役職(Official position/Post)とは役目や職務のことです。一般的に何らかの責任(職責)と職権を伴います。例えば、「部長」であれば「組織内の部門を管理する」職務を追っていて、その責任もあることを言います。

企業規模や組織体制は会社によって違うので、役職の位置付けもそれと同じだけ様々あると言っても過言ではありません。なかなかわかりにくい役職の種類と順序ですが、ここでは一般的な役職の序列順にその説明をまとめています。

 

※地位の高い順で並んでいますが、あくまでも一般的な位置づけです。例えば、特に、常務以下については会社によっては様々です。目安として考えてください。

会長とは

会長(Chairperson / Chairman)とは取締役会の会長のことです。

そのため、社長よりも地位が高いことが多いです。また、一般的には社長を退任した後に会長に就任します。社長ではありませんが、会社に影響を及ぼすポストと言えます。しかし、実質的な権力を持たない名誉職としての会長とする会社もあります。

社長とは

社長(Representative Director / Representative of Directors)とは会社の最高権力者のことです。一般的には、代表権を有する代表取締役(President)が社長に就任する場合がほとんどです。また、社長は職責上の地位であり、社内で自由に定められるもので、会社法上「社長」には意味はありません。
代表取締役が複数いる会社もあり、その場合には「代表取締役社長」などの役職がつけられます。

会社内部で、会社全般の業務執行を指揮する役職です。

最近では、オフィサー制度を導入して、従来の社長職を設けず、CEO(最高経営責任者)を置く会社も増えています。

副社長とは

副社長(Vice President/Executive Vice President / Senior Vice President)とは代表権のない役員のことで、一般的には、社長以下専務以上の地位になります。取締役会の決議で、副社長が選出される場合が多く、代表権を有しているのが一般的です。

社長の右腕として、社長のもと、社長業務を全般的に補佐する役目です。

英語表記のVice Presidentはアメリカでは部長クラスでもを使うので注意が必要です。

専務とは

専務(Executive Managing Director / Senior Managing Director)とは取締役、執行役の役職の1つで、正式には「専務取締役」、「専務執行役」といいます。

取締役や執行人のための役職のひとつになります。専務は、一般的には1名のみが選任されます。

社長のもと、経営業務を補佐し、会社の全般的な業務を管理するのが職務になります。