この記事では「マジシャン」について解説いたします。

テレビや舞台などで目にする機会がある職業ですが、その仕事内容やなり方についてはよく分からないという人が多いかもしれません。

そこで今回は「マジシャン」の年収や将来性、勤務体系や休日なども含めてピックアップしました。

それでは一つずつ確認していきましょう。

マジシャンとは

「マジシャン」は「手品師」や「魔術師」とも呼ばれ、「マジック(奇術)を披露することで観客を楽しませることを生業とする職業」です。

ステージやパーティーなどで、華やかなマジックを実演する「マジシャン」を見たことがあるという人もいることでしょう。

見ていないはずのトランプのナンバーを言い当てたり、不思議なボックスから鳩を飛ばしたり、観客を楽しい世界へと誘ってくれる存在です。

またマジックだけではなく、雰囲気作りや立ち居振る舞いにも観客を沸かせる為の意図があります。

衣装やメイクなどを個性的にするのもキャラ作りの一種とされており、そういったことも売れる為に必要な一要素なのかもしれません。

マジシャンの仕事内容

「マジシャン」の仕事内容でメインになるのは、観客が集まる場でマジックを披露することです。

その為には飲食店や大型商業施設などに一軒ずつ足を運び、地道な営業活動をする必要があります。

芸能事務所や派遣会社などに入った場合はマネージャーが営業をしてくれるというケースもありますが、成り立ての頃は特に自分で営業するつもりでいた方が良いかもしれません。

「マジシャン」の営業活動先としてよく挙げられるのは、ホテルや飲食店、あるいはお年寄りや子ども向けの施設です。

例えばクリスマスパーティーや歓迎会のようなイベントがある場合に呼ばれることが多く、その時の評判が良ければ定期的に仕事が入る可能性があります。

努力が実を結んで売れっ子の「マジシャン」になりテレビ番組や大型のイベントに呼ばれる機会が増えてくると安定した収入が見込めるようになりますが、そのレベルに至るのはとても大変なことです。

ステージでマジックを披露する以外には、マジックに関する本やDVDを販売したり、テレビ番組に出演したりもします。

とはいえ収入のことを考えると、マジックを披露することがメインである「マジシャン」が多数派です。

したがって「マジシャン」としてまず行う仕事内容は、自分を売り込む為の営業活動だといえるかもしれません。

マジシャンになるには

「マジシャン」になるにはどうしたら良いのか、イメージできないという人が多いかもしれません。

そこでこの項目では、「マジシャン」になるにはどういった条件があるのか、どのような方法があるのかについてまとめました。

必要な資格や学歴はなく、実力勝負の世界

「マジシャン」になるにあたって、必要な資格や学歴は特にありません。

したがって難関な資格を持っていたり高学歴を有していたりしても、「マジシャン」になることには関係ないということです。

強いて必要なことを挙げるなら、完全に実力勝負の世界なのでプロとしての実力が求められます。

具体的にはどれだけ沢山のマジックができるか、テレビやメディアにも出ていないオリジナルのマジックができるか、会場を賑わせる演出やトークができるかといったことが考えられるでしょう。

マジシャンになる方法①:マジシャン養成スクールやマジック教室に通う

「マジシャン」になる方法としては、マジシャン養成スクールやマジック教室に通うというものがあります。

それらは都心部にあることが多いですが地方にも点在していますし、講座がある時にだけ通ってあとは自宅で学習するというパターンもあるのです。

マンツーマン形式で指導を受けられるものもありますし、「パントマイム」や「ジャグリング」といったあらゆる芸を総合的に身につけられるスクールも見受けられます。

マジシャン養成スクールやマジック教室に通うメリットは、プロの「マジシャン」や養成のスペシャリストから直接学ぶことができることです。

分からないことがあれば質問したり、間近でプロのスキルを見ることができるのはこの方法ならではだといえます。

また志を同じくする仲間と出会えることも、この方法の大きな利点です。

人前で自分の腕前を披露する機会に恵まれているのも、今後「マジシャン」として生計を立てる上で大きな経験になることでしょう。

その反面、他の方法に比べて時間やお金がかかったり、場所が限られているといったことがデメリットです。

もし時間やお金に余裕がなかったり、居住地とスクールや教室が離れているなら、別の方法を検討しても良いかもしれません。

マジシャンになる方法②:マジシャンに弟子入りする

マジシャン養成スクール養成スクールやマジック教室に通わなくても、「マジシャン」になる道はあります。

それは「マジシャン」に弟子入りすることです。

マジックはその特性から門外不出であることが多く、弟子入りして「マジシャン」になったというケースも少なからず見受けられます。

教え方や教える内容、費用などは弟子入りする「マジシャン」によって千差万別です。

したがって必ずしも自分の期待通りの指導が受けられるとは限りません。

また教わりたいと思った「マジシャン」に弟子入りを断られることも当然想定できます。

自分がどれだけ真剣で熱意を持っているのか、誠実に伝えることが必要です。

マジシャンになる方法③:本やDVD、動画サイトなどで独学する

上記の方法が難しい場合、本やDVD、あるいは動画サイトなどで独学するという方法があります。

書店や動画サイトなどで探せば、マジックに関する情報が溢れるほど見つかることでしょう。

この方法の良いところは、他の方法と比較して時間やお金がかからないことです。

例えばマジシャン養成スクールやマジック教室に通えばその分の受講費や交通費などがかかりますし、開講日時に自分の予定を合わせる必要もあります。

しかし独学であれば、家にいながら自分の好きなタイミングでマジックを身につけることができるというわけです。

その反面だらけてしまったり、なかなかやる気が起こらなかったりするというデメリットもあります。

また本やDVDなどではよく理解できない内容があった場合でも、独学では誰かから教わることができません。

もしこれらのデメリットを受け入れがたいというのであれば、①や②の方法を考えた方が良いでしょう。

まずは飲食店や子ども向けの施設などで実績を積んでいく

先述の方法である程度スキルやテクニックが身についたら、まずは飲食店や子ども向けの施設などで実績を積んでいくのが一般的だといえます。

なぜなら駆け出しの「マジシャン」は知名度が皆無の為、それ以外の収入が見込めないからです。

上記のような場所で経験を積みながら、自分のことを一人でも多くの人に知ってもらいます。

自分の実力が認められれば、リピートがあったり新たな依頼があったりすることが期待できるでしょう。

ただし単発で終わってしまうことも少なからずあるので、めげずに別の場を探し求める忍耐力が必要です。

マジシャンの年収

「マジシャン」の年収は、人によって差が大きいことから明示するのが容易ではありません。

なぜなら「マジシャン」は正社員や契約社員として雇われた上で毎月決まった額の給料をもらうというスタイルが一般的でないからです。

フリーランスとして個人で活動する場合も芸能事務所や人材派遣会社に所属する場合も、単発で担当した仕事の分だけ報酬をもらうことになります。

報酬の金額は、一回のステージやショーにつき数万円程度が多いようです。

ただし報酬は「マジシャン」の力量や人気に合わせてこの金額は大きく変わるので、人気の「マジシャン」になれば一回のステージで何十万〜何百万円という高報酬を手にすることも不可能ではありません。

とはいえ一部の売れっ子「マジシャン」以外は安定した収入を見込めるとは言い難く、ステージがない月は収入がゼロになるリスクもあります。

マジシャンの勤務体系と休日

「マジシャン」の勤務体系と休日は、フリーランスの場合も事務所や派遣会社所属の場合も依頼の有無に左右されます。

依頼があればその日時に働き、依頼のない日時は自身の希望に関わらず休みです。

もちろん依頼があってもそれを断ること自体はできますが、その分の収入は減ってしまいます。

依頼があるのは基本的に平日の夜や土日祝日など、イベントがある日時が多いようです。

マジシャンの将来性

「マジシャン」は実力主義の世界ということもあり、その将来性は一概に語れません。

一握りの売れっ子以外は、自身の生計を維持するのも困難だというケースもあるでしょう。

ただし人気が軌道に乗れば、サラリーマンの何倍以上もの収入を得ることもできます。

したがって「マジシャン」の将来性については、その「マジシャン」の実力次第です。

マジシャンがおもに勤める場所

「マジシャン」がおもに勤める場所としては、芸能事務所や派遣会社が挙げられます。

実際にマジックを披露するのは子どもや老人向けの施設、マジックバーやレストランなどが考えられるでしょう。

その他には結婚式場やホテルの宴会場などもあります。

まとめ この記事のおさらい

・「マジシャン」は「手品師」や「魔術師」とも呼ばれ、「マジック(奇術)を披露することで観客を楽しませることを生業とする職業」

・「マジシャン」の仕事内容は観客が集まる場でマジックを披露したり、マジックに関する本やDVDを販売したりすることが挙げられる

・「マジシャン」になるのに必要な資格や学歴はないが、実力勝負の世界なので実力が必須

・「マジシャン」になる方法にはマジシャン養成スクールやマジック教室に通ったり、マジシャンに弟子入りしたりすることが考えられる

・「マジシャン」の年収や将来性は一概に明示するのが難しく、その人の実力次第

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda