スーパーバイザーの一般的な意味とは

スーパーバイザーとは監督をする人、管理をする管理者の意味を指します。
また、人材の育成の為に教育し育てる人のこともスーパーバイザーとも呼ばれます。

スーパーバイザーのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンでのスーパーバイザーとは、おもに多数の店舗を構える飲食店や小売店などの小規模店舗の企業に使われることが多いです。
複数店舗を管理して、人材育成や、店頭の商品の陳列指導など店舗の運営にかかせない管理を統括する人を指します。
別名エリアマネージャーとも呼びます。
またコールセンターでも頻繁に使われる言葉であり、
コールセンターではおもに、スタッフの指導を行う管理者のことを指します。

スーパーバイザーの使い方と例文

私達の職場をチェックしに、近々スーパーバイザーが監査にくるそうです。
このチームの成績を伸ばすべく、私がスーパーバイザーとして指揮にあたることになりました。