エンパワーメントの一般的な意味とは

エンパワーメントとは、一般的な意味では「力をつける(つけさせる)こと」で、使うシーンによって対象がかわります。

教育の場面で使われる湧活ともいわれるエンパワーメントは、人に夢や希望を与えて勇気づけることで、人が本来持っているすばらしい生きる力を湧き出させることをさしています。

また、女性が力をつけて不利な状況をかえていこうという考え方のことをさすこともあります。

エンパワーメントのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでのエンパワーメントは組織論の分野の言葉で、与えられた目標を達成させるために、ある程度の権限を譲渡することをさします。

具体的には、目標達成のための方法や手法の選択、判断は一任して、経営者やマネージャーなどの上司は問題点の発見と解決の能力を伸ばす支援をしたり、環境を整えたりすることを中心にすることをいいます。

経営者やマネージャーなどの上司が発揮するリーダーシップは、特にエンパワーメント・リーダーシップでしょう。うまくリーダーシップを発揮できないと、部下は動きに統一性や一貫性を保てなくなってしまいます。

また、国際的な国動の援助活動においても、援助される国の自立を促進させるためにエンパワーメントが使われることもあります。

エンパワーメントの使い方と例文

エンパワーメントは、力や権限をつけさせること、またそのための援助・支援のこととして使いましょう。

エンパワーメントを使った例文
「エンパワーメント・リーダーシップを発揮すると、チームの生産性がアップする。」
「貧困問題では、個人のエンパワーメントで改善できることもある。」