失敗は成功のもとの意味

失敗は成功のもと(しっぱいはせいこうのもと)の意味とは、失敗をしてもその原因を追究したり、欠点を反省して改善をしていくことで、かえって成功に近づいていくという意味のことわざです。

失敗は成功のもとの類義語には、「禍を転じて福と成す(わざわいてんじてふくとなす)」があります。英語の類義語には、Failure teaches success.(失敗が成功を教える)などがあります。

失敗は成功のもとのビジネスシーンでの意味

失敗は成功のもとは、ビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスでは、多かれ少なかれ失敗する事は日常茶飯事にあるでしょう。

ビシネスシーンでの失敗は、ときや場合によっては致命的ですが、失敗によって新たな問題点が発見されたり、原因を調べ、考え直していく中で、よりよい物づくりがされたりと、発明に至る場合があります。

発明や改良は、失敗から生まれた偶然の産物であるため、失敗は成功のもとの考えはビジネスでも生かすことが出来ます。

失敗は成功のもとの例文

くよくよするのはやめにしよう。失敗は成功のもとというから、これを踏まえて次にどうするか考えよう。
部品の開発には何度かの失敗もありましたが、まさに失敗は成功のもとともいえる改良型を作り出すことができ、皆一同安堵しつつも、努力を怠らなかった技術部に感心しました。