フィードバック 意味とビジネスで使う場面

一般的にも使われるようになっている「フィードバック」は、名詞と動詞的な意味合いで使われます。
名詞の意味は、“意見・評価・反応”などになります。動詞的意味では、“そうした意見・評価・反応などを、相手や関係者に伝えること”を「フィードバックする」として使います。

ビジネスシーンでも、同じ意味で使われることが最も多いでしょう。
「フィードバック」は、もともとは制御工学の分野のビジネス用語です。“システムの目的追求のために、そのアウトプットを使ってインプットをコントロールすること”を指します。アウトプットの増加がインプットや操作を改善、促進する時には「正のフィードバック」、逆にアウトプットの増加がインプットの操作や性能を低下させている時には「負のフィードバック」と表現されます。
ここから転じて、ビジネスにおいて「フィードバック」が広く使われるようになりました。

それぞれの分野での「フィードバック」の専門的な意味は微妙に違っています。主なもの2つをまとめます。

経営における「フィードバック」

経営やマネジメントの用語としては、“ものごとへの反応や結果から問題点を洗いだし、修正や調整、改良を適宜行うこと”を指します。
それを繰り返していくことで、適正な行動や活動を導き出せるのです。

経済における「フィードバック」

収益逓増などが「正のフィードバック」、収益逓減が「負のフィードバック」と言われます。
例えば、物価が上がり始めると、早めに買い物をしようとするので、どんどん物価が上昇してしまうのが「正のフィードバック」です。しかし、ある程度まで物価が上昇してしまうと、今度は買い控えが起こり、これが「負のフィードバック」になります。

フィードバックの例文

・現場からのフィードバックを設計に反映させて、作業効率のいい機械の開発に繋げる。

・店頭でのアンケート結果を担当部門に、必ずフィードバックしてください。

・細かなフィードバックしながら、企業全体で業務改善を目指していきます。

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら