐れずに行動を起こしてみる、積極的に行動する場面では積極的に動くことを意識すると、改善されます。
洞察力を上手くビジネスで活用して、より活躍の場を広げていきましょう。