冶金踊躍(やきんようやく)の

「冶」は「鍛冶」という言葉に使われているように、金属を溶かして加工することを意味する言葉です。冶金踊躍の「冶金」は、加工のために金属をるつぼに入れて溶かすことを意味します。

るつぼの中で煮えたぎっている金属の様子を想像するとよいでしょう。ふつふつと沸き立って、うっかりすると縁からこぼれてしまうかもしれない様子が「踊躍」です。

上記の事から冶金踊躍は、るつぼの中の金属のように、自分の置かれた状況に満足せず、今にも飛び出そうとしている様子を意味する四字です。

冶金踊躍のビジネスシーンでの使い方

冶金踊躍はビジネスではありませんが、現状に満足せず挑戦し続ける事は、ビジネスで大切な姿勢です。

冶金踊躍を座右の銘にし、新しい顧客、新しい市場、新しい商品開発に挑み続けることで、会社も自分も成長する事を心に留めるのもよいでしょう。

冶金踊躍の例文

冶金踊躍といいますが、転職するなら20代のうちがチャンスではないかと思い、御社を志望いたしました。
海外支社への栄転おめでとう。おいていかれるのは悔しいけれど、せまい日本に治まらない活躍をするのは、まさに冶金踊躍といったところだね。