レセプションの一般的な意味とは

レセプションは英語では「reception」と書きます。
訳は 「歓迎」「反応」「歓迎会」「受付」「受領」などかなり色々な意味がありますが、元々の意味は「受け取る」という意味です。

反応は受け取った結果生じるものです。
「受け取る」と言う意味を理解してそこから意味の広がりを捉えていれば、他の訳もすっと意味が取れるのと思います。

受付や歓迎会をレセプションと呼ぶのも「受け取る」という意味から派生したものです。

レセプションのビジネスシーンの意味

ビジネスで特別な使われ方がされると言う事はないと思いますが、レセプションは歓迎会や宴会のことを意味することが多いです。
基本的に正式な会合に使われることが多い言葉ですので、レセプションに出席する場合は注意が必要です。

服装なども場に即した格好を意識し、お酒が出ても仕事と考えて飲みすぎないように注意しておくべきでしょう。

ホテルのフロントもレセプションと呼ぶことがあります。

レセプションの使い方と例文

「レセプションが開催された」
「レセプションパーティーが開かれます」

などと使われる場合は歓迎会や宴会などのことを表します。
基本的に歓迎するイメージがあると思います。

披露宴のことを「レセプションバンケット」や「ウェディングレセプション」などと呼ぶ場合もあります。