この記事では単純のの特徴、英語表現や付き合い方を解説します。

単純の言葉の意味

単純の言葉の意味としては、次のようなことがあります。 一つ目は、そのものだけで、まじりけがないことです。他の要素などが混入していないことです。

そしてそのものである様子をさします。単純な言葉というと、そのもの以外の言葉が混じっていないことです。単純な物質というと、その物質以外の物質が混じっていないということをあらわします。

 二つ目は、機能や構造や形式がわかりやすいしくみで出来ていて、複雑ではないことをさします。

「単純な間違い」というと、間違いが他の人からみて、わかりやすい内容だということです。「一目瞭然」に似た意味も含まれています。

三つ目は、 考え方やとらえ方が素直であることです。彼の考え方は単純だというと、考え方に曲がったところがなく、率直であるということをさします。単純明快な理論というと、分かりやすいとかの意味があります。

四つ目は、 条件や制限などがないことで、単純に考えを述べるというと、まわりの状況や条件などを加味せず意見を言うということを意味します。

単純の英語表現

英語で単純というと、「simple」という表現があります。単純なとか、分かりやすいとか、はっきりしているという意味もあります。

「a flip」と言う単語もあります。a flipには、軽薄な人とかお調子者という意味もあります。flipには、はじくという意味があるため、軽くはじかれることから、ノリが軽いとか、腰が軽い、フットワークが良いということが連想されるでしょう。

軽々しい人というように、軽率で早とちりというような印象もある言葉です。

もう一つは、「flatter」もあります。これはおだてるという意味があるので、おだてにのりやすいということになります。

単純の類語表現

単純に似た表現としては、以下の表現があります。 一つ目は、「単細胞」です。

単細胞という言葉は、言葉自体の意味としては、一つの細胞ということですが、人に用いる時は、「彼は単細胞だから。」というと、一方向からしか「物事を見ない人」や、「融通が効かない」「複合的な考えが出来ない人」というように、無能であることを意味しています。

少し悪い印象のある単語です。

二つ目は、率直だという表現です。「率直だ」というと、「物事をダイレクトに相手に言う」、正直だという意味です。率直な人であるため、「忌憚なく意見を言う」「率直なひとなので、遠慮せずに意見を言ってくれる。」など使われます。

自分の考えを包み隠さずに、曲げることなく、そのまま伝えることが出来る人という意味をあらわします。

 三つ目は、白黒はっきりつけるという表現があります。単純だということは、はっきりしていて、明確であるということであるため、白か黒かはっきりとしているということを意味します。

白黒はっきりつけたがる人も同じで、「グレー」のようなあいまいな表現や結果を嫌い、明確で分かりやすい答えを好みます。特に男性に多く、こういうタイプの人は竹を割ったようなさっぱりした人であることが多いです。

結論をすぐに出したがるタイプでもあります。

四つ目は、シンプルという表現があります。シンプルというと人以外でも、生き方や暮らし、様子などを表すのにも使います。シンプルな生き方というと、あまり余計なことにとらわれず、できるだけ質素にいきることをさします。

シンプルな部屋というと、ごちゃごちゃした飾り立てがない、簡素でありながらオシャレで居心地が良い部屋という意味もあらわせます。

単純な人の特徴①:意見がダイレクト

単純な人にの特徴の一つ目は、意見がダイレクトだということです。

単純な人は、あまり周りの人がこんなことを言ったらどう思うだろうかというようなことを考えないため、思ったことをすぐに口に出してしまうことがあります。

時にはこれがあだとなり、人を傷つけてしまったり、トラブルを招いてしまうことがないわけではありません。

特に悪気はないのですが、つい言ってしまったことが、人を怒らせてしまう、人を傷つけてしまい、大失敗したというのは単純な人がよく起こしがちなミスです。

仕事上でも、ケアレスな発言がトラブルを招くことが多いです。単純な人の良い面でもあり悪い面でもありますが、あまり深く物事を考えないため、考えるよりも先に口に考えが出てしまうことがあります。

単純な人の特徴②:ポジティブシンキング

二つ目は、ポジティブシンキングであるということです。一つ目の特徴で、つい失言をしやすいと述べましたが、小さな失敗は単純な方には多々おこりがちです。

単純な方は、くよくよしたり、嫌なことをいつまでも覚えていて、悩みぬくようなことはほとんどありません。単純な方のよいところは、失敗をそれほど気にしないということです。

単純な人の特徴③:明るくて人気者

単純な方の三つ目の特徴は、明るくて人気者であるということです。 単純な方はくよくよしない、ポジティブシンキングであるため、常に明るい態度で接することができます。

誰とでもすぐに友達になれ、グループなどにすぐに溶け込めるタイプの人が多いため、人気のある存在です。 イヤミがなく、人を馬鹿にしたり、おとしめたりするような悪意のある行動が全くないので、誰にでも好かれます。

グループにこういう人が一人いると周りの雰囲気が明るくなるようなムードメーカーとなりえます。

そして、単純な人は、誰にでも同じ態度で接することが出来るため、上司や部下、同僚など、どのようなポジションの人にも好かれます。

一番良いのは、このような方はグループの雰囲気が悪くなった時に潤滑油のような存在となったり、暗く落ち込みがちなムードの時に、雰囲気をガラリと変えてくれるような発言が出来るのもよいところです。

単純な人の特徴④:素直で正直である

単純な人の四つ目の特徴としては、素直で正直であるということです。

単純な人は、考えに余分なところがなく、はっきりとしているため、周りの人を混乱させるようなことはまずありません。いつも正直で誰にでも同じ態度で接することが出来るため、周りも気持ちが明るくなりやすいです。

素直であるため、子供やお年寄りにも好かれるうえ、明るい性格なのでグループでも人気でしょう。動物や弱いものにも公平な態度で接するため、評価の高い人になりやすいです。

単純な人の特徴⑤:ケアレスミスがおおい

単純な人の特徴の5つ目は、ややうっかりやケアレスミスなどが多いことです。

単純明快なのはよいのですが、単純すぎて、あまりいろいろなことを考慮したり、深く考え込まないところがあり、よく考えずに行動してしまったり、発言をしてしまうことも少なくありません。

よく考えずにした発言が、大きな失言となり、事業をダメにしてしまうことや、取引先に大クレームとなったというような大きなことも起こり得ます。単純な方は、慎重さや注意深さがやや不足しているため、早合点な行動が目立ちます。

単純な人との付き合い方

単純な方が職場にいる場合の注意点としては次のようなことがあります。

チェックをかかさない

一つ目は、ケアレスミスやよく注意せずにしてしまうことが多いので、常に提出する前、発言する前に再度のチェック、あるいはこれを言ってもいいのかということを考えてから発言するように上司が監督するということです。

上司がこういった方の良い教育係となることがとても大切です。基本的には素直ですぐに人の考えを受け入れる性格であるため、しっかり教育すれば拒否したり、意見を聞かないということはまずありません。

利点を生かせる配置をする

二つ目は、明るくてムードメーカーですので、こういった利点をよく考慮して、伸ばしてあげるということです。

グループでなにかイベントなどを企画させたりすれば良いまとめ役に慣れる上、単純であるため人を混乱させることもありません。人に悪意のある行動をとることもないため、グループをまとめて、周りを明るくしてくれます。

上記の事から単純な人には、性格的な利点を生かせるような仕事を任せると力を発揮できます。