リソースとは 意味とビジネスで使う場面

「リソース」とは、英語表記ではresourceで「資源」という意味があります。
ビジネスシーンでは、使われる場面によって、そんな「リソース」なのか判断しなければいけない広義なビジネス用語です。

ビジネス用語で単に「リソース」と言った場合の一般的な意味は、会社の資源「ヒト・モノ・カネ」を指します。これからは経営資源と言われ、「ヒト」=人的(ヒューマン)リソースや労働力、「モノ」=商品やサービスを生み出すためのあらゆるもの、「カネ」=資産、主にキャッシュにあたります。

IT用語「リソース」はビジネスパーソンとして必須

ビジネスシーンで使われる「リソース」には、IT用語として別な意味もあります。どんな業種でも、オフィスではコンピューターを使う機会はあるので、知ってくおくといいビジネス用語です。

例えば、オフィスで「コンピューターの(システム)リソースを確保する」の意味するところは、コンピューターがスムーズに稼働するためのハードウェア・ソフトウェアの環境のことを指します。複数のアプリケーションを同時に立ち上げたり、長時間コンピューターを使ったりすると、コンピューターの動作が遅くなったりフリーズしたりします。それを避けるためには、再起動してメモリ領域を開放するのも、「リソースを確保する」ひとつの方法になります。

また、別な意味として、「リソース」がCPU、ハードディスク、メモリなどを総称して使われる場合も多くあります。

このあたりの意味が、オフィスでも使われる可能性のあるIT用語「リソース」の意味です。前後の文脈から、どんな意味なのかある程度推測するしかありません。

例文

・明日から新しいアプリケーションを使って作業してもらいますので、リソースは十分に確保しておいてください。
・リソース不足により、生産性が著しく低下してしまいました。
・A社はB社とのM&Aで、法人営業のリソースを強化したと言えます。

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら