犬も歩けば棒に当たるの意味

犬も歩けば棒に当たるは、なにか行動をしていると思いがけない不幸に出会うという意味と、歩いていると思いがけない幸運にめぐり合うという二つの意味があることが特徴です。

類義語には、「藪(やぶ)をつついて蛇(へび)を出す」「棚からぼたもち」「歩く足には塵(泥)が付く」などがあげられます。

犬も歩けば棒に当たるのビジネスシーンで意味

犬も歩けば棒に当たるをビジネスで使うことは多くありませんが、同僚を応援するときなどに、よい意味で使用する事が出来ます。

犬も歩けば棒に当たるの例文

電車が止まって遠回りして向かったら、途中でアイドルがイベントやっててラッキーだった。これはまさに、犬も歩けば棒に当たるだね。
犬も歩けば棒に当たるというから、あまり遅くまで遊び歩いちゃいけないよ。