千紫万紅(せんしばんこう)の意味とは

「紫」「紅」とは様々な美しい花の色をあらわし、「千」「万」は非常に数や個数が多いことをあらわしています。

上記の言葉が合わさった千紫万紅は、様々な種類の花が沢山に咲き乱れている様子をあらわす言葉です。

同義語としては百花繚乱、百花斉放、千紅万紫などがあげられます。

千紫万紅のビジネスシーンでの使い方

千紫万紅という言葉はビジネス用語ではありません。

しかし、ビジネスにおいて「華やかさ」は非常に大事な要素です。花が咲き乱れるような美しさにまず人は心を奪うことが出来れば、自社の商品に興味を持ってもらうきっかけになります。

日本人は百人一首を詠んでいた古来から梅や花などの美しいものを好む傾向にあるため、千紫万紅の考え方は現在の販売というビジネスシーンでも通用するでしょう。

女性向けの新商品を作るにあたって大事な要素の一つが色合いです。商品を色鮮やかに、カラフルに仕立て上げることも千紫万紅といいます。

千紫万紅の使い方と例文

新しい着物の試着会が先日行われましたが、会場には色々な着物を着た人がおりまさに千紫万紅の眺めでした。また、会場の外の花壇には千紫万紅の花が咲き乱れていました。
会場の中でも外でも、美しいものを見ることが出来て今日は満足です。