意趣卓逸(いしゅたくいつ)の意味

意趣卓逸とは、考えや思考が抜きん出て素晴らしい事をあらわす四字熟語です。

考えを褒める肯定的な言葉であるため、相手の年齢や関係を気にせずに使うことができます。

意趣卓逸のビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンで意趣卓逸を使う際には、「君の計画は素晴らしい、意趣卓抜だね。」や、「さすがに部長の居酒屋チョイスにはハズレがありません。意趣卓逸です。」などと使うことができます。

直接的な言葉で褒めるよりも、四字熟語を介して評価を伝えることで相手は意見を受け取りやすく、後の会話も弾むなど、よい効能が期待できます。

しかし、肯定的な言葉は使い過ぎるとありがたみが薄れてしまうため、注意が必要です。

意趣卓逸の例文

この計画書を立てたのは君かね。いや、本当に素晴らしかったよ。まさに意趣卓逸、我が意を得たりといった感じだ。是非、この案で行こうじゃないか。
素晴らしいお店ですね。さすがに課長、お目が高い。カウンターの落ち着いた感じなんてまさに意趣卓逸といったレベルですよ。