ここではお節介の意味や、お節介な人の性格の特徴や付き合い方を解説します。

お節介の意味

お節介とは、自分のなかでは良いことをしていると思っていても、実は相手の迷惑になってしまうことを行ってしまう行為であったり、世話を焼いてしまう姿を表しています。

お節介は節操を固く守り、世俗に流れないということを意味している節介に‘お’をつけて表しています。 本来であれば親切というのは相手のために行うものであり、相手が喜んだり助かったと思うことによって初めて親切であるとされています。

自分がよかれと思って行ったことによって、相手が迷惑に感じてしまったらお節介ということになってしまいます。 職場などにおいてはお節介な人というのは敬遠されがちではありますが、困っている人を見捨てることができないような性格でもあるでしょう。

誰かが困っているときや、援助を必要としているとき、率先して助けの手を伸ばしてくれるというような人というのは少ないですが、お節介な人は損得を考えずに、親切ができる人でもあります。

しかし、その人が求めていることなのかなどを把握することをせずに行動に移してしまうため、お節介であると思われてしまうことも残念ながらあります。

お節介の英語表現

お節介という言葉を英語で表すときには「interferein」という英文が用いられます。「interferein」というのは干渉する、口出しをするというような意味を持っているため、世話を焼いて干渉するという意味を持つ「interferein」が使われます。

また、「busybody」という英語も使われることも多く、「busybody」には世話好きな人などの意味を持っているため、お節介という意味に近いです。 例文には「you’resuchabusybody(お節介な奴だ)」などがあります。

お節介の類語表現

お節介という言葉には、良い意味が込められているようには感じないかもしれません。しかし、親切のつもりでしていることが相手にとっては不快であるというような場合に用いられる「お節介」ですが、似たような言葉はいくつかあります。

お節介に似た言葉としては、ありがた迷惑や独りよがり、差し出がましいなどのようにネガティブなイメージを持つワードが並びます。 そのため、お節介な人だと言われたらショックを受けてしまう人も多いでしょう。

お節介とありがた迷惑の違い

お節介は、ありがた迷惑や独りよがりなどと同じような意味で使われていますが、 独りよがりは自分がこうした方がいいだろうと思うことを相手のためになるかどうかなどは関係なく行うことを意味しています。

一方でお節介というのは自身ではその人のためになることを自分ではやっていると信じていたり、助けなくてはならないということだけが頭にあり、その人のためか否かというよりも力にならなくてはならないと行動をしてしまうタイプでもあります。

ありがた迷惑とお節介というのはとても似ていると言えますが、ありがた迷惑の場合には世話を焼いたことによって余計に物事が混乱してしまうというようなイメージでしょう。

お節介な人と独りよがりな人の違い

職場などにお節介な人がいると面倒であると思われるかもしれませんが、困っているときに誰からも声をかけられなかったら、もしくは一人で解決することを求められてしまったら困惑するのではないでしょうか。

お節介な人は場の空気が読めないのではないかと思ってしまう節もありますが、助けを必要としている人にとってはその行為というのは親切でしかなく、捉え方によってお節介な人にも、優しい人にもなります。

お節介な人は自分よりも相手のことを思ってしまうあまりに周りが見えなくなってしまうタイプであり、独りよがりなどとは異なります。

お節介な人のの特徴①:空気を読むのが苦手

お節介な人は基本的には空気を読むことが苦手ですが。落ち込んでいる人を見たら、まずは声をかけるべきなのか否かを考えて、状況によって声をかけたりそっとしておいたりするものです。

お節介な人というのは、落ち込んでいる人を見ると、空気など読まずに「どうしたの?」と声をかけてしまいがちです。誰かに話を聞いてもらいたいときであればその行為は親切と捉えられますが、そっとしておいて欲しいときにはお節介な人だと思われてしまうでしょう。

お節介な人は思ったことをすぐに行動へと移すというような人が多く、困っている人を見たら力になりたいということが先行してしまいます。

しかし、そこには悪意などはなくお節介な人は相手のためにやっているだけの場合が多いです。

お節介な人のの特徴②:素直である

お節介な人というのは、素直であるような傾向にあります。

誰かが困っているときに声をかけて「~さんも忙しいから大丈夫ですよ」や「ご迷惑かけてしまうので気にしないで下さい」などと言われたら、大抵の人はそっとして欲しいのだなと裏の意味を考えがちです。

しかし、お節介な人というのはその言葉に裏があるということを考えることが苦手であったり、ストレートな性格から裏があるとは考えていない傾向にあります。

遠慮言葉で「ご迷惑かけるので。」と言うと、「迷惑じゃないよ、一緒に頑張ろう。」などと更にお節介な側面が出てしまったりするでしょう。

お節介な人のの特徴③:人との距離が近い

お節介な人とは、相手のパーソナルスペースに立ち入ることに抵抗がないというような人が多いです。

通常であれば、あまり仲良くない職場の人が上司に怒られていたり、失敗をして落ち込んでしまっていてもなかなか踏み込んで声をかけることが出来ない事が多いでしょう。

しかし、お節介な人は落ち込んでいる人を見たら励まさなくてはならないと近づいていく傾向があり、どうして落ち込んでいるのかなどを知りたがる性格でもあります。

職場の人がプライベートなことで悩んでいても「どうしたの?相談に乗るよ」と安易にパーソナルスペースに足を踏み込むため、お節介な人であると思われてしまうでしょう。

しかし、その特徴というのは誰も声をかけることが出来ないような状況であっても、お節介な人であれば気軽に声をかけていくことが出来るということでもあります。

あまり同僚などと打ち解けていないというような人に対しても、上司でもお節介な人は落ち込んでいる人や困っている人のために相手との距離を縮ていけるメリットもあります。

お節介な人のの特徴④:人のことばかりを気にしてしまう

お節介な人によくあるのは、周りの人のことばかりを気にしていて、自分自身のことはおろそかになってしまうというようなケースです。

自分も同じくらい仕事のノルマを与えられているのに、周りの進行具合を気にしてしまったり、自分よりも遅れている人を見かけるとついつい手を出してしまい、自分の仕事がおろそかになってしまうというような人も意外と多いでしょう。

お節介をやくまえに自分のことを完璧にやったらよいのにと疑問に思われがちですが、お節介な人は自分のこと以上に周りに対して気を使ってしまうため、本当自分のやるべきことを後回しにしても人のために動いてしまう性格でもあります。

お節介な人というのは、少しでも自分が力になれると感じると居ても立ってもいられない正義感のある人でもあります。 一見するとお節介な人というのは自由奔放にも見えるかもしれませんが、実は一番周りのことを考えている人であることが多いです。

お節介な人との付き合い方

会社にお節介な人がいたらあまり関わらないようにしたいと思うかもしれませんが、お節介な人はこちらから距離をおいてもそのお節介さで距離を縮めていくため、上手く付き合っていくことが大切です。

断るときにハッキリと言う

お節介な人というのは、建前で遠慮していることも、遠慮していると素直に受け取ってしまいますので、ハッキリと嫌なことは嫌だと言うようにするとよいでしょう。

「一人で行いますので大丈夫です。」などと曖昧にせずにハッキリと言葉にしないとお節介な人には伝わらないことが多いです。

助けて欲しいときにも分かりやすく

断るときだけではなく、助けて欲しいときにもお節介な人には分かりやすく言うことでその差を知らしめることが出来ます。

「力になるよ」と言われて助けて欲しいときには大袈裟なくらい感謝の気持ちを伝えることが大切です。

理由を明確にする

お節介な人にお節介をやかれてしまって迷惑だと感じた場合、「あなたは自分の分のノルマを達成してから他の人に声をかけないと迷惑がかかる」などと、断るときには理由を明確にすることも必要です。