アドバイスや提案が欲しい時、ビジネスシーンでも見かける「ご助言」のフレーズ。実は、使い方を間違ってしまうと、相手に失礼となる事があります。

ここでは、ビジネスマンとして知っておきたい、失礼にならない「ご助言が欲しい時」のフレーズへの言い換えを始め、ご助言の意味や正しい使い方について解説しています。

「ご助言」の意味と基本的な使い方

ご助言とは、「助言」に丁寧語の「ご」がついた敬語です。元々、助言には以下の5つの意味があります。

・アドバイスの事(類義語…進言、アドバイス、忠告など)
・提案として明確に述べられた説得(類義語…思い付き、入れ知恵、提案など)
・適切な方針の提案(類義語…勧告、勧めなど)
・決定または行動方針に関しての指示またはアドバイスを提供する何か(類義語…指導、ガイダンス、案内など)
・提案する、計画を表明する事(類義語…持ちかけ、提言、発案など)

基本的には、上記の意味に沿って名詞として使用される「助言を与える」「助言を受ける」他、「助言する」と動詞形でも使用されます。

「ご助言」は正しい敬語なのか

ご助言という言葉を見ると、提案やアドバイスと言った意味を持つ助言+「ご」が付いた敬語のため、一応敬語としては正しい部類に入ります。目上の人から、アドバイスを貰いたい時や、何かを教えて欲しい時に使用されます。

「ご助言」を使用する際の注意点

安易に使用しない

「ご助言」は正しい敬語ではありますが、使い方によっては相手に失礼になってしまう場合があります。

例えば、相手から何かを教えてもらった時の返信として「ご助言ありがとうございました」と返信するのは、相手への敬意が表れていなく、失礼な対応だと取られてしまう事があります。

これは、「助言」自体にアドバイスや提案といった意味がある為、「自分が教えた内容は、アドバイス程度にしかならなかったのか」と思われてしまい、失礼に取られてしまう場合があるのです。

使用する場合は社内内部に留める

「ご助言」は、使用する状況によっては、相手に対して失礼になってしまう事が分かりました。その為、「ご助言」を使用したフレーズを使用する時には、社内内部に留めておいた方が無難と言えます。

逆に、外部に「ご助言」を使用したフレーズで連絡などを行ってしまうと、相手に失礼な対応をしたと思われ、後から大問題に発展する危険性もあります。社内での使用に留めておきましょう。

「ご助言」の類義表現と言い換え

「ご助言」を使用したフレーズは、外部で使うと失礼と取られる事があるので、社内での使用に留めたことが良いと分かりました。それでは、外部で目上の人などから助言などを貰った時のお礼として、適切なフレーズは何でしょうか。

それは「勉強になりました」です。相手に何かアドバイスを貰った時、指南などを受けた時には「ご助言ありがとうございました」ではなく、「勉強になりました、ありがとうございました」と言えば問題ありません。

「ご助言」を使用した例文

親しい上司や先輩からアドバイスなどを貰いたい場合

「大変お手数ですが、〇〇に対してご助言を頂きたく存じます」

提出や提示した物に対して、提案を募る場合

「添付の資料に対して、何かご助言がございましたら頂ければ幸いです」

社内の親しい人から、助言を貰った時のお礼をする場合

「〇〇に対するご助言をいただきまして、ありがとうございました」

※社外の人に対しては「〇〇に対してご教示下さり、大変勉強になりました。ありがとうございました」

まとめ

・ご助言とは、提案、アドバイス、進言、ガイダンスなどの意味がある「助言」に丁寧語である「ご」がついた敬語である。

・助言は、名詞として使用するだけでなく「助言する」と動詞としても使用する。

・「ご助言」は一応正しい敬語ではあるが、ビジネスシーンで使う時には状況を選ばないと、相手に失礼に取られる場合がある。「ご助言」を使用する時の注意点は2つ、安易に使用しない、使用する場合には社内での使用に留める。

・社外の人に対しては「ご助言ありがとうございました」に代わるフレーズとして「勉強になりました」がある。

・「ご助言ありがとうございました」「何かご助言をいただきたく存じます」