フェーズ 意味とビジネスで使う場面

「フェーズ」は、“段階・相・位相・局面”などの意味があります。
物事が変化していく過程での一区切りのことを指しています。あまり日常では使わない言葉でしょう。

ビジネスシーンでは、一般的にはマネジメント用語して使われます。
英語での「フェーズ」の“段階”という意味から、企業の成長や規模、事業やプロジェクトの進行過程を一定期間や程度で区切り、ひとつひとつの区切りを「フェーズ」と表現します。
会議などでよく使われるので、覚えておきましょう。

フェーズの類語

日本語での「フェーズ」の類語は、“段階・工程”などがあります。

カタカナ語だと、“ステップ・グレード・ステージ・レベル”などが、意味合いが同じ言葉です。それぞれのシーンによって、使い分けましょう。

ビジネスシーンで「フェーズ」を上手く使うための例

マネジメント用語として、財務または情報管理の内部監査によく「フェーズ」という言葉が使われます。これを理解すると、自分のプロジェクトなどでもひとつの手法として、フェーズ分けが使えるのがイメージできるのではないでしょうか?

財務監査においては、問題点を危機的な状況順や改善すべき優先順位順に「フェーズ1、2、3」などと区分分けすることがあります。それにより、やるべきことの優先順位がわかりやすくなり、進歩状況が把握しやすくもなります。

また、情報管理の分野ではセキュリティー監査のプロセスとして使われる場合があります。例えば、監査のプロセスを、監査の方針やリスクが何かを決める「方針フェーズ」、具体的な実施の方法や時期を検討する「計画フェーズ」、実施後の効果を見極めるための「報告フェーズ」などと区分けするのもひとつの方法です。

フェーズの例文

・このプロジェクトを5つのフェーズに分けてマネジメントしていきます。

・第一フェーズの開発が終わったので、第二フェーズの生産に入っていきます。

・まずは、フェーズ1の問題から取り組まないと、フェーズ2を実施しても効果がないと言えます。