貫禄がある人は職場でも頼れる上司・先輩として憧れられるものです。いつも堂々としていてカッコイイ人間になりたい人は多いでしょう。

この記事では「貫禄があるとはどういった人のことをさすのか」や「どうすれば貫禄を出すことができるのか」などについて解説します。

貫禄の意味とは

貫禄とは、身体つきや態度から感じられる人間的な重みや風格をあらわす言葉です。

貫禄があるの同義語

貫禄があるの同義語には、威厳がある、風格がある、威風堂々としている、などがあります。

貫禄がある人の5つの特徴

貫禄がある人は堂々としている

貫禄がある人というのは堂々としている人のことです。貫禄がある人というのは基本的に姿勢がよいです。しかし猫背の人は堂々としていても貫禄があるというよりはただガラが悪い人という印象になりがちです。

常によい姿勢で動作もゆっくりしているのが貫禄のある人の特徴です。忙しく動き回っている人は貫禄があるという風にはみなされにくいため、貫禄があると思われたいのであればゆったりと構えておく必要があります。

話し方に関しても同じことがいえ、大きくよく通る声を使い、ゆっくりした口調で話すのが貫禄のある人の特徴でしょう。

貫禄のある態度や話し方は、貫禄がある風に見られようとして無理をしている訳ではありません。

貫禄がある人は共通して自分に自信を持っており、例えば自分の意見を述べることにおいて根拠や裏付けとなるものをしっかりと持っているため堂々と喋ることができます。

貫禄がある人は存在感がある

貫禄がある人の特徴として共通するのは、存在感が強いということです。

なにか言葉を発する訳でもなく行動を起こす訳でもなく、ただその場にいるだけで他人とは違う存在感を醸し出します。余計な動作をしないことが存在感の理由になっているでしょう。

まるでその空間を支配してしまうかのような強い存在感は、そのまま貫禄に繋がります。

貫禄がある人は落ち着いている

普段は落ち着いた態度で威厳を持っていたとしても、予期せぬトラブルが発生してしまうと多くの人は慌てふためいてしまうでしょう。しかし貫禄がある人は不足の事態に直面した時でも落ち着いて最善の解決策を探します。

どんなときでも平常心を保てる人こそが貫禄のある人です。しかし貫禄のある人全員が昔からそうだったのかというと違います。これまで生きてきた経験や知識を応用し、トラブルの原因と打開策を探すからこそ落ち着いて対処できます。

そのため貫禄がある人というのは若い人よりもある程度年齢を重ねた人の方が多いでしょう。

貫禄がある人は観察力に優れている

貫禄がある人はいつも周囲をよく観察しており、職場の雰囲気や人間関係、人の体調や髪型など細やかな変化にも気づいています。

常に状況を把握して物事を分析する力は仕事でもその他の場面でも活用できるため、貫禄がある人は何事もうまくこなしていくことができます。

貫禄がある人は寛容である

「貫禄がある」というとなんとなく威圧感を持った人を連想してしまいますが、本当に貫禄がある人は周囲を威圧する人ではありません。

貫禄がある人の中には見た目や表情がちょっとコワイ人もいますが、実際には穏やかで寛容なタイプの人が多いです。他人のミスで自分が迷惑をかけられてしまったときなどでも相手を責め立てたり周囲に当たり散らしたりすることはありません。

貫禄は心の余裕から来るものであり、どんなときでも誰に対しても寛容でいられることが貫禄のある人の特徴です。

貫禄がある人になるための方法

自信を持つ事で貫禄をえることができる

貫禄がある人になりたいのであれば、まずは自分に自信を持つことが必要です。

根拠のない自信を持つことも大事ですが、それよりも自分の意見や考え方にしっかりとした根拠や裏付けを持つことが貫禄のある人になるための近道です。

トラブルに動じない平常心を持つことも貫禄に繋がる

ちょっとした失敗や不足の事態で取り乱していては貫禄がある人にはなれません。あらゆる事態を想定して事前に準備することも重要ですが、予想もしなかった事態に遭遇しても平常心を保つが重要です。

何ごとにも動じない精神力は数多くの経験の上に成り立つものであるため、失敗を恐れずにいろいろな事に挑戦してみることが貫禄のある人になるための第一歩です。

他人に寛容になる事で貫禄をえられる

貫禄がある人はむやみやたらと他人に怒鳴り散らしたりしないものです。心にしっかりとした余裕を持ち、他人の失敗やミスにも寛容でいることが貫禄を出すための近道です。

ただし他人の失敗やミスに目を瞑るという意味ではなく、「どうすればその人が今後同じ過ちを繰り返さないのか」という観点から適切に叱ってあげることが重要です。

「貫禄がある」が誉め言葉でない場合

「貫禄がある」という言葉は嫌味として使われる場合もあります。

太っている人に対して「貫禄がある」といってしまうと、本人に悪気はなくても相手は「嫌味をいわれた」と気にしてしまう可能性があります。

この場合は「恰幅がよい」といえば嫌味として受け取られてしまう心配はありません。

貫禄についてのまとめ

  • 貫禄とは、身体つきや態度から感じられる人間的重みや風格のことです。貫禄がある人とはいつも堂々としていて独特の雰囲気を持っている人のことを指しますが、貫禄がある人には「存在感がある」「寛容である」などいくつかの特徴があります。
  • こういった特徴をしっかりと理解し日々の行動や言動に気をつけていればいずれはきっと貫禄がある人になれることでしょう。基本的には褒め言葉である「貫禄がある」という言葉ですが、場合によっては嫌味として用いられたり言われた相手が「けなされている」と感じたりすることもあります。
  • 他人に対して「貫禄がある」と言う場合には使い方とタイミングをしっかりと見極め適切に使用するのがいいでしょう。