ビジネスの場において、主にメールでよく使われる表現です。
一見使い勝手が良さそうですが、似て非なる言葉が多数存在します。
「表題の件」の意味や使い方、類語、英語表現などを分かりやすく解説します。

表題の件とは

「表題の件」は、ビジネスの場においては主にメールで使われる言葉です。メールの場合、表題はメールの件名にあたります。
「表題の件」は「メールの件名の内容について」と言い換える事が出来ます。

表題とは

表題に書物の表紙などの題名。 講演・演劇・芸術作品などの題などの意味があります。

メールならば件名が表題になります。

表題の件はビジネスメール上で適切な表現なのか

「表題の件につきまして」、表題の件でご連絡いたしました」などように、「表題の件」はビジネスメールで頻繁に登場し、ごく自然に使われています。

件名内容を本文で繰り返し書かなくて良いように、この言葉は使われますが、「表題の件」はビジネスの場において適切な言葉なのでしょうか?

表題の件は間違いではない

表題の件」は意味としては自然なので間違ってはいません。

この言葉を使う人は多いので、相手が意味を調べる必要も無く、スムーズにやり取りが出来るという点もビジネスにおいて重要ですね。

好ましく思わない人もいるので注意

人によっては「表題の件」という言葉を嫌がるので注意が必要です。「表題の件」ではなく、その内容を本文に書いて欲しいという人もいるからです。

例えば、1日に大勢の人と何通もメールのやり取りをする人です。
「表題の件」と書かれたメールは件名をわざわざ確認しなくてはならないため、確認の操作を何回もする事がストレスとなってしまいます。

「表題の件」と略さず、表題の内容を書いた方が親切となる場合もあります。

標題との違い

表題と標題の意味は微妙に違います。表題は大見出し、標題は小見出しとなります。本を例にすると、表題は本のタイトル、標題は各章の見出しです。

ビジネスメールにおいては、件名は表題です。しかし、例えば内容が繋がった複数のメールを送信するような場合は「標題の件」でも問題ありません。表題と標題では、重大さの違いといったちょっとしたニュアンスの違いがあるので、使い分けられると便利ですね。

その他類似表現と違い

表題には、標題以外にも類似表現が多数あるので、いくつかご紹介します。

掲題

題としてかかげることという意味です。
引用:三省堂 大辞林 掲題の意味

掲題を載せていない辞書もあり、他の類似語と比べて一般的では無い印象があります。

首記

文書や掲示の冒頭に記してあることという意味があります。
引用:三省堂 大辞林 首記の意味

首記は文書などのタイトルを示す言葉として使えます。かし、あまり一般的に使われる言葉では無いです。

首題

手紙や通達所などのはじめに書いてあること。最初の題目という意味があります。
引用:三省堂 大辞林 首題の意味

手紙、メールの件名を指す言葉として使えます。表題以上に適切な言葉です。

表題の件を使った例文

「表題の件」を使用した例文は以下の通りとなります。

例文

件名:トップページのヘッダー画像について

「表題の件、完成いたしましたのでファイルを送付いたします。」

例文

件名:3/19配信のメルマガ

「表題の件について、ご相談したいことがございます。」

例文

件名:8/2の打ち合わせの件

「表題の件、何卒よろしくお願い申し上げます。」

表題の件、表題についての英語表現

海外では「表題の件」という言い方はあまり使わず、表題の内容を直接書いてしまいます。

メールを返信するときに件名に付く「Re:」はRegardingの略で、「〇〇について」という意味です。海外の方とメールのやり取りをする際は、表題の内容を直接記載した方が無難です。

まとめ 表題の件のおさらい

「表題の件」は件名の内容を指す言葉です。
ビジネスメールで使用しても基本的には問題ありませんが、嫌がられる事もあるので、相手に合わせて使い分けましょう。
表題と似た言葉で標題、首記、首題などがありますが、件名を表わす言葉としては首題が最も適切です。
海外では「表題の件」といった言い方はせず、直接内容を書き込んでしまいますので、こちらも相手のやり方に合わせた方が無難でしょう。