私たちが日頃から鶏肉や卵を食べることができているのは、ひよこ鑑定士がいるからといっても過言ではありません。ひよこ鑑定士とは、鶏がひよこの段階で雄と雌を区別し、餌の種類を変えて育てるための職人的な職業です。ここでは、ひよこ鑑定士の仕事内容や平均年収、勤務体系などを解説します。

ひよこ鑑定士の仕事内容・役割・種類の紹介

ひよこ鑑定士は鶏の雄と雌を区別する仕事

ひよこ鑑定士は、正式な名称を「初生雛鑑別師」といいます。初生雛鑑別師の資格を得るためには、長い年月が必要です。知識だけでなく、経験を積まなければ取得できない資格であり、やりたいという気持ちだけでひよこ鑑定士になることはできません。

ひよこ鑑定士の仕事は、ひよこを雄と雌に区別することです。雄は育っていくと将来的に食用の鶏になり、雌は卵を産むことを目的にします。ひよこの段階で雄と雌を区別するのは、将来を見据えた餌のあげ方をしなければならないからです。

ひよこ鑑定士が雄と雌を間違ってしまうと、与えるエサも違ってしまいます。ひよこは育ってからでは商品になりません。つまり、私たちが普段から口にしている鶏肉や卵は、ひよこ鑑定士の判断の先にあるのです。

ひよこ鑑定の方法は様々ある

ひよこの鑑定方法はいろいろとあります。例えば、鶏の改良をしてきたことで、羽の延びる速度の違いによって鑑定する方法です。雄の羽は先が揃っており、雌の羽は先が揃っていないことを見分けて区別します。

他にも体の色の違いによって鑑定する方法があります。ひよこの背中に入っているラインが雄は3本、雌は2本となっていることから区別するやり方です。ただし、これらの方法はあまり主流として利用されていません。

一番多い鑑定方法は、ひよこの肛門で判断する方法でしょう。ひよこの肛門を指で押して、突起があれば雄、突起がなければ雌として鑑定します。

ひよこを判断する時間が重要

ひよこ鑑定士の収入は、歩合制であるため、短時間で出来るだけ多くのひよこを鑑定する技術が求められるでしょう。ひよこ鑑定士として経験が豊富な方は、1匹のひよこの鑑定にかかる時間がわずか2秒となっています。1分間で30匹ものひよこを鑑定し続けていくことになります。

単調な仕事ではありますが、1匹ごとに集中して鑑定しなければならないため、粘り強い忍耐力と判断力、そして集中力が必要な職業といえるでしょう。

ひよこ鑑定士は高齢化している

ひよこ鑑定士が働く環境は日本で決して多くありません。しかし、ひよこ鑑定士は高齢化が深刻で、今まさに若いひよこ鑑定士が求められています。一人前になるには時間がかかりますが、鶏肉も卵も需要が減らないため、いつの時代も社会から求められる重要な職業です。

 

ひよこ鑑定士になるためには試験を合格する必要がある

ひよこ鑑定士になるために必要な学歴・資格

ひよこ鑑定士になるためには、いくつかの段階を踏んでいかなければなりません。まずは、初生雛鑑別師養成所に入るための試験に合格するところからスタートします。

初生雛鑑別師養成所には受験資格があり、高卒以上の25歳以下、視力が1.0以上である必要があります。学費は、年間で約100万円となっており決して安くありません。初生雛鑑別師養成所では、約半年間の初級講座を学び、1~2年研修生として実務に携わります。

ふ化場で鑑別の研修を重ね、高等考査にパスすることでひよこ鑑定士としての資格を取得することができるでしょう。高等鑑別師考査の合格基準は厳しいものであり、400匹のひよこを36分以内で識別し、正答率を99%以上としなければなりません。

1分で10匹以上の識別をしなければならず、間違うことが許されないため、かなり難しい合格基準といえるでしょう。

ひよこ鑑定士への転職がうまく行かない、よい職場が見つからないという場合は、転職エージェントを利用するとよいでしょう。

 

ひよこ鑑定士の年収は安定している

ひよこ鑑定士の年収は、一部歩合制によるところがありますが、年齢を重ねることによって平均年収はアップしています。しかし年収は安定していますが、働く場所を探すことの方が難しいことと、フリーのひよこ鑑定士であれば、不安定になることも考えられます。

・20代 約384万円
・30代 約501万円
・40代 約636万円
・50代 約722万円
・60代 約486万円
その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

勤務体系と休日は職場によって変わる

ひよこ鑑定士の勤務体系は、働く環境によって変わります。また、繁忙期と閑散期の差が激しいのもひよこ鑑定士の特徴です。慣れてくれば、どの時期に忙しくなるのか予想ができるようになります。閑散期の場合は、残業がなく1日7~8時間勤務が続くでしょう。

ただし、繁忙期になればひよこの数が膨大になります。夜の23時、朝から13時間勤務となることもあります。工場に勤務していると、その工場のルールに従うことになり、休日は職場に決められている状態です。

ただし、フリーでひよこ鑑定士をする場合には、ある程度自由に休日の設定ができるようになります。ただし、フリーの場合は給料が歩合になってしまうため、その分収入は減ってしまうでしょう。

就職、転職活動がうまく行かないという悩みがある方は、専門のエージェントの手を借りることでより早く自分に合った職場を見つける事が出来ます。この記事と合わせて、よりスムーズな転職を目指しましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!

ひよこ鑑定士が勤務する企業

国内
既に需要がいっぱいになっているため、フリーになって全国の工場へ問い合わせする形になります。高齢化が進んでいますので、空きの人員は出やすいです。

ひよこ鑑定士についてのまとめ

  • 高齢化している職種であるため、若い人の需要が増えています。
  • ひよこ鑑定士になるためには、難易度の高い試験に合格しなければなりません。

ひよこ鑑定士は学歴が無くても安定した収入を得ることができる職業です。ただし、需要がなければ収入を増やすことができません。そのため、海外を視野に入れた活動をするといいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda