営業職の中でも特に市場の勢いがあるウォーターサーバーの営業が注目を集めています。

ウォーターサーバーは昨年からのおうち時間の急増により需要が増えています。

日本宅配水サーバー協会による調査によるとウォーターサーバーの需要は昨年より高まっていることがわかります。

しかし一方で、営業職なのでノルマをこなさなくてはならず、難しさを感じている人も少なくありません。

ここでは、ウォーターサーバーの営業職について

  • 具体的な仕事内容
  • 求められるスキル

をご紹介し、これからウォーターサーバーの営業に挑戦しようと考えている方にも役に立つ情報をお届けいたします。

ウォーターサーバーの営業の仕事内容

仕事内容
ウォーターサーバーの営業とは、ウォーターサーバーについての商品説明をし、レンタルもしくは販売することが仕事内容になります。

ウォーターサーバーと一言にいっても、その利便性や安全性、使い方、どのくらいのコストがかかるのかなど、利用環境・目的ごとに合わせた多種多様なウォーターサーバーが存在します。

また、ウォーターサーバー本体にもこんな様々な違いがあります。

  • サイズ(卓上型や床置き型)
  • 色展開
  • 宅配水(水ボトル)や水道水(浄水)

その一つひとつを丁寧に説明しお客様に合ったウォーターサーバーを提案し契約してもらうことが営業の仕事。

お客様が納得するためには、商品の紹介以外にも設置場所の検討や気になっている点を解決してこそ、契約につながります。

実際に昨年度からのお家時間の増加によって宅配水業界は伸び続けていることから、ウォーターサーバーに対する注目度が高まり、それを販売する営業の仕事の求人も増えています。

ウォーターサーバーの販売の仕組みは?

ウォーターサーバーの販売の仕組みは、顧客の長期利用によるサブスク型が基本です。

水の原価率が低いため、一度契約してもらえれば長期的な使用につながります。

一つの契約で安定的な収益が出る構造が確立されるということですね。

だからこそ長期的な視点での説明がウォーターサーバーの営業では求められます。

例えばシンプルな料金設定で有名な浄水型ウォーターサーバーのハミングウォーターは、初月無料、以降月額3,300円のみ。

シンプルで分かりやすく料金を提示し、お客様に安心してもらえるのも営業では大切なスキルです。

ウォーターサーバーはどんな人にアプローチをしていけばいいのか

ウォーターサーバーを検討している方は、以下の特徴があります。

  • ペットボトルを定期的に購入している人
  • 生活水にこだわりたい人
  • 水を買いに行ったりお湯を沸かすのが面倒に感じる人
  • 赤ちゃんのミルク作りに困っている人

以上のような様々な人に対して販売活動を行なっていきます。

赤ちゃんのミルクから、高齢者の水分補給まで幅広い世代にアプローチできる商品なのです。

ウォーターサーバーに興味を持っているお客様はそれぞれの利用目的に合った複数のウォーターサーバーを比較しています。
迷っているお客様にどのように伝えたら製品に興味を持ってもらえるでしょうか?
人気ウォーターサーバーの記事を見ながらイメージしてみましょう。

ウォーターサーバーの営業の魅力


ウォーターサーバーを売る営業の仕事の魅力は、やはり給料です。営業職ならではかもしれませんが、目標となる売上を超えて販売した時には、インセンティブを加算するという仕組みを取っている会社が増えています。

コツコツと努力を積み重ねていけば、同年代以上の年収を得ることも可能です。

頑張った分だけ給与が高くなるので、モチベーションを高めながら仕事をすることができます。

特に夏場は汗をかいて水分補給が必要不可欠になるので、月給アップが狙えます。ウォーターサーバーは、冷水機能の他に温水も飲めるので、年間を通して販売のチャンスがあります。

また、水に関する知識が増えるだけでなく、相手に分かりやすく伝えようと努力するため、コミュニケーション能力が高まるという点もウォーターサーバーを売る仕事のメリットのひとつになるでしょう。

お客様に商品説明をしても反応が良くないケースや最後まで説明しても契約に至らないケースに直面すると、何がいけなかったのか振り返るきっかけになります。

日々、お客様と接して感じたことを次のセールストークの時に改善し成約につなげることができるので、営業トークのノウハウを蓄積していくことができるのです。

ウォーターサーバー営業の年収と待遇

年収
ウォーターサーバーの営業は正社員もしくは、契約社員として雇用され、先程も記載したように基本給とは別にインセンティブ(歩合給)を採用している会社が増えています。

気になる基本給は、営業の経験年数にもよりますが、20万~30万前後と幅があります。
これは、年齢と経験年数により変動するためです。

待遇は正社員、契約社員の雇用形態に限らず、休日・休暇など福利厚生は充実しています。
しかし、ウォーターサーバーを売るという販売業であることから、土日を出勤として平日に休みを固定している会社もあります。

昇給や賞与は、営業という仕事柄、業績を基準に設定している会社が多く、成績が悪いと昇給や賞与が低いということも考えられます。月給も最低保証の基本給のみになってしまう可能性があるので、すべて日々の努力次第で大きく変わってくるでしょう。

正社員は無期雇用なのに対して、契約社員は1年または契約期間があるため、雇用形態にも着目して選ぶ必要があります。

ウォーターサーバーの営業は、頑張れば歩合として基本給に加算される仕組みがあり、学歴不問で未経験でも活躍できるフィールドが整備されているという特徴があります。

ウォーターサーバーの営業の種類

仕事の種類
ウォーターサーバーを販売する営業は、大きく分けて4つの営業方法があります。どれも身近なものばかりなので、ひとつずつチェックしていきましょう。

イベントでのプロモーション

ウォーターサーバーの販売方法として一番有名なのが、スーパーや商業施設の一角を利用したプロモーションです。

ウォーターサーバーを設置し、実際に飲んでもらい商品説明をするという方法です。
イベントでのプロモーションは、幅広い世代の客層が期待できることから、土日や祝日に出店し、ウォーターサーバーに興味を持ってもらうきっかけづくりを行っています。

すでにウォーターサーバーを設置している人に対しては、新しい機器の説明が可能ですし、気になっていたという人には、個別で商品の説明をすることができます。買い物に来ているお客様に対して、どうやって立ち止まってもらうかも、営業の大事な仕事のひとつなります。

ウォーターサーバーは意外とお水代がかかると思っているお客様に対して、
「水道水を使っておいしいお水を飲みませんか?」と問いかけたとしたら、「なんだろう」と思って立ち止まってもらえるかもしれません。

水道水を使ったウォーターサーバーについてはこちらの記事をご覧ください。

水道水ウォーターサーバーおすすめ8選!水道直結型&浄水型ウォーターサーバーを徹底比較

【人気の水道水ウォーターサーバー】ハミングウォーターの口コミ・デメリットを徹底検証

電話営業

電話営業とは、自宅の固定電話宛てに電話をかけて「ウォーターサーバーを設置しませんか?」という勧誘の方法です。電話営業は、リストに記載された家に電話で連絡し、ウォーターサーバーの紹介をします。

対面と違い、相手が電話を切るまで勧誘ができることや、断られてしまった場合でも他の家に電話を掛けられます。そして、デスクに座ったまま営業ができるので、1日に何件も営業が行えます。

電話営業は主に個人と法人の2つがあります。
個人に電話営業をする場合は、家族が帰宅した20時から21時ごろ、
法人の場合は、営業時間内にかけるのが一般的なので、日中は法人、夜は個人と効率的に進めることができます。

携帯電話の普及に伴い、固定電話を所有する年代は40代以降の中高年の割合が高くなってきているという実態もあります。

お試し期間や、一度だけという言葉をきっかけに購入に至るケースも増えているので、商品知識とコミュニケーション能力が高ければ、電話営業で結果を出すことも十分可能になるでしょう。

訪問営業

固定電話に連絡してくる電話営業に対して、自宅に直接訪問するのが、訪問営業です。

インターフォン越しに断ることができる人もいれば、玄関先まで出てきてくれる人もいるので、話を聞いてもらうきっかけを作ることができます。

玄関先に出てもらうためには、まずは身だしなみを整え、安心感を与える工夫も必要です。個人宅を訪問する際には、お昼時などは避け、午前10時から11時半前後、午後なら1時から4時前後を意識するようにします。

インターフォン越しに安心してもらえたら、玄関先に出てきてくれることでしょう。しかし、いきなり勧誘するのではなく、会話の糸口になるようなネタを用意しておくことも、最初の大事な一歩となります。

訪問営業では、担当エリアが分かれているケースもありますが、訪問営業を続けていくと、その地域に住む住民の特性が分かる場合もあります。

断られるケースが増えるかもしれませんが、ウォーターサーバーを求めている人の属性や迷っている人に対してどのようにアプローチしたら成約につながるのか、経験を積む良い機会にもなります。

自宅の水道水で満足している人も少なくありません。
しかし、毎日飲むものだからこそ、栄養が含まれた水の大切さを伝えてみてはいかがでしょうか。

シリカ水には、体内で生成されないケイ素(シリカ)が水の中に含まれているので、水分補給をしながらミネラルの補給ができます。

シリカ水については、お水に興味を持ってもらうきっかけとしてこちらの記事をご覧ください。

シリカ水は危険で怪しい!?飲むシリカの効果や口コミ・副作用の真相!デメリットはある?

飛び込み営業

担当エリアではなく、顧客リストがない飛び込みでの営業についてです。
個人で営業している美容室やサロンなど、お客様が利用しそうな店舗に対してアポイントなしで直接営業を行います。

飛び込みでの営業はハードルが高いと思うかもしれませんが、電話営業やプロモーションを経験し、基礎知識と接客を学んだ上で行うので最初から飛び込みは行いません。

ある程度知識やお客様との距離の取り方、求めるニーズに対してどのように応えていくのかを学んだら、次のステップとして飛び込み営業を行う人もいます。

営業が来ないエリアや、新しく事業をはじめた人がいるなど、新しい顧客を発見できるチャンスは十分にあります。

しかし、訪問営業と飛び込み営業には、特定商取引法という法律が定められているため、注意しなければいけない点があります。

それは事業者の名称を伝えることや断られてしまった場合、再度勧誘することが禁止されているという点です。その他にも訪問販売については、特定商取引法で定められているため、法律に則った業務が必要になります。

参考:特定商取引法ガイド

ウォーターサーバー営業で求められる3つのスキル


ウォーターサーバーの営業は、学歴不問で未経験からでもはじめることができ、お客様とコミュニケーションを取りながら営業スキルを高めていくことができます。

では、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか。

興味を持ってもらうような分かりやすい商品説明力

ウォーターサーバーのレンタルや契約を検討する人の多くは、興味はあるけれど、どれを選んだらいいのか分からないという人や、デメリットや注意点も把握した上で慎重に判断したいという人もいます。

少しでも興味や関心が広がれば、次のステップに進むことができるので、相手に興味を持ってもらうような分かりやすい商品説明が必要不可欠です。

ウォーターサーバーといっても、サーバーをレンタルして、水が自宅に届くという仕組みも分かっていない人も中には居ます。

お客様の表情を見ながら、理解していない部分があったら、分かりやすく説明し、納得してもらえるように基本となる知識を改めて再確認しておきましょう。

相手のライフスタイルに合わせた提案力

ウォーターサーバーは、単身者やファミリー層以外にも、個人で事業を行っている店舗や高齢者がいる介護施設など、いろいろな場所で活用することができます。

「ウォーターサーバーなんて必要ない」と思っていた人でも、接客次第では使ってみたいと思うかもしれません。

お客様のニーズに応えるためにも、年齢や住宅環境、設置が可能な間取りなのかどうかも、雑談を通しながら聞き取っていきます。

販売するウォーターサーバーは種類が限られていますが、どの言葉を使って伝えるかどうかで、お客様の印象も大きく変わってくるものです。使い慣れた営業トークではなく、言葉選びも日々改善しアップグレードしていくようにしましょう。

ノルマと向き合うストレス耐性能力

ウォーターサーバーの営業は、毎月目標となる販売本数が定められているケースがあります。ノルマをこなしてはじめてインセンティブを得られます。ただ、中にはノルマを達成できず苦しんでいる人もいます。

ノルマがプレッシャーとなりストレスとなることもあります。

ノルマを達成して、売上に応じた歩合をもらえるのが一番ですが、達成できないと焦りが接客に出てしまい唐突な営業トークになってしまい敬遠されてしまいます。焦っている営業マンの話は耳に入らないでしょう。

このような状態に陥ってしまうと、次の月のノルマも期待できません。ノルマを達成するためにも、計画が必要不可欠となります。

ウォーターサーバーの需要は増えている分、ライバル会社も増えています。ノルマと向き合い、目標を達成するための方法を模索しながら、コミュニケーション能力、提案力を磨いていきましょう。

大切なことが学べる仕事

営業の仕事は、成果が出せば分かりやすく評価される仕事です。

営業成績やインセンティブは分かりやすい評価軸ではありますが、数値以外の部分でも、ウォーターサーバーの営業は生きる上でなくてはならない水を生活の一部として提案するもので、良い商品に巡り合えた時、お客様に喜んでもらえ長く使ってもらうことができます。

ウォーターサーバーは今後もサーバーの形状や水の質も進化していくことが見込まれるので、今のうちからウォーターサーバーの仕事にかかわると、経験として大きな財産になることでしょう。

基礎から学び、インセンティブを得られるようになったら、ステップアップして基本給が高い会社に転職する人も増えています。

営業の仕事で成果を出したいと考えているなら、ウォーターサーバーの営業にチャレンジして経験を積んでいきましょう。

まとめ

ウォーターサーバーの営業は、レンタルもしくは販売できなければ、最低保証の給与のみになってしまうことから、きつく辛い仕事だと感じている人もいます。しかし、頑張り次第では、同年代を超える給料を手にできるチャンスもあるので、経験を積んでお客様のニーズに合わせた営業スキルを磨いて成果を数字として実感してみましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda