徹頭徹尾(てっとうてつび)の意味とは

「徹」には、「徹底」という熟語からも分かるように、貫くという意味があります。また、「頭」は初め「尾」は終わりをあらわします。

したがって、徹頭徹尾とは「初めから終わりまで、言動や態度が一貫するさま」をあらわした四字熟語です。

同義語としては、終始一貫、首尾一貫などがあります。また、対義語には「初めは威勢が良いが、尻すぼみになる」という意味の四字熟語「竜頭蛇尾(りゅうとうだび)」があります。

徹頭徹尾のビジネスシーンでの用法

徹頭徹尾という言葉はビジネス用語ではありません。
しかし、ビジネスにおいて会社の方針や自分の意見を明らかにしなければならない場面は多々あります。

そのため、徹頭徹尾という言葉はビジネスシーンにおいてたびたび用いられます。

例えば、ビジネスにおいて重要なのは、何よりも信用性です。
ころころと自分の都合のいいように意見や主張を変える人は、調子のいい人という印象を相手に与え、信頼されることはないでしょう。一方、徹頭徹尾で、発言や態度にブレがない人であれば、ビジネスパートナーから信頼に値する人間だと評価されるはずです。

徹頭徹尾の例文

われわれはゴルフ場建設には徹頭徹尾反対する。
出典:『程子』
どうもいろいろ問題がありそうだから、徹頭徹尾討論して解決策を出してほしい。
出典:『朱子語類』大学四
徹頭徹尾、自分だけの流儀で押し通そうとする彼の行き方は、事毎に、無惨な障碍にぶつかった。
出典:『荒天吉日』岸田國士