「ところで就職はどうなんだ?」就活に悩む学生であればこういった質問は、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などの親戚の集まりで誰しもが言われ、ドキッとする一言です。

親戚のおじさんはどうして久しぶりだというのに歯に衣を着せずに質問するのでしょう。これは決して更年期障害というわけではなく、多くの場合、親戚のおじさんの親心によるものです。しかし就活生にとってはその一言が疎ましく考えられる場合もあります。

この記事では就活ついて聞いてくる叔父・叔母に対して気まずくならない対処法を解説いたします。この記事を通して良好な親戚づきあいを築くことができ、就活中のストレスを一つ減らすことができるでしょう。

親戚のおじさんが「就職どうだ?」と質問する理由

親戚のおじさんに話しかけられるイラスト
「大きくなったなあ、彼氏はもうできたのか」「学校のテストはどうなんだ」「将来の進路、決まったか?」

繊細なガラス細工のような若者の不安に向けて、ストライク球を投げてしまう親戚のおじさんは、甥っ子・姪っ子にとって、ときに恐ろしい存在です。

一方で親戚のおじさんも「なんだか俺が話しかけると、気まづくなっちゃうな…」と思っています。

親戚のおじさんは、やさしさや興味から聞いている場合がほとんどです。若者を緊張感させてしまいがちな親戚のおじさんはほかにも以下のような理由があって「就職どうだ?」と尋ねるでしょう。

おじさんは久しぶりに構いたい

就活に不安がある学生からすれば、あまり自分に関わってほしくない親戚のおじさんですが、おじさんからすれば小さい頃から成長を見守っている愛らしい子供です。

小さい頃はおじさんでも仲良く関われていた甥っ子・姪っ子も、思春期をすぎると、年齢の差で話題が嚙み合わなくなり、和気あいあいと話せなくなってしまう場合がほとんどでしょう。

その点、勉強・恋愛・就活などの、誰にとっても大事な問題ならば、世代に関係なく通じる話題です。甥っ子・姪っ子と自分をつなぐ話題として、親戚のおじさんが「よい就職先、見つかりそうか?」と尋ねる事は、何も不思議ではありません。

ただの興味本位であれば親に聞けば済む話です。しかしおじさんが甥っ子や姪っ子に直接聞く理由は、関わりたいとい気持ちの表れにほかなりません。

また、就職先が、今後の人生に大きな意味を持つ事を親戚のおじさんは知っています。これから社会に出る甥っ子・姪っ子が、よい職場につけるのかどうかをおじさんは気にかけているでしょう。

また親戚のおじさんは、経験者として同じ問題に直面した事がありますが、はるか遠い昔に乗り越えた側であるため、現在問題に直面している甥っ子・姪っ子達の繊細さで問題を扱うことは難しいということがあげられます。

親戚のおじさんは甥っ子・姪っ子に共感したいという思いが先に出てしまい、根掘り葉掘り聞いてしまっている場合も少なくありません。

おじさんは話題の振り方が下手

 

おじさんは悪い人ではないけれど、会う事にどうしても苦手意識を感じる方も少なくありません。甥っ子・姪っ子のデリケートな問題に大胆に触れ、ときに気まずい思いをさせてしまう事もある親戚のおじさんは、単に尋ね方を間違えてしまっている場合もあるでしょう。

若者のデリケートな問題への尋ね方を間違えてしまう親戚のおじさんの特徴は以下の通りです。

若者のデリケートな問題への尋ね方が下手な親戚のおじさんの特徴

・若者と話すのが苦手で、少し緊張しているおじさん。

・もともとぶっきらぼうで、大事な事だけを質問するおじさん。

・自分になら繊細な問題もすぐ打ち明けてくれると思っているおじさん。

 

親戚のおじさんも完ぺきではない一人の人間です、嫌だと思って構えてしまうと怖い存在に思えてしまいますが、おじさんへの見方を変えてみる事で、親身に相談に乗ろうとしてくれる方であったという場合もあるでしょう。

また、就活のことで誰かに相談したくなった場合、親戚のおじさん以外にも親身になってくれる人がいます。就活でお悩みがある方は、就職に特化したエージェントを利用することで、より早く希望の就職先を見つけることができるでしょう。

よくあることではありませんが、親戚のご年配の中には、甥っ子・姪っ子に対して「あなたにその職種は向いていないんじゃない?」などと、辛辣な言葉で周りの空気を凍らせてしまう年配の方もいます。

悪意がある人の場合もありますが、ときとして年長者の冷酷な言葉の裏には、長年の経験から生み出した経験則で、若者を導こうしている場合もあります。驚くことをいわれてしまった際も、感情的にならず、一度冷静になって聞いてみる事が大切でしょう。

場面別 親戚のおじさんに「就活どうだ?」と聞かれた際の対処法

ここでは親戚の集まりの際に、おじさんからの返答をする際の具体的な対処方法を解説していきます。

親戚のおじさんとは、親戚と集まる行事ごとに話すことになります。会うたびに気まずい思いをしていたら、後々の関係に支障が出てしまうこともあるでしょう。

この記事を通しておじさんの気持ちをくみ取りながら、場面ごとの適切なやりとりを心がけることで、デリケートな話題になった際も気まずくならずに過ごすことができます。

結婚式での親戚のおじさんへの対処法

結婚式は元々おめでたい場所です。結婚披露宴の席では、同席になった親族に対してネガティブになるような話題を振ることはないでしょう。

親戚との密なやり取りが始まる本番は、結婚式の待合室での団らんや、行き帰りのバスの中です。

もし、結婚式の会場が赤坂氷川神社だったとすると、披露宴の会場であるホテルオークラ東京へはバスでの移動です。

バスを待つうちに集まった親戚たちと少し距離を置いて談笑しているさなか、バスが到着。どうぞどうぞと席を譲り合いながら席を埋めていく内に、気づけば自分の隣に親戚のおじさんが座っていた…。

「よお!確かもう卒業だったよな、就活はどうだ、順調か?」

地震でも台風でも、緊急事態の際に命運を分けるのはとっさの対応です。

この際、

「よお、就活はどうだ?順調か?」
「…いや、まだ決まらなくて…」
「そうか…」

 

と、うつむいて心を閉ざしてしまった返答をすると、親戚のおじさんなりに気を使い、まだバスは発車したばかりですが、気まずい沈黙を迎えてしまいます。

しかし、とっさにポジティブな受け答えができた場合は

「よお、就活はどうだ?順調か?」
「…実は決まらなくてすごく辛いんですよ~。おじさんの時はどうでした?今後の参考に聞かせてください!」
「あ~、俺のころか、俺のころは今よりも大変でな?…..」

このようにきまづくならないために大切なのは、辛いなりにも、会話のキャッチボールをしようとする気持ちです。結婚式の際は、参加者は皆お祝いのムードになっている事に甘えて、ポジティブに打ち明ける事で、ネガティブな話題を乗り切りましょう。

葬式での親戚のおじさんへの対処法

葬式は誰もがしんみりとした悲しいムードになっているため、就活状況の話しになった際に、ご自身の状況がたとえネガティブであったとしても、周りは落ち着いているため、優しくいたわってくれる場合が多いでしょう。

結婚式とは違い、ネガティブな話題も場違いにならないため、気分が落ち込んでいる場合は正直な気持ちを語ることもよいです。

「よお、就活はどうだ?順調か?」
「いや~…うまくいかないんですよ」
「そうか、大変だよな」

就活への質問に対して不安をあらわにして返したとしても、もともといたわりのムードのなか、空気を換えてしまうことはないでしょう。

正月やお盆の場合

お正月やお盆の中でも親戚のおじさんと会うことはあるでしょう、親戚が多く集まる場面では、必ずといってよいほど子供の話題が出てきます。多くの人数が集まる団らんの中では、周りを気まずくさせないためにも、受け答えは慎重に選ぶべきです。

どうしても親戚のおじさんと顔を合わせるのが嫌な場合、「アイス買ってくる」とだけ親にいい残し、日が沈むまで古本屋で時間をつぶすという脱出方法や、親戚の中にいても必要最低限しか話さずにクールな性格を演じてその日を耐え抜くことも有力な手でしょう。

しかし、集まった親戚の中にはいろいろな人がいます。

若いころにスムーズな就活を終えた人だけでなく、一度は希望の職種につけたけれど、職場の環境が悪く苦労してた人。自分にあった職が見つからず、何度か転々とした後に天職を見つけた人など、様々なドラマがあるでしょう。

「〇〇は就活どうだ?うまくいってるか?」
「…いや、まだかかりそうです…。」
「…おー、そうか、まあまだ若いんだから大丈夫だ」
「…。」

せっかくの質問に対して、腫物に触られたような受け答えをしてしまうと、親戚のおじさんも自分も気まずくなるだけの嫌な時間になってしまいます。

誰しも、自分のこれまでの経験を活かして人の役立てればうれしいものです。

 

「〇〇は就活どうだ?うまくいってるか?」
「…まだ決まるまでかかりそうです、おじさんの時は就活ってどんな感じでした?」
「あー、俺たちのは『囲い込み』っていわれるやり方でな?….
「あーそうそう、私たちのころはそうだったのよ~」

 

正月やお盆などの団らんの中ではリラックスしている場では、親戚のおじさんとしてだけではなく、同じ問題を乗り越えてきた先輩として話することで、親戚のおじさんも自分もお互い共感しながら話しをすることができるでしょう。

「就職どうだ?」と親戚のおじさんに聞かれた際の場合毎の対処法まとめ

親戚のおじさんは悪気がないのにズケズケと聞いてしまう場合がある。

親戚のおじさんは昔から知っている子の進捗状況が気になる。

気まずくなってしまうよりも、アドバイスを聞きに行く体で自分の近況を話すほうが、お互いにとって健康的。

結婚式ではポジティブに語りやすい。葬式ではしんみりとした話にしても受け入れられやすい。正月やお盆の場合では、特に意識せずアドバイスをもらう形で話せばよい。

これから親戚の集まりで気が重かったという方も、この記事を読み終えた今では、親戚のおじさんと話したくてしょうがなくなって来た事と思います。しかし就職について本気で悩んでいるという場合は、就活エージェントを利用することで、今後、さらに就職について本心から喜ばしい話ができるようになるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda