この記事では「邁進」という言葉について解説していきます。

はじめに「邁進」のや正しいについて説明します。「邁進」とよく混同されがちな「精進」という言葉もあるため、2つの言葉の意味の違いについても触れていきます。

後半の部分ではより幅広い表現で「邁進」という言葉を使うことができるように類義語や英語表現についても紹介します。

日常のみならずビジネスシーンでもよく登場する「邁進」をこの記事で理解することで、あらゆる状況で正しく言葉を用いることができるようになります。

邁進の意味と使い方

「邁進」とは「恐れることなく、突き進むこと」を意味する言葉で、読み方は「まいしん」と読みます。

主に「意欲的な態度」や「ポジティブな意気込み」をあらわしたいときに使うことができます。

「邁」というのは「どんどん進んでいくこと」や「他を越して先(上)に行くこと」を意味している漢字です。

「邁進」という言葉は、「前へ進む」ということだけではなく、細かいことに囚われることなく、積極的に、わき目もふらずに、ただひたすら突き進む意欲的な様をあらわしています。

よく混同されがちな「邁進」と「精進」の違い

「邁進」は先ほど説明したように「恐れることなく、突き進むこと。」をあらわしていますが、「精進」は「一つのことに集中して励むこと」や、「一生懸命に努力すること」をあらわしています。

一見すると同じ意味に見えますが、「邁進」が前へ前へと進む様を表現している一方で、「精進」は集中して一つのことに取り組む様を表現しています。

「精進」という言葉は仏教でも用いられ、雑念を去り、仏道修行に専心することという意味だけでなく、「一定の期間行いを慎み、身を清めること」や「 肉食を断って菜食をすること」などを意味する言葉でもあります。

ここまで説明してきたように「邁進」と「精進」は似ていても実際には別々の様子をあらわす言葉であるため、「今後も精進するとともに、邁進してまいります」というように、2つの言葉を合わせてより積極的な態度をあらわすこともできます。

「邁進」も「精進」も自分のやる気を表現するのに最適な言葉であるため、日常生活や職場などでも利用する機会の多い言葉です。以下では「邁進」と「精進」を使った例文を解説します。

邁進の例文

新しい部署では心機一転邁進していく所存であります。
彼が仕事に邁進している様子に胸を打たれる。
国民のために日々邁進していくことを宣言します。

精進の例文

今回のプロジェクトを成功させるため、日々精進いたします。
これまで精進してきた結果が今日こうしてあらわれたのだと確信しております。
精進を怠ることなく、より一層の飛躍を目指して走り続けます。

「邁進」の類義語

「邁進」の類義語はいくつかありますが、ここでは以下の3つを紹介します。

類義語① 驀進(ばくしん)する

【意味】まっしぐらに進むこと

類義語② ひた走る

【意味】休むことなくひたすらに走り続ける

類義語③ 猪突猛進(ちょとつもうしん)する

【意味】周りのことを考えず、一つのことに向かって猛烈な勢いで進むこと

上記はどれも「邁進」と同じように「ひたすら進む」ことをあらわしています。以下で例文を見ながら、それぞれの言葉の表現方法についても見ていきましょう。

類義語の例文

 

驀進(ばく進)するの例文

「彼は今や連勝街道を驀進している。」

 

 

ひた走る

「ゴール地点までひた走る姿に心を打たれる」

 

 

猪突猛進する

「若さにまかせて猪突猛進していた頃もある」

 

どれも同じような意味を表していますが、それぞれの言葉から伝わってくる意味は少しずつ違います。

沢山の類義語を知れば知るほど、あらゆるシーンに合わせた使い分けができるようになるでしょう。

邁進の英語表現

push forward

「邁進」の英語表現は「push forward(どんどん進む)」です。

これは、「I promise to push forward the next victory.(私は次の勝利に向かって邁進することを約束いたします。)」というように使うことができます。

be committed to

また、「邁進」という言葉の積極性や責任感を持って取り組む姿勢を表す表現として「be committed to」という言葉も覚えておくと便利です。

「We are committed to our dreams.(私たちは私たちの夢の叶えることに邁進している。)」というようにいいあらわすことが可能で、強い意欲や意気込みを表現できます。

先ほど紹介した「精進」はというと「strive」というような言葉で表現されます。「I will strive to work even harder.(今まで以上に精進して参ります。)」というように日本語と同じでひたむきに努力する様子を表現することができます。

邁進についてのまとめ

  • ここまで「邁進」という言葉について説明してきました。
  • 「邁進」とは、「恐ることなくひたすらに突き進む」という意味を表す言葉で、「意欲的に取り組んでいくという決意」や「積極的に挑んでいくという姿勢」を職場などでも使えるような丁寧な言葉で表したい時に使うことができます。
  • よく「精進」という言葉と混同されますが、2つは似ていても全く別の意味を表す言葉です。具体的には「邁進」は「どんどんと前に進んでいく様子」を、「精進」は、「ある事柄に努力して一生懸命に取り組む様子」をそれぞれ表しています。
  • また、「邁進」するは「精進」すると正しく組み合わせることで、さらに積極的な姿勢を表すことも出来ますので、うまく会話に取り入れることで職場での評価に繋げることが出来るかもしれません。
  • さらに、「邁進する」という言葉は、「驀進(ばく進)する」や「ひた走る」などの類義語を用いて言い換えることも出来ます。また、英語でも「push forward」や「be committed to」という言い回しで自身の揺るぎない意欲を伝えることが出来ますので、機会が訪れたときにはぜひ活用してみてはいかがでしょうか。