「失礼します(いたします)」の意味

「失礼します」は部屋への出入りの際や、頼み事や交渉をするなどの場面で、相手に対して事前に断りを入れる意味で使われる言葉です。多くの場面で使うことのできる便利な言葉でもあります。

また、目上の方や上司に使う場合には、尊敬の意味を含む「いたす」を使い、「失礼いたします」とすると、より丁寧な表現となります。

ビジネスシーンでの「失礼します(いたします)」の使い方

例えば部屋に入る前、出るときには「失礼します・失礼しました」と使います。これには部屋にいる人に対して「お邪魔します・お邪魔しました」という気持ちや、部屋そのものに対して敬意を払う意味が含まれています。

また、人に話しかける場面で「失礼します。少々お時間をいただいてもよろしいでしょうか」などと使う場合もあります。「これから相手に時間を割いてもらう」ことに対して「こちらは申し訳なく思っています」との気持ちが含まれています。

「お邪魔します」や「すいません」と言うよりも「失礼します」と使ったほうが丁寧に感じ、さらにその気持ちを強めたければ「失礼いたします」と使うことができます。相手によって使い分けても良いでしょう。

ビジネスメールでの「失礼します」の使い方と例文

「失礼します」はメールでもよく見かける言葉です。使われる場所は大きく分けると「文頭・文中・文末」の3パターンに分けることができますが、それぞれ若干意味合いが違ってきます。

文頭で使う場合は挨拶の意味合いで使うことができます。ビジネスシーンでの交渉は基本直接お会いすることが基本でしょうが、「メールという手段であること」または「読むという時間を頂戴する」ことに対してのお詫びの意味合いを相手に伝える効果があります。

・メールにて失礼します
・突然のご連絡失礼します
・お忙しいところ失礼いたします

文中では主に謝罪の意味で使うことが多いでしょう。この場合は過去の出来事に対しての謝罪となりますので「失礼しました」と使うことになります。

・このたびは大変失礼いたしました
・お手を煩わせてしまい失礼しました
・ご迷惑をおかけしてしまい大変失礼いたしました

文末で使う場合は「結び」や「締め」の意味合いが含まれます。例えば「それでは失礼いたします」のように使えますし、文頭で紹介した「まずはメールにて失礼します」も文末の結びの言葉として使うことができます。

おすすめ転職サイトご紹介

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

マナラボではおすすめの転職サイト・エージェントを紹介しています。ご興味ある方はいかがでしょうか?

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

気軽にタイプ

ミイダス

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はミイダスがおすすめです。

ミイダス

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

ミイダス

転職が検討段階、メインではなくサブの転職サイトとして利用するものとして、気軽で煩わしさがなく最適でしょう。

本気の転職で、ガッツリサポートが欲しい場合は下記のサイトがおすすめです。

管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、DODAに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA

DODA平均年収ランキング