ベストプラクティス 意味とビジネスで使う場面

「ベストプラクティス」とは、日常生活ではなかなか耳にしない言葉ですが、ビジネスでは使われる言葉なので覚えておきましょう。
日本語だと“最善慣行、最良慣行”と訳されることが多い言葉です。

見て分かる通り、「ベスト」と「プラクティス」に分解できます。「ベスト」は“最善、最良”、「プラクティス」は一般的には“練習”の意味ですが、“実行、実践、実地、実際、経験、熟練、手腕、習慣”などの意味もあります。
そこから、「ベストプラクティス」=“最善慣行、最良慣行”となっているのです。もう少しカジュアルな言い方をすると、「成功事例」「成功法則」「最高の手法、実践法」などとも言えます。

ベストプラクティスとベンチマーキング

この2つの言葉は、経営やプロジェクトマネジメントでは一緒に使われることも多い言葉です。ちなみに、「ベンチマーキング」とは、成功事例と自分たちの課題を比較して、改善、改良や改革の方法を見出していく課題可決のアプローチ方法です。

ベストプラクティスとベンチマーキングを取り入れた一例が、アメリカの自動車業界です。
かつて、日本の自動車業界の急激な進出と技術進歩に圧されたアメリカ自動車業界は、日本企業の手法をベストプラクティスとして、ベンチマーキング手法で追随していきました。すっかり遅れをとっていたアメリカの自動車産業が復活してきた時には、「トヨタ方式」や「改善」の日本語が知れ渡った時と同じです。トヨタは自動車業界では、世界のベストプラクティスと言えるでしょう。

この方法は、日々のプロジェクトマネジメントにも取り入れられます。成功事例と比較した時に、自分たちの悪いところを探すのではなく、事例のいいところを学びとっていくことにフォーカスするのが成功のカギです。

ベストプラクティスの例文

・同じ分野のベストプラクティスを参考にすることで、製造ラインの無駄を省いていけそうです。

・投資のベストプラクティスを紹介するセミナーを開催いたします。

・営業手法のベストプラクティスを導入して、全体的に数字がアップしました。

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら