この記事では「童顔」の読み方や意味について解説いたします。

日常的によく使われる言葉ではありますが、そのメリットやデメリットについてはよく分からないという人もいるかもしれません。

そこで今回は「童顔」の特徴やなりたい場合の方法、英語表現も含めて取り上げました。

それでは一つずつ確認していきましょう。

童顔とは|読み方と意味

「童顔」は「どうがん」と読み、「子供の顔」という意味があります。

また「子供のような顔つき」という意味もあり、後者の意味として使われることの方が多いです。

例えば「彼女は童顔なので年齢より幼く見える」のように使います。

童顔の特徴

「童顔」には共通する特徴が複数見受けられます。

この項目ではその特徴として3つ取り上げました。

顔がタテよりもヨコに長さがあり、丸顔寄り

まずは「顔がタテよりもヨコに長さがあり、丸顔寄り」だという特徴です。

これは赤ちゃんや子供の顔が上記のような特徴があるということを考えるとイメージしやすいかもしれません。

逆にヨコよりもタテに長さがあり、シャープな顔つきであれば大人っぽく見えることでしょう。

黒目がちな丸目

続いての特徴は「黒目がちな丸目」です。

これもシャープで切れ長の目の人と並んで比べて見るとよく分かることでしょう。

彫りが浅く、顔の凹凸が少ない

最後は「彫りが浅く、顔の凹凸が少ない」ことです。

子供の顔は彫りが浅いことが多く、また顔の凹凸もほとんど見られないことを踏まえると分かりやすいかもしれません。

童顔のメリット

「童顔」になりたいと願っている人は特に女性で多く見受けられますが、それは「童顔」にメリットがあるからです。

それではどのようなメリットがあるのかを確認しておきましょう。

年齢よりも若く見られる

「童顔」は子供のような顔つきであることから、年齢よりも若く見られることが多いです。

人は様々な要素から人の年齢を推測していきますが、顔はその材料の最たるものだといえるでしょう。

その為「童顔」の人は若々しくて可愛らしいと思われることも多く、「童顔」になりたいと考える女性が多いのもそのことが影響しているのかもしれません。

またつい守ってあげたいと考えたり、親しみやすいと思ったりする男性も少なからずいることでしょう。

年上の異性から好意を受けやすい

「童顔」は年上の異性から好意を受けやすいというのも、「童顔」のメリットの一つです。

特に男性から女性への好意が顕著で、それは若々しくて可愛らしい女性を守ってあげたいと考える男性が多いからかもしれません。

またこの傾向は恋愛に限ったことではなく、日常生活の中でも買い物でおまけをしてもらえる等、何かと可愛がられる場面も見られます。

なお「童顔」の男性もやはり年上の女性から好意を受けることが多く、これは可愛いものが好きだという女性の母性本能をくすぐる存在として認識されているからかもしれません。

童顔のデメリット

「童顔」には上記のようなメリットがある一方で、特有のデメリットもあります。

そのデメリットとして、今回は2つピックアップしました。

頼りなさそうに見られる

1つ目は「頼りなさそうに見られる」ということです。

子供っぽく見えるからこそ、仕事でもプライベートでも重要なことを任せても大丈夫だろうかと心配される場面が度々見られます。

もちろん顔つきと頼り甲斐に直接の因果関係はありませんが、それくらい顔つきがもたらすその人への印象が大きいということです。

だからこそしっかり者に見られたいという人は「童顔」ではなく大人っぽい顔つきを望んでいるのかもしれません。

年相応のファッションが似合わない

2つ目は「年相応のファッションが似合わない」ことです。

人にはその年相応のファッションというものがありますが、「童顔」だと顔つきとファッションがズレているように見られてしまうことがあります。

例えば30代の人が年齢に合わせて大人っぽい服装をしたとしても、子供が大人っぽい格好をしているように見られることがあるということです。

顔つきにファッションを合わせると上記のように見られることも減るでしょうが、そうすると今度はより幼く見えてしまいます。

特に男性が「童顔」ではなく大人っぽい顔つきが良いと考えるのは、このような事情があるからかもしれません。

童顔になりたい場合はどうすればいい?

元々「童顔」ではない人が「童顔」になりたいということもあるでしょう。

そのような場合の対処方法として、2点ご紹介します。

メイクで童顔を作る

1つは「メイクで童顔」を作るという方法です。

丸目になるようにする等のように先述の「童顔」の特徴に合わせてメイクをすれば、「童顔」に見られやすくなることでしょう。

また最近では男性でメイクをするという人も増えてきているので、なりたい自分に合わせて試してみるのも良いかもしれません。

髪型で童顔を作る

そしてもう1つは髪型で「童顔」を作る方法が考えられます。

女性であれば例えばツインテール等にすると「童顔」に見られやすいかもしれません。

また男性ではパーマをかけて柔らかい雰囲気を作ってみるのも一つの手です。

「童顔」は顔つきに関することなので、このようにメイクや髪型を変えると随分印象を左右することができます。

生まれ持った顔つき自体はそうそう変えることができませんが、様々な工夫をすることによって「童顔」に見られるようにすることはできるということです。

童顔は英語でどう表現する?

「童顔」を英語で表現すると、次のようなものが挙げられます。

・baby face(童顔)

・young face(童顔)

その他には男性であれば「boyish face」、女性ならば「girlish face」等も考えられるでしょう。

また上記の表現を使うと、以下のような例文を作ることができます。

・She has a baby face.
(彼女は童顔です。)

「baby」は「赤ちゃん」、「face」は「顔」という意味なのでこれらを合わせると「(赤ちゃんのように)幼い顔」、つまり「童顔」ということです。

カタカナ語で「ベビーフェイス」とも言われるように、日本でもよく使われる表現だといえるでしょう。

・I have a young face , so I often am seen as younger than I am.
(私は童顔なのでしばしば若く見られます。)

「be動詞 + 過去分詞」で「〜される」という受け身の意味を持ちます。

また「as 比較級 than 〜」で「〜よりも・・・だ」という意味になるので、これらを合わせて「実際よりも若く見られる」と訳すことができるというわけです。

まとめ この記事のおさらい

  • 「童顔」は「どうがん」と読み、「子供の顔」や「子供のような顔つき」という意味があるが、後者の意味として使われることの方が多い。
  • 「童顔」の特徴として顔がタテよりもヨコに長さがあって丸顔寄り、黒目がちな丸目、彫りが浅くて顔の凹凸が少ないといったものが挙げられる。
  • 「童顔」のメリットは年齢よりも若く見られる、年上の異性から好意を受けやすい等が考えられる。
  • 「童顔」のデメリットには頼りなさそうに見られる、年相応のファッションが似合わないといったものがある。
  • 「童顔」になりたい場合、メイクや髪型で「童顔」を作るという方法が挙げられる。
  • 「童顔」の英語表現としては「baby face」や「young face」といったものがある。