「些か」という言葉は日常生活ではあまり使われませんが、本や文章など、やや格式ばった文章で見かけます。ここでは「些か」の読みや意味を紹介し、例文などを使い、この言葉の使い方をご紹介します。

「些か」の読みと意味

「些か」は、「いささか」という読みかたで、歴史ある万葉仮名にもある古い言葉です。日常生活で使う機会は少ないですが、今でも残っている言葉です。

現代での「些か」は、“少しばかり”や“ちょっとばかり”という意味で使われます。
気持ちや物の数量、大きさなどを主観的に表現する言葉です。

また、自分について「些か」を使うときの意味では、建前としては“少しばかり”でも、心の中では“かなり”の意味合いのときに使う、謙遜の意味合いを含む使い方もあります。

もうひとつの現代的な使い方として、謙遜のニュアンスとは別に、“かなり”の意味で使うこともできます。

本来の古語「些か」の意味

古語の中では、「いささか」と、ひらがな表記でした。

本来の古語の意味は、今でも使われています。

“すこし”、“わずか”、または「些か」の後に否定形がきて、“少しも~ない”と表すことも可能です。

「些」の読みと成り立ち

「些か」の「些」の漢字一文字にも、“わずか”、“少し”の意味があります。

「些」の読みは、訓読みで

「いささ(か)」「ち(と)」「ち(っと)」

音読みでは

「サ」「シャ」

と表します。

これは、形声文字で「此」と「二」から組み立てられており、立ち止まる足の形と年老いた女性、2本の線で、2つばかりしかない、”わずか”という意味から成り立っています。

中国語の「些」

中国語でも、「些」の文字が使われます。ピンイン(中国語の発音表記体系)では“xiē”と綴られ、不特定の数量の“いくつか”、“いくらか”、“すこし”の意味があります。

実際の中国語では、一般的には数を数えられるものに「些」を使います。「一些」として、数量を数えられるものが“すこし”または“いくらか”の意味になります。

「些か」「聊か」「いささか」の違いは?

「いささか」は、漢字で「些か」とも「聊か」とも表記でき、この3つに意味の違いはなく、使い分けのルールもありません。

ただ、一般的に漢字の「些か」や「聊か」は、「いささか」と読めない人も多いでしょう。

日常で使う際は、「いささか」のひらがな表記のほうがいいといえます。

「些か」の使い方と例文

「いささか」を「些か」と漢字で表記するときは、文語的な文章に使うと、なじませることができます。しかしビジネスメールやレポートには、あまりなじまない言葉です。

”すこしばかり” ”わずかばかり”の意味で使う際の例
あまりに美味しい料理だったので、些か食べ過ぎてしまいました。
何かあった時の為に、些かの貯蓄はあります。
あの説明で通用するのか、些か疑問です。
謙遜の”すこしばかり”の意味で使う際の例
中国語の日常会話程度なら、些か自信があります。
”かなり”の意味で使う際の例
この部屋は、騒々しすぎる。些か想像しすぎる。
ふんだんな装飾が、些か滑稽に映る。
否定形を伴う”すこしも~でない”の意味で使う際の例
この件では、些かも未練がありません。
私の決意には、些かの揺るぎもない。

「些か」の対義語

「些か」の対義語は、ふつうの状態を超えている意味で

「甚だ(はなはだ)」
「随分(ずいぶん)」

があり、その他にも、程度が大掛かりな意味で

「大層(たいそう)」

などがあります。

「些か」の意味ついてのまとめ

「些か」は「いささか」と読み、“少しばかり”や“ちょっとばかり”という意味が一般的です。

自分に対して使うときは、謙遜のニュアンスがあり、意味は“すこしばかり”ですが“すごく”との意味も含んでいます。

「些か」は古語であり、本来の意味は“すこし”や“わずか”、「些か」のあとに否定形を伴い、「少しも~ない」と使うことも出来ます。

「些か」の「些」は、一文字で“すこし”、“わずか”の意味がある形声文字です。中国語でも使われ、数が数えられるものに対して日本語と同じ意味で使います。

「一些」と書いて、“少し”の意味です。

「些か」の反意語には、「甚だ(はなはだ)」、「大層(たいそう)」、「随分(ずいぶん)」などがあります。