好奇心旺盛な人というと常に前向きでエネルギッシュ、ポジティブで何にでも果敢に挑んでいける方という印象があります。

この記事を読むことで、好奇心旺盛の特徴や付き合い方を知ることが出来ます。

 

好奇心旺盛の意味とは

好奇心旺盛な人というと、興味の範囲が広い人というのが一般的な意味です。

「あの人は好奇心旺盛で何にでも興味を持つので、趣味が多くていいね。」「あの人は好奇心旺盛で、いろいろなことに挑戦するので、失敗を恐れない性格だ。」などのように、ポジティブで前向き、果敢に挑んでいく性格としてあらわされます。

悪い意味としては、好奇心旺盛すぎて、度が過ぎているとつぎのような表現もあります。

「あの人は、好奇心旺盛なので、常に人のうわさ話ばかりしている。」「好奇心旺盛なので、いつも人のことばかり気にしている。」「好奇心旺盛で一つのことに集中せず、三日坊主なところがある。」などです。

多くの場合良い印象をあらわす表現ですが、場合によっては負の面も含んでいることもあります。

好奇心旺盛の英語表現

好奇心旺盛の英語には、 curiosityという表現があります。

キュリオシティは、疑い深い事や、常にいろいろなことに興味を持っているという意味の言葉です。

「inquisitive person」も同じような意味をもち、「He seems like a very inquisitive person.(彼は、すごく探求心旺盛な人のようだ。)」などと使われます。

キュリオスの場合は、疑い深いことや、あまり人を信じない、常に用心しているなどというように、負の意味も強いため、使うときは気を付けましょう。

好奇心旺盛の類語・似た性格

好奇心旺盛に似た表現には、以下のものがあります。

活動的との違い

一つ目は、活動的という表現です。

活動的というと、「エネルギッシュ」「パワーがある」などという意味であるため、好奇心旺盛のように、興味関心だけの意味では限定されません。

探求心との違い

二つ目は、探求心があるという表現です。

好奇心旺盛というのは何にでも興味を持つというところまでしか言い表していませんが、探求心があるというと、より答えを求めたがることや、結果を重視するという意味が含まれています。

「あの人は探求心があるので研究家向きだ。」「探求心があるので発掘など作業が得意だ。」などのように、文学や科学など、学術や研究などでも用いられるでしょう。

何にでも首を突っ込みたがるとの違い

三つ目は、何にでも首を突っ込みたがるという表現で、明らかに負のイメージがある言葉です。何にでも首を突っ込みたがるので、余計なことにまで興味をもつという場合に使われます。

「あの人は何にでも首を突っ込みたがるので近所の噂話ばかりしている。」「あの人は何にでも首を突っ込みたがるので呼ばないほうがいい。」などと表現されます。

行動力があるとの違い

四つ目には、行動力があるという表現があります。「好奇心旺盛」は、失敗を恐れないことや、果敢にチャレンジするという印象がある言葉であるため、行動力が伴っているという表現も近いです。

好奇心旺盛な人の特徴1:人の面倒見がよい

好奇心旺盛な方の特徴の一つ目には、人の面倒見がよくリーダー的な存在である点があります。

好奇心旺盛な人は、物事だけではなく、人にも興味があるため、後輩や部下の面倒見がよく、常に心配りをしてくれる事もあるでしょう。

少し困った顔をしていると手を差し伸べてくれたり、何か悩みがあるのではないかと声をかけてもらえるため、部下や目下のひとには厚い人望がある人物になりやすいです。

特にグループのリーダー的な存在としては力を発揮することでしょう。

明るくてエネルギッシュであるため、自然と人がついてくるようなところがあり、周りの雰囲気を明るくして活力を与えてくれる存在です。

好奇心旺盛な人の特徴2:独創的でユニークな考えを持っている

二つ目は、独創的でユニークな考えを持っているということです。

もともと好奇心旺盛な人はいろいろなことに興味範囲が広がっているため、知識や情報が広くて、いろいろな考えを持っています。

アイデアも豊富で柔軟性があるため、企画や計画などを立てさせると、思わぬ良い案を出してくれたりするでしょう。

知識や情報が多様で、人を楽しませることも得意で、話題が豊富なので会話も楽しい人が少なくありません。

新規商品開発や新規プロジェクトの立ち上げなどがあれば、是非メンバーに入れたい一人となるでしょう。

好奇心旺盛な人の特徴3:人のことに興味がありすぎる

三つ目は、噂好きで、人のことに興味がありすぎる面があるということです。

好奇心旺盛な方の興味範囲は、物事だけにとどまりません。時には人に興味をもつこともあり、それが度を越すと、人のことを過度に気にしすぎて噂話をしたり、人の話をつい他の人にもらしてしまったりすることがあります。

サービス精神が旺盛であるため、盛って話をしたり、オーバーに話して誇張することもあります。

基本的には明るくて良い人ですが、負の面としては、こういった人へのサービス精神が度をこしてしまうことがあるでしょう。

人に過度に興味がある人が個人情報に触れるような部署にいると、ついそのタガが外れてしまうことがあるかもしれません。

好奇心旺盛な人の特徴4:企画などに向いている

四つ目は、企画などに向いているということです。好奇心旺盛な人は常に新しい情報に敏感で、先取りが得意であるため、商品の企画など新しさが重要な仕事にはぴったりでしょう。

新しい商品を開発するための市場調査や、下調べなどでも好奇心の強さが生かされやすいです。

人にインタビューをしたり、動向を観察して予測したりすることは得意であるため、市場調査部やマーケティング部などのポジションであれば実力を100%発揮できるでしょう。

自分の意見をハキハキ言うこともでき、交渉事も得意であるため、新規商品化のための社外的な交渉事も労を厭わない事も多いです。

好奇心旺盛な人の特徴5:イベント好き

五つ目は、イベント好きだということです。

好奇心旺盛な方は、いろいろな活動にも積極的に参加するため、飲み会や歓送迎会、季節のイベントなどにも積極的でしょう。

参加したら、盛り上げ役に徹してくれるので、まさになくてはならない存在でしょう。話題も豊富で、誰とでも話ができるので、人気者になりやすいです。

上司や部下、同僚などどのようようなポジションの人でも分け隔てなく話し、男性女性年齢なども関係なく気軽に接することができる人も多いです。

周りからも明るくて人当たりが良い人として、イベントなどでは人気者になれるでしょう。情報通で新しいことにも敏感であるため、お店情報などにも精通しています。

参加者の人数や希望に合わせて良い場所を選んでもらえるかもしれません。

好奇心旺盛な人との付き合い方

このように好奇心旺盛な人が職場にいる場合は次のようなことに気を付けてお付き合いするとよいでしょう。

ほめて育てる

好奇心旺盛な人は、基本的に常に元気で前向きで、褒め言葉やおだてに弱いため、「やっぱりさすが○○さんだ。」「○○さんがいないと困る。」などとほめるとよいです。

自分からどんどんといろいろなことを積極的にやってもらえますが、反対に叱られるのは苦手な人が多いです。

チームを組ませる

いつも前に進んでいきたがる半面、周りの状況をよく見たり、冷静さに欠けることがあります。

ストッパー役の人とチームを組ませるとまさにベストコンビです。慎重派と行動派の2人が一緒に組めば怖いものなしでしょう。

イベントや会を任せる

社内のイベントや会を任せると、場が盛り上がり楽しい会となりそうです。

好奇心旺盛な人は発案などの工程を嫌がらず引き受けてくれやすいです。場を明るくするムードメーカーとして人気者となる人も少なくありません。