マイノリティの意味とビジネスで使う場面

一般的な「マイノリティ」の意味は、「少数、少数派」であり、反意語はマジョリティになります。
少数との数値的な意味が意識されがちですが、数としては少なくないものの、差別や社会構造から弱い立場に置かれている集団を「マイノリティ」と呼ぶこともあります。
マイノリティの形成語で、「セクシュアルマイノリティ(性的少数派)」や「エスニックマイノリティ(少数民族)」などの使われ方もします。

ビジネスシーンにおいても「マイノリティ」は、少数派の意味で使われます。主にマーケティング関連で形成語「マイノリティ市場」として、狭いすきま市場だが利益につながるニーズが潜在的にある市場を指し示すことがあります。基本的には、ニッチ市場と同義で使われます。
また、一般的な意味でのマイノリティと同じように少数派の意味で、顧客のある層をさし示す使い方も多いでしょう。最近マーケティングにおいて注目されるターゲットは、「セクシュアルマイノリティ」です。

マイノリティとダイバーシティマネジメント

近年注目される「ダイバーシティマネジメント」は経営に関わる手法のことで、個人や集団間にあるさまざまな違い=多様性を生かし、競争の優位性を高めようという組織全体のマネジメントのことです。
この手法において、女性は数の問題からでなく、その企業の中の立場の弱さからマイノリティと見なされることが多くあります
また、グローバルな企業では人種によるマイノリティとされることもあります。
ダイバーシティマネジメントでは、このマイノリティの認識とそのマネジメントがキーになると言われています。ビジネスパーソンとして、マイノリティとダイバーシティマネジメントをセットで理解しておくといいでしょう。

マイノリティの例文

・さらなる利益アップのためには、マイノリティの支持を得ることも重要です。

・様々なマイノリティも受け入れる制度が、ダイバーシティマネジメントです。

・少数民族や女性雇用促進政策が打ち出されるが、それらは建前にすぎず、現状はマイノリティが職に就くのは難しい。