思い遣り(おもいやり)があるというと、こちらから何も言わなくても気持ちを組んでくれたり、サポートしてくれるというイメージがあります。人に対して使う場合はポジティブな意味で用いられることが多いです。

ここでは、思い遣りがあると気遣いとの違いや、実際に思い遣りがある人の特徴や接し方について解説します。を円滑にする上でこの人柄の方を活かすことができます。

思い遣りがあるとはどんな意味か

「思い遣りがある」とは、他人や周りに対して自分の本音以上に心配したり、サポートを買って出てくれる人の事をさす言葉です。

ほぼすべてのシーンでポジティブな意味を持つ言葉として用いられており、実際に思い遣りのある言葉を投げかけられて嫌な気分になる方は少ないでしょう。

しかし、思い遣りがあるということは、自分の本音をあまり表に出さない事を意味するため、心を割って接したい場合は接しづらいと感じられる傾向もあります。

「思い遣りがある」の語源

「思い遣りがある」の語源である「思い」は他人の考えや立場をさし、「遣る」とは、あいてをおもんばかって支えたり、実際に行動に表すことを意味する言葉です。

上記のことから、「思い遣り」があるということは、他人の考えや立場を理解した上で、その人の事を思って支えることができるという意味であり、他人に対する思いや行動という繋がりから、基本的には人間の人柄や性格を指す言葉として古くから用いられてきた由来があります。

思い遣りがあるという言葉にはもう1つの意味として「見返りを求めない」というものがあります。

実際に思い遣りがあると周りから指摘される人の行動や言動を見てみると、他人に対して利益を求めず行動できる姿がうかがえることからも、「おもいやり」のポジティブさを見て取れるでしょう。

思い遣りがあるの表現

思い遣りがあるという日本語を英語で表現する場合、他人との気持ちを同調させるという意味から、「sympathy」というワードが一般的に用いられています。

特に目上の他人に対して用いる思い遣りに限定した表現である「politeness」という表現は、礼儀をわきまえた行動を表す際に適した単語です。

上記のほかにも、深い悲しみや同情を前提とした思い遣りがある人柄や、行動に対して用いられる表現として、「compassion」という表現も適しており、状況に応じて表現をると、より相手に伝わりやすくなります。

思い遣りがあるの類語表現

思い遣りがあるという言い回しと似た意味や性格をもつ類語の数は多く、代表的な単語として、「配慮がある」「気遣いができる」「温情」「気配りができる」「思い遣りがある」「親切」「いたわる」「暖かみがある」などが挙げられます。

いずれも、他人に対して優しさやポジティブなを持っていたわる気持ちを持ったり接する上で表現する言葉として用いられており、類語の種類から見ても、「思い遣りがある」は非常に良い意味を持つ言葉であるということがわかります。

特に、「思い遣りがある」という言葉と似た意味を持つ類語として頻繁に用いられているのが「気遣い(がある)」という表現です。

思い遣りがあると気遣いがあるの違い

「思い遣り」も「気遣い」も、相手に対して優しい気持ちや、慈愛の感情から様々な行動や言動が行える人柄を表す意味を持ち、ポジティブな単語として広く用いられています。

2つの大きな違いとしては、「気遣いがある」が受動的な行動を表す単語であるのに対し、「思い遣りがある」は能動的な行動を表す単語として用いられているという点があります。

「気遣いがある」人は、周りの行動を受けた上で何らかのポジティブなやサポートができる人の事を指すのに対し、「思い遣りがある」人は自発的に周りの人をサポートする行動や言動ができる人の事を指します。

思い遣りがある人の特徴1:常に相手の立場になって行動する

思い遣りがある人は、自分よりも周りの人の幸福や利益を優先します。

時として、その行動や言動が自分にとって不利益が発生するとわかっていても他人を優先した行動を採るため、接する人も思い遣りがある人に何かと甘えがちになりやすいでしょう。

相手の行動やそれに伴う失敗を当人以上に深刻に捉えてくれるため、的にビジネスの場面では不利益となってしまう恐れもあります。

思い遣りがある人は、他人に対しては実力以上の力を発揮することができるのにもかかわらず、自分に降りかかるトラブルの際には思うような結末を迎えることができないというシーンも多く、周りによるサポートが欠かせません。

いずれにしても、相手との協調性やチームワークを特に重視できる性格でもあるため、適した環境に身を置くことによって本来の実力以上の力を発揮することもできます。

思い遣りがある人の特徴2:最大級の気配りができる

人間は、誰しも自分の利益や安全を最優先にして考えるものですが、思い遣りがある人は利己的な考えをほとんど示さず、周りに対する気配りの高さが目立つ場合が多いです。

思い遣りがある人ほど他人に対する配慮や気配りが巧みで、なおかつ相手に対して嫌味と感じさせないよう絶妙な気配り具合を示してくれることもあるでしょう。

特に接客業や業など顧客との接点が多いような職種や、職場環境において絶大なを発揮してくれることも多いため、才能の1つとして有効活用できるとよいでしょう。

思い遣りがある人の特徴3:決して相手を否定しない

思い遣りがある、他人を慈しむことができる人柄を持った人ほど、他人を決して否定しようとはしません。

他人を否定する行為自体が、思い遣りのある人の中には存在しない行動であり、自分に対して向けられる周りのからの意見や言葉はすべて、自分を信頼した上でかけてくれるものであると理解することが多いです。

思い遣りがある人の特徴4:他人任せにしない

思い遣りがある人は、物事に対する責任感が高い傾向にあります。

他人に自分の担当した事柄を任せること自体が、他人に対する責任の押しつけや、負担をなすりつけるネガティブな行為と見なすためで、思い遣りがある人は他人に自分の事を任せようとはしません。

思い遣りがある人との付き合い方

職場や身近な環境で、思い遣りがある人がいる場合、付き合い方にも少なからず配慮が必要です。

腹を割って接する

思い遣りがある人は、裏表なく自分が本当にそれをしたいからという考えの下で周りの人に接します。

しかし、思い遣りがある人と接する側の人は、裏表を持って行動すると嫌がられることが多いです。素直な気持ちで接してくれる彼らに対し、腹を割って接すると良いでしょう。

だった接し方はNG

思い遣りがある方にとって、人と接することや人を助けること自体がアイデンティティとなっているため、行動に対して理屈だった接し方は正しくありません。

思い遣りのある人にとって、理屈で行動すること自体がナンセンスなものであるため、理屈だって接してくる人に対しては警戒心を抱いてしまうこともあるでしょう。

自然体での付き合い方をしたいのであれば、理屈ではなく感情にまかせた直感的な接し方を心がけるとよいでしょう。

相手の意見は素直に受け止める

思い遣りがある人は、周りの人が困っていたり悩んでいたりすると、すぐにでも駆けつけて何らかのサポートをしてくれることが多いです。

思い遣りのある行動を他人からされた場合、多くの人はまず最初に警戒心を抱きがちですが、思い遣りがある人とわかっている場合、相手からの意見や提案は、なるべく心からの純粋な思いとして、素直に受け止めることがおすすめです。