診療放射線技師の資格は国家資格です。一度取得すれば、一生放射線技師の仕事を続けることができます。

しかし、問題は他の職業と違って独立ができないことです。いくら技術があっても、診療所や病院で私が活躍できません。なぜなら、医師の指示の元で放射線を扱う資格だからです。

同じ仕事をするとしても、病院や診療所が違えば、人間関係も異なります。

新しいところでチャレンジしたい、長く続けていくためには他の場所で挑戦したいと思うことがあるかもしれません。

今回の記事では、放射線技師の転職について以下のような点を中心に解説いたします。

・放射線技師の転職理由
・放射線技師の転職に適した年齢
・放射線技師の転職にお勧めのエージェント

職業について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
放射線技師の仕事内容となるための方法 収入について詳しく解説

放射線技師の転職は若い方がいい?

どの職業でもそうですが、転職をするなら若いうちがいいといわれます。もちろん管理職や経営を任せるには、経験豊富な人材が必要ですが、放射線技師に関しては、若い方が有利といわれています。

その理由として、他の色に染まりやすい、柔軟性があるということです。

放射線技師の主な仕事は撮影です。若い時に師事した上司や病院のやり方で自分の撮影方法が決まります。

撮影はどれも同じと思いがちですが、実は同じでも撮影条件や体位の細かな指示は異なります。若い頃に長年同じところに勤めていると、そのやり方が染みついてしまいます。

もちろん経験を積む意味では、体でやり方を覚える事は大切です。しかし、いざ転職活動しようとすると、新しい診療所や病院で新しいやり方を覚えなければなりません。

採用する側としては、若い人材はある程度やり方を身に付けていたとしても、まだまだ自分たちの色に染まる可能性があると考えます。一方、経験は豊富でも年齢が高いと、その逆の印象を持たれやすくなります。つまり、長年の撮影の癖がついてしまっているため、新しいやり方を覚えてくれないのではないかという不安が大きいのです。

年齢が高いと管理職経験を問われる

先ほども述べたように、年齢が高い人材を登用するときは、管理職の経験や経営の手腕が必要な場合です。

これは一般企業であっても、放射線技師であっても同じことがいえます。

放射線技師の管理職は「技師長」と呼ばれます。技師長は豊富な経験と部下をまとめていく力が必要です。一般企業で言うところの部長クラスと考えると良いでしょう。撮影業務においては、経験やスキルが豊富で部下の指導や教育も行います。

病院や診療所においても、技師長の存在は重要です。技師長が不在の病院の場合、年齢が高くても、スキルと経験が豊富な管理職を募集することがあります。

このことから、年齢が若い放射線技師は、一般的に転職活動で有利と言われていますが、管理職としての地位を得るための転職活動の場合は、ある程度年齢が高いことも必要です。

つまり、年齢が高いにもかかわらず、管理能力や撮影技術、スキルなどが乏しい場合は、転職活動はうまくいきません。またもし雇われたとしてもすぐに解雇になってしまう可能性があります。

自分の年齢とスキルがきちんと比例しているか、病院や診療所が求める経験はあるか、といったことを考えて転職活動を始めましょう。

放射線技師の転職理由のポイント

放射線技師は専門職だからといって、転職活動自体は一般企業でおこなうこととほとんど変わりません。

放射線技師の転職理由は様々ですが、面接で必ず聞かれます。ないようによっては正直に答えても良いでしょう。しかし、給与が低かった、人間関係が悪かったなどとネガティブな理由を述べるだけでは、新しい場所での採用はなかなか難しいでしょう。転職理由を述べるときには、ポイントがあります。

応募先の魅力を転職理由に入れる

放射線技師を募集しているクリニックや診療所、病院などはたくさんあります。その中で、なぜ自分がその勤務先を選んだか、という点を明確にしておきましょう。ここがはっきりしないと、面接でうまく転職理由を答えることができません。

選んだ理由の例
・患者を第一に考える経営方針に共感した。
・実際に応募先の施設と関わることがあり、そこでの仕事内容や環境に興味を持った。
・最先端の画像診断機器を揃えていて、魅力的だった。

これまでの経験や仕事内容が放射線技師の転職理由に必要

転職理由とともに聞かれる志望動機では、これまでの経験ややってきたことを中心に話を進めていきます。

放射線技師は専門職であるがゆえ、転職の際も専門的な仕事内容や経験、知識などが問われます。

放射線技師の転職の志望動機では、具体的なエピソードや行ってきた仕事内容に触れ、これから新しい場所で、どのスキルがどのように活かせるかと言うことを話します。

経験・仕事内容の例
・健診センターで、腹部の撮影やマンモグラフィーを担当してきました。
・自ら撮影も行いますが、新人の放射線技師を研修する立場にもありました。

応募先でどうなりたいかがわかると転職で有利にはたらく

これまでの経験やスキルがどのように新しい場所で活かせるかということを話せたら、次は今後の目標や夢について伝えます。

採用する病院や診療所は、人手不足ということもありますが、基本的にはその人がどのような志を持って応募してきたかという点が重要です。

新しい場所で自分の夢や将来像について一生懸命語ってくれる人材は、その病院やクリニックで長く勤めてくれると思わせる1つの要因でもあります。転職活動はするほうも大変ですが、採用する方もお金と時間と人財が必要であり、できることなら、同じ人に長く勤めてもらいたいと思っています。そのような理由もあって、長く勤めてくれそうな人を採用する傾向があります。

放射線技師の転職にはエージェントがオススメ

放射線技師は医療関係であることから、生活を不規則で、転職活動もなかなか時間が避けません。そのため、専用の転職エージェントがあり、うまく活用することであなたの転職のサポートをしてくれます。

診療放射線技師JOB

求人情報は毎日更新され、情報量が豊富です。また、このサイトは診療放射線技師専門のコンサルタントにアドバイスを受けることができるため、専門職から専門職への転職には非常に心強い味方となってくれるでしょう。

ホームページには、多くの求人情報だけでなく、転職に役立つ履歴書の書き方などのアドバイスも載っています。一般企業とは異なる専門性の高い職業においては、履歴書や職務経歴書の書き方なども知識を得ておくことが重要です。

ジョブスルー

ジョブスルーは医療系に特化した求人や転職情報を掲載しているサイトです。職種は診療放射線技師だけではなく、臨床工学技師や臨床検査技師、作業療法士など医療の現場で働く専門性の高い職業を中心に求人情報を掲載しています。

転職成功率が90%を超えており、非常に心強いエージェントの1つです。

個人情報登録すると、エージェントの担当者から連絡があり、これまでの経歴やスキル、希望条件などのヒアリングがあります。その後、面接や転職先の見学をし、納得のいくまで転職活動を続けることができます。

転職の幅も広く、新卒からブランク就職まで対応しています。医療系の専門職の資格を取得したにもかかわらず、就職先がなかなか決まらず、新卒でジョブスルーを利用する人も少なくないようです。また、ブランクのある人は、現場復帰するまでに時間がかかることから、就職には不利と言われています。その事情も踏まえた上で、エージェントはサポートをしてくれます。

放射線技師の転職 まとめ

  • 放射線技師の転職は一般企業と同じで若い方がいいと言われている
  • 年齢が高くでも就職に有利なのは、管理職としての採用である
  • 管理職としての採用の場合、放射線技師としての経験やスキルが豊富であること、管理能力が優れている事が条件である
  • 放射線技師の転職には医療系や放射線技師専用のエージェントが強い味方である