ビジネスシーンや結婚式のスピーチなどで決まり文句のように用いられる表現がいくつかあります。その中でも締めの言葉としてよく耳にするのが「ご指導ご鞭撻」です。

この記事では以下の点について解説いたします。
・ご指導ご鞭撻の意味
・使用する場面や使い方
・類義語や代わりの言葉

耳にしていても、はっきりとした意味が分からなかった、自分ではどのように使ったら良いか分からなかった、という方もこの記事を読めば、自分の言葉として「ご指導ご鞭撻」を使えるようになります。

アプリ・アプリ感覚!気軽に転職、スカウト待ちが可能な転職サイト

>>キャリアトレック

>>MIIDAS

オファー待ち可能!転職者の8割が利用!

>>リクナビNEXT

就活生の情報収集

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活

ご指導ご鞭撻の意味

敬語の基本「ご〜」

『ご指導ご鞭撻』という言葉を分解して考えます。

ご指導…ご+指導
ご鞭撻…ご+鞭撻(べんたつ)

どちらも敬語表現として用いられる接頭辞「ご〜」の形をとっています。つまり、相手に対して尊敬の意味を込めて使われます。

ご指導ご鞭撻とは教え導き、強く励ますこと

「指導」は「教え導くこと」、「鞭撻」は「強く励ますこと、いましめ励ますこと」という意味です。「鞭撻」には「鞭(むち)」という漢字が入っているように「厳しく教える」という意味を含んでいます。

元々は「今後も厳しく、指導してほしい」と教えを乞いたい思いを伝えるために用いられていました。しかし、最近では「今後もこれまでと変わらないお付き合いをよろしくお願いします」という意味で使われることが多くなりました。

ご指導ご鞭撻はどのような場面で使うか

「ご指導ご鞭撻」をよく使う場面

目上の人や、普段からお世話になっている人に向けてスピーチの締めの言葉として使われます。ビジネスシーンでや結婚式の決まり文句として覚えておくとよいでしょう。

スピーチの他にも手紙やメールなどの締めの言葉としても用いられます。こちらもお世話になっている方や上司、取引先の方などに対して使われます。

「ご指導ご鞭撻」を使ってはいけない場面

『ご指導ご鞭撻』は「引き続きよろしくお願いします」という意味なので、お別れのシーンには適していません。

注意点

×これまで、ご指導ご鞭撻のほどありがとうございました。

このような使い方はしません。あくまで、これからも関係性が続くことを見越して用いられる言葉なので、お別れのシーンでは使うことができません。

「ご指導ご鞭撻」の類語と代替表現

『ご指導ご鞭撻』は「教えを受けること」という要素が含まれています。

「ご指導ご鞭撻」の類語

・ご教授
・お教えいただく
・ご教示
・示教
・教授
・師事する
・手本とする

「ご指導ご鞭撻」の代替表現

・よろしくご指導ください
・厳しくご指導ください
・お叱りと激励
・ご愛顧とご助言
・ご声援をいただきたく
・暖かい励ましのお言葉をいただく