リファレンスの一般的な意味とは

リファレンスは英語の「reference」で参照、参考、信用照会を意味します。一般的には参照、参考の意味で使われることが多いです。論文を書いていて参考文献を挙げるときなどに使います。

リファレンスのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンにおいては参照という意味から派生した信用照会の意味で使われています。企業が社員を採用をするときに、求職者の以前の雇用主に求職者の仕事ぶりや人間性、職務経歴書の確認などの人物調査を行うことを意味します。
日本企業でリファレンスを行っている企業は今のところ少ないですが、外資系企業の場合、管理職以上の社員を採用するときに行われることがあります。

リファレンスの使い方と例文

企業の採用説明会で「採用においてリファレンスチェックを行います」というように使われます。求職者からすれば自分が信用されていないように感じるかもしれませんが、採用企業にとっても経歴などの確認は重要なことなので、転職活動中の方などはこの言葉を聞く機会がしばしばあるでしょう。