「先日はどうもありがとうございました」「先日はお世話になりました」
こんな会話は日常的に当たり前に交わされています。

普段何気なく使用している「先日」ですが、一体どのくらい前の出来事を指す言葉なのでしょうか。
大切なシーンにおいて先方に違和感を残さない為にも「先日」の意味や使い方を確認しておきましょう。

先日とは

近い過去やこの間をあらわすことをいいます。
明確に「いつ」を指す言葉ではないことがわかります。

先日はいつのことか

「先日」という言葉に明確な時間の定義がある訳ではありません。

しかし、昨日一昨日に起きた近々の出来事を「先日」と使う事はあまりないでしょう。
また、半年や1年以上前の事を指して「先日」を使うのも多くの人が違和感を覚えるはずです。
明確な基準はないにしろ、多くの人が感覚的に使用している期間を総合すると、一般的な「先日」の使われ方では半年前から1週間前程度の期間をさして使われる事が多いようです。

先日の他に過去を表す言葉

しかしどうしても、過去に起こった出来事についてのお礼を伝えたい機会はめぐってくるものです。
日本語としてはっきりとした時間の定義付けがあるわけではありませんが、大体の感覚を覚えておくといざという時に役にたつでしょう。

現在に近い過去を指す言葉

この間・・・現在よりも少し前の1日、もしくは限られた数日を指す

この前・・・現在よりも少し前、つい最近、前回の意味

昨日・・・1日前

一昨日・・・2日前

一昨々日(さきおととい)・・・3日前

半年前から一週間ほど前の期間を指す言葉

先日・・・近い過去のある日

過日・・・過ぎ去ったある日

大体の期間を指す言葉

先月・・・1か月前

先々月・・・2か月前

四半期前・・・3か月前

半年前・・・6か月

昨年・・・1年前

一昨年・・・2年前

何があったかに重きを置く場合に使う言葉

先ごろ
先だって
先般
過日
~の際に

半年前や1年以上前の出来事に言及するならば「先般の〇〇において」や「~の際に」と具体的に何が起こったかが分かるような言葉を使う方がスムーズな会話になるでしょう。

先日を使った例文

かしこまったシーンでの例

「先日はご訪問させて頂きましてありがとうございました」

「先日はご多忙中にも関わらずご対応頂きありあとうございます」

「先日お買い上げいただきました製品はその後いかがでしょうか」

「先日お伝えした〇〇の件ですが」

会話などで使用する例

「私が先日、〇〇へ伺った際は」

「連れと先日、〇〇という場所へ参りまして」

「つい先日、初めての体験を致しました」

「私が〇〇さんとお会いしたのはつい先日の事ですが・・・」

「先日お会いしたばかりですが、お変わりありませんか」

まとめ

今回は「先日」という言葉の定義についてまとめました。
日本語の定義はあいまいですが、一般的に使われている時間的な感覚に則って使用すれば先方に違和感を与える心配はないでしょう。
以下のポイントを確認し、スムーズなビジネスシーンを演出しましょう。

・先日の期間はおおよそ「半年前~1週間前」
・1,2か月前に会った相手への挨拶であれば「先日」を使用するのが無難
・1日、2日程度の過去についてならば、「先日」よりも「昨日」「一昨日」など具体的な言葉で表す。
・半年以上、1年以上前の出来事については「先般」や「~の際に」など、時間よりも「何をしたか」に重きを置いた使い方をする方がスムーズ