ベンダーの一般的な意味とは

ベンダーとは、「売り手」という意味です。製品を作り売るメーカーやソフトハウス、あるいは販売代理店のことを指しています。
ハードメーカーであれは、ハードベンダー、ソフトウェアであれば、アプリベンダーやソフトウェアベンダーとも呼ばれています。
また、代理店をベンダーだけ呼称することも少なくありません。

ベンダーのビジネスシーンの意味

ここで言われるビジネスシーンの意味としては、ベンダーがどのような状況で、販売活動をしているかということです。
ハードやソフトウエアメーカーの場合のビジネスシーンでは、販売代理店に自社の製品を取り扱ってもらうための販促活動が挙げられます。
また、販売代理店の場合は、エンドユーザーへの提案活動から受注活動を指しています。
特に課題解決型ソリーションスタイルのビジネスシーンでは、単なる製品紹介ではなく、他の製品との組み合わせたシステムの利用により、問題が解決するようなスタイルになっていくことでしょう。

製造者(メーカー)・販売者(ベンダー)・消費者(ユーザー)

ベンダーの使い方と例文

ベンダーの使い方は、メーカーの営業窓口がエンドユーザーに対して、代理店ではなくを紹介する時に使うケースがあります。

「貴社が作っているソフトウエアを是非、我が社でも取り扱いしたいので、何処か販売提供してくれるベンダーを教えて欲しい。」