ここでは過保護な人の特徴や過保護な人との接し方をご紹介します。

過保護の意味はなにか?

過保護というのはある一定の対象について角に保護しようとする言動を表しています。
特に親が子供に対して接する様に対して使われることが多く、少子社会となり始めた昭和45年前後から使われています。

そのため、ビジネスシーンにおいて過保護という言葉を用いることがないのではないかと思われるかもしれませんがそうではありません。

過保護というのは対象を過度に保護する状態であり、近年では部下などに対して過度に保護するような上司なども増えているのです。

過保護の上司や先輩というのは部下を管理することよりも望むことをしてあげなくては、トラブルに巻き込まれていくのを阻止しなくてはというような思いが強いため、他者の成長を妨げてしまうとも言われています。

過保護の英語表現

過保護は‘overprotective’と表現されます。過保護な母親という言葉を英語にする場合にはこの‘overprotective’を使って‘overprotectivemothfr’となります。

他にも過保護は‘nosy’というワードで表現をすることが出来ます。‘nosy’は必要以上に干渉するような人のことを言い、母親は過保護だという言葉を英語にする際には‘mothersarenosy’となります。

過保護の類義語

過保護という言葉は過干渉という言葉と混合されてしまう傾向にもありますが、その意味というのは似てはいますが異なります。

過保護というのは相手を大切にするあまり、相手のことを弊害であったり、非難から過度に守ろうとしていたり、相手の望むことを叶えてあげなくてはならないと考えてしまうような傾向にあります。

一方で過干渉というのは相手のことをすべて把握していなくてはならない、自我などを制圧をして自身で相手のことをコントロールしようとする状態のことを言います。

過干渉というのは自分の知らないところで相手が何かをしていたり、自己的に何かをするのを極端に嫌います。しかしながら過保護の人というのは自我を制圧をしてコントロールするというよりも、コントロールされてしまっているような傾向にもあるのです。

過保護は対象のことを守りたいというようなイメージである一方で過干渉は対象についてコントロールしたい気持ちが強いとされています。

基本的には過干渉は相手の主張というのを認めませんが、過保護は相手の主張を大切にしていく傾向にあるのです。

過保護と過干渉は同じであるように思われるかもしれませんが、そこに相手への愛情があるのかなどということが最大の違いであるとされています。

過保護の特徴1:相手がやるべきことを先にやってしまう

書類を作成しなくてらならないと取りかかろうとしていたらもう終わっていた、雑用もいつの間にか済んでいたなどの経験があるのであれば、それは過保護にされているのかもしれません。

過保護の人は目についた相手のやるべきことは、やってあげたいと考えてしまいます。過保護の人は相手の負担を減らしてあげたいと強く願ってしまいますので、仕事においても自分がやれると思ったら、ついつい手が出てしまうのです。

特に片付けなくてはならない、ファックスやデーターを送らなくてはならないというような小さなことでも代わりにやってしまいます。

そのため、部下などに対しても仕事を教えなくてはならない立場であったとしても、自分でやってしまうため、部下は何をしたらよいのか分からないというような状態に陥る傾向にあります。

 

過保護の特徴2:誘導的な言葉を使う

過保護な人は相手のことを認め、要求を叶えてあげたいと思うような傾向にあり、強く指示をしたりすることはなかなかありません。

期日までにやらなくてはならない仕事を与える際にも、「これを10日までに」というような言い方ではなく、「10日までに提出した方がいいよ」などと伝えたりします。

また、謝罪などの電話を入れさせたいときにも「電話しておいたら?」など言ったり、「片付けておいたら?」「早めに行ったら?」などのように指示を出していないようでありながらも明らかな誘導的な言葉を使うことが多いとされています。

過保護の人というのは強く言ってしまうと相手が傷ついてしまうのではないかと思ったり、嫌われたりすることをいやがるため、指示ではないような言葉を用いります。

過保護の特徴3:心配症

過保護な人の特徴として一番大きいのは心配症ということです。基本的には何に対しても心配してしまいます。そのため過保護になってしまうのです。

これをさせるにはまだ早いのではないだろうかと考えてしまい、もしも失敗させたらと思うあまり、相手にさせるのではなく、自分がやれるから自分でやろうと考えてしまうのです。

また、心配症であるためプライベートに関してもトラブルに巻き込まれて傷ついてしまったりしてはいけないと、口出しをしてしまいます。

過保護の人はその人の安定した毎日を脅かすようなものがないかなどを、過度に気にしてしまう傾向にあるのです。

また、その対象は自分でもあり、自分の言葉で傷ついてしまったり嫌がられたらというような心配な気持ちを抱いています。

その結果、相手が嫌がるようなことを先回りしてやってしまったり、本来なら怒られて然るべきところを必要以上に守らなくてはならないというような使命感にかられてしまっているのが、過保護な人の特徴です。

過保護の特徴4:味方でいてくれる

過保護な人というのはビジネスパートナーを成長させないような人ではないかと、マイナスなイメージが持たれますが、時にはプラスに転じることもあります。

過保護な人というのは基本的には相手の最大の味方でもあります。ビジネスにおいて味方であるというのは案外難しいものであり、トラブルがあったときには敵のようの扱いをされることもあるはずです。

しかし、過保護な人は基本的にはその人の味方であるため、トラブルが起きても守ってくれます。困ったことを相談すると、全面的なサポートをしてくれますので、見方によっては最高のパートナーにもなり得るのです。

失敗してもサポートをしてくれたり、意見などを述べる際にも親身になって話を聞いてくれます。

過保護の人との付き合い方

過保護なビジネスパートナーとの付き合いというのはなかなか悩むかもしれませんが、うまく付き合っていくことで良きパートナーにもなります。

嫌なことをハッキリと言う

プライベートに口出しをされたり、やらなくてはならない仕事を勝手にされていたらきちんと嫌だと言葉にすべきです。

相手はあなたのためにとやっているため、「君のためだよ」と言われるかもしれませんが、きちんと言葉にすることを続けることで行動を改めてくれるかもしれません。

過度に感謝をしない

過保護にされているなと感じたら過度に感謝をしないことです。それが迷惑だと思っていても社会人としてお礼を言うかも知れませんが、そうすると相手は自分が求められているのだと思い込んでしまい、行動は更に悪くなります。

距離を置く

過保護の人とは基本的に距離を置くようにします。プライベートを聞かれたら、「職場でプライベートなことは持ち込みたくないので」とプライベートは明かさないのはもちろんのこと、安易に頼ることも避けるべきです。