好きこそ物の上手なれの意味

好きこそ物の上手なれとは、人は好きなものに対して熱心に努力するもであるため上達が早いという意味のことわざです。

同義語には、「好きは上手の元」「道は好むところによって安し」などがあります。

好きこそ物の上手なれのビジネスシーンでの意味

好きこそ物の上手なれという言葉はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスにおいていかに熱心に仕事をし続けられるかは非常に大切です。

ビジネスにおいて誰もが自分のやりたい仕事に従事できるわけではありません。不得意分野や嫌いな仕事を任されることもあります。

嫌いなことを考えるのではなく、今している仕事に興味を持ち、少しでも好きになっていく大切さをあらわすために使われます。

好きこそ物の上手なれの使い方と例文

彼女は料理が好きで料理教室に通い始めたが、まさに好きこそ物の上手なれだね。1年ですごい腕前になった。
私の子供はゲーム好きで小さいころからずっとゲームをしていたんだ。好きこそ物の上手なれというのだろうか、大人になってゲームを作る仕事をしているよ。