ロマンチストといえば、常に物語のような振る舞いや生活を好む人の性格というイメージがありますが、どちらかといえば物腰が柔らかく優しい人柄というポジティブな雰囲気が感じられます。中には、現実主義ではなくロマンチストのような生き方に憧れるという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ロマンチストの意味やその特徴、よく混同されがちな「夢想家」との違いについて解説します。

ロマンチストの意味とは

「ロマンチスト」とは、小説や物語などロマンを信奉し、その中での生活や様式に憧れる人のことを指す言葉で、最近ではこうした意味合いだけでなく、現実離れした様々な要素を追い求める人のことを総称してこう呼ぶようになりました。

ロマンチストの一般的な認識をチェックしてみると、どちらかといえば現実を知らずいつも自分の理想だけを語っている、あまりよくない意味として認識されているようですが、ロマンチストという性格にはにはそれならではの魅力もしっかりと備わっており、そうした要素を理解した上で上手く活用することができれば、ストレス社会と呼ばれる現代において自分らしさをメリットとして発揮することもできるでしょう。

ロマンチストの語源

ロマンチストという言葉は、元々は「ロマン主義」という一種の主義主張を信奉する人を対象に表した言葉として誕生した経緯があります。このロマン主義とは、18世紀から19世紀前半にかけ欧州を中心とした王国体制をとる国で誕生した芸術系主義で、神秘性や自然、自由などをモットーとしています。

その後、ロマン主義を前提とした様々な物語が誕生し、これを愛好する人のことを総称して「ロマンチスト」というようになりました。
現代では、これら物語を愛好する人はもちろんのこと、物語と似通った世界観を自分の基本理念に据えた上で行動する人のことを表す新語として用いられるなど、本来の意味から若干かけ離れた形で活用されています。

地味の英語表現

ロマンチストは、英語で”Romanticist”と表します。これは、ロマン主義を表す英単語”Roman”に対し、それを信奉する人を表す”tist”を語尾に据えた名詞表現で、日本国内だけでなく英語を母国語や公用語として採用している英語圏でも広く用いられています。

また、それを信奉する人を表す”Romanticist”とは別の形で、ロマン事態を表す”Romantic”という表現を人間に対して宛てて用いるケースもあり、こちらはロマンという言葉に想像される空想や恋愛、物語や小説など様々な要素を求める人に対して使う一般的な用法です。

地味の類語・似た性格

ロマンチストは、集団あるいは個人など形状に関係なく、非現実的な要素を持つすべての人を対象とした現代用語の1つ。
この言葉に類義する言葉は数多く、例えば一般的な用語として、空想家・夢想家・ドリーマー・妄想家、夢見がち、夢追い人といったものがあります。これらはいずれも、現実から一歩離れた先にあるものを追い求めたり想像する人やその行動に対して用いる言葉であり、ロマンチストも例外ではありません。
全体としては、リアルを若干無視して自分好みのものを盲信する人に対して用いる表現ですから、ポジティブではなくネガティブな表現いうのが現状のようです。
中でも、ロマンチストの類義語として広く用いられている用語の1つに当たるのが「夢想家」という言葉です。

ロマンチストと夢想家の違い

ロマンチストと似通った意味合いを持つ言葉として用いられる夢想家という単語は、ロマンチストという英語発祥の言葉が日本国内に輸入される以前から用いられた古い歴史を持つ言葉で、どちらも現実とは違う世界を渇望する性格を表しています。

ですが、それぞれの言葉を吟味してみると、ロマンチストが物語や空想の世界を対象にその世界の常識や理念を求めているのに対し、夢想家は夢を連想し続ける人のことを指す言葉。特に、夢想家は単なる夢でなく自分が求める理想の未来が夢であることから、自分の心からの願いを空想し続けることを表しています。

あくまでも現実に照らし合わせながら夢を追いかける夢想家という表現に対し、ロマンチストは現実とはかけ離れた物語や神話のような世界を好み自らの立場に当てはめようとすることから、実際にロマンチストな性格を持つ人と接する際には、接する側にもある程度の覚悟が必要となるといえるでしょう。
また、どちらの性格も、基本的には何らかのきっかけや理由を通じて自ら自発的に求める後天的なものなので、その後の未来や経緯によっては考え方が変化する可能性も否めません。

ロマンチストな人の特徴1:ひたすら自分の世界を優先する

ロマンチストな性格の人と一度でも接した経験があるという方なら納得の特徴といえるのが、強固なまでな自分本位な考え方についてです
ロマンチストな方の多くは、自らの中に理想とも呼べる世界観を構築しており、あくまでも自身の行動や言動はすべて、せおの世界観に照らし合わせたものとなっています。

このため、現実感に沿った上でロマンチストな人と接している側にとっては、彼らの行動はすべて現実離れした理解しがたいものといっても過言ではなく、時として人間関係自体の構築を断念してしまうケースも少なくありません。

一方、仕事面ではロマンチストな人は現実を無視した行動を選択するケースがままあり、職種や環境によってはこれがネガティブな結果を生み出す可能性もある一方、その現実離れした考え方は、特に芸術系や物作りの環境で特異な才能を示すことも多いようです。

ただし、あくまでも自分の世界観が唯一無二と考えているので、協調性の面ではやや関係を構築しづらい点が特徴といえるでしょう。

ロマンチストな人の特徴2:どんな場面でもポジティブな考え方

ロマンチストな性格を持つ方にとって、ネガティブという要素はほぼ存在しないといってもよいでしょう。なぜなら、ロマンチストな人は自分の中に「理想」とも呼べる世界観を構築し、自らはあくまでもその世界観に存在する一人の人間と見なしています。ですから、どんなにネガティブな要素が身近に潜んでいたとしても、常にそのネガティブさに何らかの理由をこじつけてでもポジティブな要素と認識しようとします。

これは、常に前向きでどんなことにもへこたれない強固な性格という観点から見れば非常に素晴らしい才能といえるのですが、逆に考えると、他人から自分の弱点や欠点あるいはミスを指摘されたとしても、それを指導とは取らないばかりか、場合によっては相手からの妬み嫉みと見なして判断することも多く、こうした要素は人間関係に悪い影響を与えます。また、常に自分は完璧に近い存在と思い込んでいる節もあり、向上心もあまり期待できません。

ロマンチストな人の特徴3:判断はすべて現実主義

ロマンチストな人ほど、自分が執る選択肢や決断はすべて現実主義に乗っ取ったものという特徴が見られます。

その理由として、ロマンチストな人ほど自分の中に存在する「常識」にだけ囚われチャレンジすることを嫌う傾向があり、こうした傾向から常に自分に課せられた選択肢は決まり決まった定番の物ばかりという結果が多いようです。

実際、デートや交友関係、あるいは仕事で何らかの決断が迫られた場合、いつもの決まった行動しか取らず一切冒険しない上、新しい物よりもすでに定着した定番のものを優先して選ぶという傾向もあります。

これは、ロマンチストな人にとって、新しい経験したことがないものにチャレンジして失敗するよりも、すでに経験して見知っている物をさらに楽しむほうがよいという根本的な考え方に由来しています。

ロマンチストな人の特徴4:感性が豊かで仲間意識が強い

ロマンチストな人最大の特徴といっても決して間違っていないのが、とにかく感性が豊かであるという点です。

物語やラブストーリーを見た直後の一般の人が持つ感性なんて目じゃないくらいに感性が豊かなのがロマンチストの特徴であり、この感性の豊かさが様々な面に寄与しています。

例えば、経験や技術よりもセンスや感性が求められるような職種や職場に属する人の多くがロマンチストであり、自分の発想や感性に最大の信頼を寄せているほど。
また、理屈で物を考えるのは苦手な一方、直感や自分が「好き」と思える物に対する猛烈なまでの愛着や信頼を寄せる行動は、同じ感性を持つ人を引きつける魅力となります。結果、仲間意識がとても強く自分を理解し同調しようとしてくれる人に対しては、最大限の信頼と無邪気なまでの安心感を抱いて接してきてくれます。

ただし、自分や自分の考えを頭ごなしに否定してくる人に対しては激しい嫌悪感を抱きやすいので、あくまでも自分を理解してくれる人に対して心を開く点がポイントです。

ロマンチストな人の特徴5:常に自分が主人公でありたい

ロマンチストな人がなぜロマンチックなものに憧れるのか?それは、ロマンな世界の中で自分が常に主人公でいられるからです。
現実世界においても彼ら彼女らがロマンチックな感情を隠さず表に表すのは、自分が常に場の主役や主人公でいたい!という強い願いに裏打ちされたから。

主人公である自分に対して優しく接してくれる人に対しておおらかな気持ちで振る舞うことができる一方、自分を否定したり自分を認めてくれない人に対しては、決して心を開くことも信頼感を寄せることもありません。

もしも、身近な環境にロマンチストな男女がおりその人との関係を良好な物にしたいのであれば、自分自身の我をちょっと我慢してその人の思いや願いを受け止めてあげるとよいでしょう。特に、ロマンチストな人が女性なのだったら、女性は常にお姫様のような扱いを受けたいと心の内で願っているので、それを実現するような接し方をおすすめします。

ロマンチストとの付き合い方

ロマンチストな人柄や性格を持っている方は、リアリズムに支配された現代においても決して珍しい存在ではありません。

もしかしたら、職場の隣にいるあの人もロマンチストかも?そんな当たり前の存在といえるのです。では、身近なロマンチストの人に対して、どのような接し方を心がけるべきなのでしょうか?

頭ごなしに否定せず考え方を理解すること

ロマンチストな人は、自分の持つ考え方や理念に基づいた行動を他人から指摘・非難されることを最大限に嫌う傾向にあります。

たとえ親しい間柄や上限関係が存在する続柄であったとしても、決して頭ごなしに否定してはいけません。ロマンチストな人の考え方を尊重した上で、どの部分が結果に対してだめな判断であったのかを、よい部分と一緒に組み合わせながら指摘してあげることで、彼らのプライドを傷つけずにやんわりと諭すことができます。

ちょっとした事でも褒める

ロマンチストな人は、誰しもが自分を物語内の主人公のような存在でありたいと願っています。そして、この部分を巧みに認めてあげることによって、彼らの自尊心をくすぐりながら信頼を勝ち取ることができるでしょう。例えば、ちょっとした出来事であったとしても、その成果を最大限に認めることによって、彼らの内に強く存在する”承認欲求”を満たすことができ、こちらに対する彼らの信頼感をグッと高める効果も。回りくどい言い方は必要なく、ただ単に「よくやった」という一言を伝えることもポイントです。